手数料無料で人気!新生銀行の口コミと評判を調査してみた

新生銀行

いつどこで使ってもATM手数料が完全無料」という最大の強みを生かし、多くのユーザーに支持されている新生銀行

数年前は「最強のネット銀行」として知る人ぞ知る優良銀行の一つでした。(新生銀行は地方銀行のひとつですが、ネットバンクに力を入れているので、ネット銀行に分類しています)

最近では、提携ATM拡大路線を掲げ、これまでセブンイレブンだけだったコンビニATMを、ローソンやファミリーマートでも利用できるようにし、利便性を向上させています。

独自調査による口コミ

ネット銀行100の活用術が定期的に実施している独自調査を元に、実際に新生銀行を利用している方のレビューをまとめます。

海外ATMが格安の手数料で使える

兵庫県 20代 女性@ニート主婦

新生銀行を利用している理由は、日本のお金を預金しても海外のATMで海外の通貨でお金を引き出すことができるからです。Plusマークの付いたATMなら大概引き出すことができます。

海外旅行で大金を持ち歩かなくても良いので、盗難に遭った際にも安心なので、助かっています。

知名度が高く、実店舗があり信頼できそうなシティバンクも同じサービスを提供していますが、それでも新生銀行を選んだ理由は手数料です。

シティバンクば預金額によって手数料が取られる(しかも数千円単位と結構高額な手数料)等めんどうな事が多いのですが、新生銀行は手数料がかからず、シンプルで分かりやすく、何よりもお得なので新生銀行を選びました。

ただ、私の新生銀行の使い方は、海外で使うお金を貯金し、専ら海外で引き出しています。海外旅行目的(年に2~3回は行く)で新生銀行を利用しているので、日本での利用に関しては疎く、キャッシュカード発行の際に十数種類の色からカードの色を選ぶ事が出来る事と、郵便局のATMでお金の出し入れができる事以外知りません。

管理人からのコメント
新生銀行を選ぶ理由として、海外ATMが使えることをあげる人は結構多いです。新生銀行のATMは、海外でも使えます。

海外で現地通貨を調達する際、外国のATMに新生銀行のキャッシュカードを入れれば、そのまま日本の口座から両替された状態で、出金することが可能です。

以前は良かったのだが・・・

北海道 40代 男性@フリーランス

ネット銀行は「新生銀行」を利用しています。なぜ新生銀行を選んだのかということは、もう何年も前のことなので、はっきりと覚えていないのですが、当時、ネット銀行があまりなかったような記憶があります。

新生銀行とイーバンクくらいしかなくて、どちらにも入りましたが、新生銀行は当時手数料が無料だったので、新生銀行の方をよく使うようになりました。

その後、セキュリティ・カードでログインするようになったので、不正ログイン対策をしたのも他のネット銀行に先駆けていたように思われ、信頼感も持つようになりました。

ただその後、振込手数料は月1回だけ無料ということになってしまいましたし、定期預金の最低預入金額も他行より高めに設定されているので、現在の私にはあまり使い勝手がよくなくなってきたので、別のネット銀行をメインバンクに移しつつあります。

管理人からのコメント
昔は新生銀行は振込手数料の無料回数が多く、ヤフオクなどの人気口座として知られていました。しかし、最近になって振込手数料の無料回数は少なくなってしまいました。

一方で、ATM手数料完全無料(さらに取引に応じてTポイントが貯まる)といった新しい取り組みも初めているので、私の周りには新生銀行をメインバンクとして使っている人も多いです。

セキュリティは非常に高い

岐阜県 40代 男性@自営業(アプリ開発等)

良い点は、ATM手数料が0円と言う事です。預金額が少なくても月に1回までなら振り込み手数料が無料なのも気に入ってます。新生銀行を選んだ点は主にその点でした。

あと、インターネットで自分の口座にログインする際に入力項目が多いのでセキュリティーの面でも気を付けているんだと安心できます。ジャパンネット銀行などのハードウェアトークン方式のワンタイムパスワード認証に比べると、新生銀行のセキュリティーカード方式は弱いかな?とも思いますが、一応、安心感を持って利用しています。

ただその反面、口座へのアクセスが、かなり面倒くさいと思うので悪い面でもあると思います。例えば、楽天銀行ですと、アプリを起動してiPhoneならば指紋認証するだけで自分の口座情報にアクセスできて、簡単に振り込みが行えるので、新生銀行にもその様な簡単取引アプリがあれば、もっと便利に使えるのにと思います。

