サークルKのATM「ゼロバンク」「バンクタイム」は無料で利用できる

ゼロバンク、バンクタイム

全国のサークルK・サンクスに設置されているコンビニATM「ゼロバンク」、「バンクタイム」。

コンビニATMなので、通常は利用手数料が必要ですが、「ゼロバンク」、「バンクタイム」を無料で利用する方法をご紹介します。

とにかくややこしい・・・

サークルK コンビニATM

「ゼロバンク」、「バンクタイム」はサークルK・サンクスのオリジナルブランドのATMなのですが、料金体系などがとにかくややこしいです…

まとめるとこのような感じです。

使えるカードが都道府県によって違う

三井住友銀行などの都市銀行のカードは、どのゼロバンク・バンクタイムでも使えますが、ネット銀行のキャッシュカードは一部しか使えません。

使える可能性があるのは「新生銀行」と「イオン銀行」の2社。
この2社でさえも、新生銀行は使えない都道府県、イオン銀行に対応していない都道府県があり、バラバラです。

残念ながら、2013年3月時点では、ジャパンネット銀行楽天銀行といった、その他の一般的なネット銀行には対応していないので、キャッシュカードを入れても入出金はできません。

利用料金も違う

かろうじて、イオン銀行と新生銀行のキャッシュカードは使える可能性がありますが、ATM手数料も都道府県によって違います。

曜日や時間帯に応じて、「無料・100円・200円+税」の3つの手数料体系があります。

新生銀行なら安心して使える

新生銀行

サークルK・サンクスのコンビニATM「ゼロバンク・バンクタイム」を利用する機会が多い人は、新生銀行を使うことで、ATM手数料が24時間365日無料になります

なぜなら、新生銀行は「どこで使ってもATM手数料は完全無料」というサービスを提供しているからです。
正確には、ゼロバンク・バンクタイムを使うと、手数料は発生しているのですが、手数料分を新生銀行がキャッシュバックしてくれるので、実質無料ということになります。

新生銀行は使えるATMも多く、「キャッシュカードさえ通ればいつでもATM手数料無料」なので、コンビニATMをよく利用する方から、高い人気を得ています。

もちろん、先ほど説明した通り、都道府県によっては「新生銀行のキャッシュカードが通らない」ゼロバンク・バンクタイムもあります。
カードが使えない場所では、たとえ新生銀行であってもATMは利用できないので注意してください。

→新生銀行の詳細はこちら

イオンカードセレクト