ネット銀行活用法

楽天銀行にはどうやって入金する?振込方法・入金方法をわかりやすく解説

楽天銀行の振込方法と入出金のやり方

楽天銀行は、ネット証券の中でもNo.1の口座数を誇ります。

私自身もよく利用しているネット銀行なのですが、入金・出金方法や振り込みのやり方がよくわからないという質問も多いです。

今回は、楽天銀行での入金・出金方法、そして振込方法について詳しく解説します。

これからネット銀行を使ってみたいと考えている方、必見です。

3分でわかる、楽天銀行の振込方法

スマホを操作する女性

楽天銀行は、スマホアプリでほぼすべての銀行取引が行えます

振込手続きや残高照会はもちろん、取引明細の確認や定期預金の申し込みも含めて、すべてアプリひとつで作業できます。

楽天銀行のアプリはとても使いやすいので、今回はアプリを使った方法を紹介します。

こちらが楽天銀行アプリのメイン画面です。口座残高はワンタッチで「非表示」にできます。振込をするには「振込」アイコンをタップします。
楽天銀行の振込手順

振込画面に移動しますので、続けて「振込」をタップします。楽天銀行では「ハッピープログラムのランク」に応じて毎月最大3回まで、他行あて振込手数料が無料です。
楽天銀行の振込手順2

「新規振込」をタップします。よく使う振込先は登録しておくと、送金先の情報がすぐに入力できます。
楽天銀行の振込手順3

振込手続きに必要な情報と、振込金額を入力します。
楽天銀行の振込手順4

最後に、振込内容の確認を行います。暗証番号を入力し、振込手続きは完了です。
楽天銀行の振込手順5

はじめて使う方でも、楽天銀行アプリは使いやすいように設計されています。

なれると、10秒ぐらいで振込の手続きを完了させることができます。

平日15時以降(または休日)は、相手先の口座に送金させるのが翌営業日になりますが、振込手続き自体は原則として24時間いつでも行なえます。

スマホアプリからすぐに振り込めるので便利です。

振込手数料は条件次第で無料

手数料がお得

楽天銀行の振込手数料をまとめます。

楽天銀行では、楽天銀行同士の振込手数料は何度でも無料です。

ネット銀行口座数No.1の楽天銀行を振込先に指定されることも多いので、口座を作っておくと何かと便利です。

楽天銀行の振込手数料
楽天銀行あて
何度でも無料
他の銀行あて
3万円未満165円、3万円以上258円。(いずれも税込)
ゆうちょ銀行(本人名義)あて
103円

下記の条件を満たすことで、他行あて振込手数料を無料にすることができます

楽天銀行を給与受取口座にする
毎月3回まで無料
ハッピープログラムの会員ランクを上げる
毎月1~3回まで無料

楽天銀行との取引や預金残高を増やすことで、ハッピープログラムの会員ランクを上げられます。

楽天銀行のさらに詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

楽天銀行で入金・出金する方法

楽天銀行ATM

楽天銀行は、自社でATMを保有していません。

よって、入金・出金をする時は「提携ATM」を使います。主にコンビニATMが使えますので、原則として24時間いつでも入金・出金が可能です。

▼楽天銀行の提携ATM

コンビニ 銀行 駅ナカ・その他
セブン銀行 みずほ銀行 ビューアルッテ
ローソン 三菱UFJ銀行 パッとサッと
E-net(ファミマ等) ゆうちょ銀行 イオン銀行

いずれのATMでも、「楽天銀行のキャッシュカードをATMに挿入するだけ」で取引ができます。

あとは、ATMの案内に従って、入金・出金の手続きをするだけで完了です。

楽天銀行アプリで近くのATMがすぐ見つかる

コンビニATM

楽天銀行の提携ATMは全国に9万台以上あります。しかし、使えるATMの種類が多すぎるので、覚えるのが大変です。

楽天銀行の無料アプリでは、近くにある利用可能なATMをすぐに見つける機能も用意されています。

スマホアプリの「便利な機能」をタップし、「ATM・コンビニ」を選択選びます。このページでは、現在の預金金利もすぐわかります。
楽天銀行アプリで近くのATMを探す

現在の周辺地図が表示され、楽天銀行の提携ATMの場所が「R」のアイコンで表示されます。「R」をタップすると、そのATMの手数料までわかるようになっています。
近くの楽天銀行ATM