管理人からのコメント
この口コミもたまに聞く意見です。
新生銀行はログインまでの入力項目が多いため、マイページに辿り着くまでの作業が非常にめんどくさい。。。

ただ、それは逆にいうとそれだけセキュリティが高いということでもあります。

掲示板の口コミ

■良い口コミ
◯セブンイレブンで365日24時手数料無料でATM使えて、ネットでの振り込み手数料もタダの新生銀行で不満はない。
※補足:最近、ローソンやファミリーマートでも手数料無料で使えるようになりました!)

◯10回の無料振込が大きい。 一回300円として、月3000円、年間36000円 だよ。
※補足:プラチナランクになると、毎月10回まで振込手数料が無料となります)

◯ATMの使いやすさなら今のところこうだろう。
新生 > SONY > SBI
俺は普通金利も気にするので楽天を使ってる。

◯入出金明細が長い期間見れる銀行ってどこ?

新生銀行なら半永久的に明細が見れる」

◯新生の唯一の弱点はイオン銀行のATMが使えないことだったが、その問題も解消した

■悪い口コミ
◯新生銀行ってとにかくログインが面倒
①支店3桁、口座7桁 キーボード入力
②4桁パス ソフトウェアキーボード使用
③ログインパス 〃
④乱数表で3つ入力 ソフトウェアキーボード使用
完了

掲示板での口コミは良い評価でした。
ATM手数料無料の利便性に対する評価はもちろん、上位ランクになることで得られる最大10回の振込手数料無料サービスも高い支持を得ています。

また、入出金明細が無期限で見れるのもかゆいところに手が届くサービスです。
ほとんどのネット銀行は15ヶ月前の入出金明細しか見れず、それい以前の明細閲覧は、都度自分でダウンロードしておくか、お金を払って取り寄せるしかありません。
しかし、新生銀行であれば入出金明細の閲覧期限を気にすることなく、いつでも過去の履歴を参照できます。

悪い口コミとしては、「ログインがめんどくさい」に尽きます。
ログインの手順が面倒だという声は他にもたくさんありましたが、逆に「それだけセキュリティがしっかりしている」と評価する声もありました。

SNSの口コミでは

SNSでの評価はまちまちでした。
新生銀行のデメリットは、利用できるコンビニATMの数が少ないことでしたが、それが解消しつつある今、再び「最強のネット銀行」になりつつあるようです。

口座登録や口座振替に印鑑がいらないというのは、良い情報ですね。

ネット上の口コミでは

その他、ネット上のいろいろなところから口コミを調査してきました。

新生銀行で他行振り込み手数料が無料になる条件。

口座(平均)残高が、振込手数料無料回数条件になります。
スタンダード・ゴールド・プラチナの3段階に分類され、それぞれ「1回・5回・10回/月振込無料」です。

プラチナ:月間平均残高が2,000万円以上 or 投資商品の月間平均残高が300万円以上
ゴールド:月間平均残高が200万円以上 or 投資商品の月間平均残高が30万円以上
スタンダード:上記以外の預金者

新生銀行について

カードの支店番号「400」は本店です。
ネットで口座開設した場合には本店になります。

新生銀行の支店名

海外送金に利用する場合、シティバンクと新生銀行ではどちらが良いでしょうか?

どちらが得かというと、新生銀行です。
両替コスト:新生銀行4%、シティバンク4.5%程度(現在の為替レートなら)
利用手数料:新生銀行なし、シティバンク1回ごとに200円+税
※どちらも年会費はありません。

新生銀行・シティバンクどちらがいいでしょうか?

プラチナランクになるためのハードルはかなり高いですが、スタンダードランクでも毎月1回は振込手数料無料で利用できます。

また、新生銀行は短期留学などの際に利用する「海外送金」においてもメリットが大きいです。

まとめ

新生銀行はとにかく「ATM手数料が完全無料」であることに尽きます。
利用できるコンビニATMも拡大しているので、利便性における問題も解消しています。

メインバンクを新生銀行にすることで、ATM手数料を支払うことが完全になくなる。と考えれば、非常にお得なネット銀行であることを再確認できるのではないでしょうか。

新生銀行に関するその他の記事

イオンカードセレクト