新生銀行を活用してTポイントを貯める方法!すべて実践で毎月180ポイント

Tポイントプログラム

ATM手数料を完全に廃止したことで話題の新生銀行が、今度は「Tポイント」との連携を強めています。

取引内容に応じてポイントが貯まる仕組みを導入し、メインバンクとして新生銀行を使うだけで、毎月180ポイント、年間で2,160ポイントが貯まります。

Tポイントを貯める条件を一挙公開

新生銀行の「Tポイントプログラム」は毎月のエントリーが必要です。しかし、「ATM手数料が実質マイナス?!」となる人気のサービスなど、強力なものが多いのも事実。

積極的に活用して、Tポイントによる実質的な獲得利回りを高めたいところです。

E-net ATMの利用で毎月20ポイント

ATM

新生銀行は、どのATMで入金・出金を何回しても手数料は無料です。これは以前から新生銀行の代表的なサービスとして知られていました。しかし、そこからさらに一方先をいった「実質マイナス手数料」を実現したのがE-netとの取り組みです。

E-netはファミリーマートなどに設置されているコンビニATMです。

E-netで新生銀行のキャッシュカードを使い、入金または出金をすると、1回あたり10ポイントが貯まります。毎月最大で20ポイントまで貯められるので、この特典だけで年間360ポイントのTポイントが貯まります

ややこしい手順を踏まなくても、新生銀行の口座からE-netを使って、入金・出金をするだけなので簡単です。ATM手数料どころか、むしろポイントが貯まるという、新生銀行のユニークなサービスです。

振込入金で毎月50ポイント

給料

あなたの新生銀行口座に、1回あたり10万円以上の振込入金があった場合、1回あたり25ポイント、月間最大50ポイントが貯まります

1回あたり10万円の入金が必要なので、代表的な使い方としては「給与振込口座」や「年金受取口座」として新生銀行を使うと良いと思います。

あとは、オークションで落札された商品の代金を入金してもらう口座に使うなど。10万円以上の振込を毎月2回してもらうのはややハードルが高いですが、給与振込口座に使うだけでも、毎月25ポイント、年間300ポイントが貯まるのは大きいです。

海外ATMの利用で毎月100ポイント

海外ATM

新生銀行のキャッシュカードを使って、海外ATMから出金をした場合、1回あたり50ポイント、毎月最大100ポイントが貯まります。

主に海外旅行時や出張時に利用することになると思うので、これはちょっと敷居が高い特典かなと思います。

新生銀行のキャッシュカードには、最初から「インターナショナルキャッシュサービス」が付いています。世界中のVisaまたはPlusマークの付いている海外ATMから、現地通貨が引き出せます。

海外旅行の前でも、両替などをする必要がなく、日本の口座から直接現地通貨を引き出せるのは、大きなメリットだと思います。(いわゆる海外キャッシュカードサービスですね)

ただし、新生銀行の場合、Visaが設定した為替レートに4%の手数料が乗せられるので、実際はTポイントの還元によって、為替手数料が軽減されるくらいに思っておいた方が良いと思います。

口座振替登録で1件あたり100ポイント

水道光熱費

口座振替(自動引落)を登録すると、1件あたり100ポイントがもらえます。

例えば、電気代、ガス代、水道代、携帯代、クレジットカードの5つを新生銀行の口座から自動引落するように設定すれば、これだけで500ポイントがもらえます。

その他にも、NHKや税金、保険、各種手数料など口座振替(自動引落)で落とせる支払いは、探してみると意外と多いものです。

ただ、この特典には注意点が1つあります。
このサービスは「毎月」ではなく1回だけの特典です。自動引落を登録すると1件で100ポイントというのは大きいですが、毎月もらえるわけではないのであしからず。

毎月最大1万ポイントが抽選で当たる

抽選

毎月抽選でTポイントが当たります。

ただ抽選で当たるだけでなくて、月末の預金残高に応じて当選確率がアップするのが特徴です。月末の預金残高10万円ごとに抽選券が1口与えられます。

対象となるのは、円普通預金、パワー預金、2週間満期預金、外貨普通預金、2週間満期外貨預金の5つ。

新生銀行の中でも非常に人気が高い「2週間満期預金」が対象となっているので、高金利の2週間満期で運用しつつ、抽選でTポイントが当たることに期待したいです。

住宅ローンの利用で最大20,000ポイント

住宅ローン

新生銀行住宅ローンでの新規借入、または借り換えを行った場合、融資実行額に応じてTポイントがもらえます。

500万円~1,000万円:5,000ポイント
1,000万円~2,000万円:10,000ポイント
2,000万円以上:20,000ポイント

2,000万円の住宅ローンを組むと2万ポイントがもらえます。実質的には融資実行額の0.1%相当なので、それだけ金利負担や手数料が下がると考えると、結構大きいです。

新規口座開設者向けの特典

ウェルカム

Tポイントプログラム、まだまだあります。
下記の特典は「新規口座開設者」の方だけが利用できる限定特典です。

ネットからの口座開設で500ポイント

こちらは新規口座開設者むけの特典です。
新生銀行の口座開設をネットまたはアプリから行うと、500ポイントがもらえます。もちろんこれは抽選ではなく「もれなく」もらえるので安心です。

定期預金を組むと最大600ポイント

こちらも新規口座開設者だけの特典です。
新生銀行では「スタートアップ円定期預金」と言う、新規口座開設から3ヶ月間限定で利用できる、高金利の円定期預金があります。

お得な定期預金なのでぜひ利用したいところなのですが、今回はこれに加えてさらに、定期預金の残高に応じてTポイントを付与するというもの。

3ヶ月目のスタートアップ円定期預金の残高によって

100万円~300万円:60ポイント
300万円~1,000万円:200ポイント
1,000万円以上:600ポイント

と言った具合でTポイントがもらえます。
預金残高のわりにもらえるポイント数は少なめなので、オマケ程度ですが。。。

ログインするだけで10ポイント

これも同様に新規の方限定です。
新規口座開設後、3ヶ月以内にネットバンキングにログインするだけで10ポイントがもらえます。

もらえるポイントは少ないものの、ログインするだけで10ポイントだと考えると大きいですよね。ちなみに、新生銀行の口座開設は無料で行えるので、この特典だけでもお得です。

まとめ

冒頭で紹介した2,160ポイントというのはあくまでも現実的に獲得できるポイント数です。その他、海外ATMの利用や定期預金、住宅ローンの申込でさらに多くのポイントが貯められます。

余談ですが、新生銀行は自社でATMを運用することをやめて、すべてセブン銀行ATMに業務を任せる方針を発表しています。つまり、新生銀行に行くと(使いやすい)セブン銀行ATMが使えます。こういった顧客目線のサービス拡大は、非常に好印象です。

「ATM手数料が一切かからない」ことでお得な銀行であることをアピールしてきた新生銀行が、ここに来てさらにメリットを高めて来ている点に注目。

今後さらにサービスが拡充することを期待したいですね。

関連リンク

イオンカードセレクト