また、「ここまでのルートを表示」をタップすることで、ATMがある場所までの道順も示してくれます。

アプリの完成度はかなり高いので、ネット銀行を初めて使う方でも安心して利用できると思います。(楽天銀行アプリは無料で提供されています)

ランクアップでATM手数料も0円

ハッピープログラム

楽天銀行のATM手数料は有料ですが、条件を満たすと無料で使えます。

楽天銀行のATM手数料

▼セブン銀行、イオン銀行、パッとサッと ← おすすめ
入金(3万円以上):無料
入金(3万円以下):200円
出金(金額に限らず):200円

▼ビューアルッテ
※入金の取り扱いはできません
出金(金額に限らず):250円

▼その他の提携ATM
入金(3万円以上):無料
入金(3万円以下):250円
出金(金額に限らず):250円

※その他の提携ATMとは、E-net、ローソン、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のATMです。
※金額は税抜きです。

また、下記の無料条件を満たすことでATM手数料を節約できます。

口座開設後6ヶ月
無条件で毎月5回まで無料
ハッピープログラムの会員ランクを上げる
毎月1~7回まで無料

ATM手数料が無料のネット銀行はこちらの記事をご覧ください。

ATM手数料をさらに節約する方法

楽天銀行デビットカード

楽天銀行では、口座開設と同時に「キャッシュカード一体型のデビットカード」を申し込めます。

楽天銀行デビットカード(JCB)は16歳以上の方なら未成年でも持つことができるカードです。

全国のJCB加盟店(コンビニやスーパーなど)でカードによる支払いができます。また、海外旅行やネット通販でも利用可能です。

楽天銀行デビットカード(JCB)を使って支払ったお金は、すぐに楽天銀行の口座から引き落とされます。

銀行口座残高の範囲でしか使えないため、クレジットカードとは違い「使いすぎ」の心配がありません。

カード支払いを中心にすることで、現金を利用する機会が減り、必然的にATMを使う回数も少なくなります。

楽天銀行デビットカード(JCB)は入会金・年会費無料で使えますので、デビットカードの活用によって、ATM手数料を節約できます。

楽天スーパーポイントが貯まります

楽天銀行デビットカード(JCB)は、利用金額100円ごとに1ポイントが貯まります。

楽天市場での買い物
100円につき2ポイントを付与(還元率2%
それ以外のお店で使う
100円につき1ポイントを付与(還元率1%)

カード支払いに抵抗がある方もいるかもしれませんが、楽天銀行デビットカード(JCB)には盗難補償が付いています。

もし、紛失・盗難によって不正利用された場合でも、その請求はすべてキャンセルしてもらえますので、安心して利用できます。(こうした点も含めて、16歳以上から申し込み可能となっています)

楽天銀行デビットカード(JCB)の詳しい情報は、下記の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

楽天銀行 口座開設はこちら(無料)

定期預金の申し込みもかんたん

スマホで貯金

楽天銀行では、定期預金の申し込みもアプリ内から行えます。申し込みは24時間いつでも可能です。

「商品・サービス」をタップし、「定期預金」を選びます。
楽天銀行アプリからの定期預金の申し込み

もちろん、定期預金だけでなく、外貨預金や仕組預金の申し込みもできます。

楽天銀行には、7日満期・14日満期の短期間の定期預金があります。

当面、使う予定がないお金があれば、スマホからすぐに短期の定期預金に入れておくことをおすすめします。

普通預金よりも有利な金利で運用ができ、お金が必要になった場合でも、最長7日(または14日)待てば、満期で定期預金が解約できます。

また、個人的に「かゆいところに手が届く」と感じるのが「口座情報の確認」機能です。

自分の銀行口座番号や支店名はつい忘れてしまいがちですが、楽天銀行ではアプリの「口座情報」をタップするだけで、すぐに自分の口座情報を確認できます。
アプリで口座情報を確認

「入出金明細」をタップすると、WEB通帳も閲覧できるので、入出金履歴がすぐにわかります。

楽天銀行 口座開設はこちら(無料)

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る