ARUHI(アルヒ)

ARUHI

ARUHI(アルヒ)」は、以前は「SBIモーゲージ」の社名で営業していた住宅ローン事業者です。SBIグループではなくなったことで、社名も変更となりました。

アルヒは銀行ではありません。
住宅ローンをメインで取り扱っている「日本初のモーゲージバンク」なのですが、実はかなり評判が良いです。

なぜなら、「フラット35」を主に販売しているのが、アルヒだからです。

低金利ながら、最長35年間の固定金利で住宅ローンが組めるフラット35は、新築・借り換えを問わず多くの人が利用している人気のローンです。

アルヒは、業界最低水準でフラット35を提供している、数少ない業者となります。ここでは、どのような特色があるのかわかりやすくまとめました。

住宅ローン金利と種類

住宅ローン

取扱のある住宅ローンは、大きく分けて2種類です。
どちらも業界最低水準の低金利で口コミでも評判となっています。

フラット35

フラット35

住宅金融支援機構が展開しているフラット35は、最大35年間、固定金利でローンが組めるのが特徴です。(ARUHIでも、フラット35を選ぶ人が多いです)

融資比率が9割以下の場合は、業界最低クラスの低金利でフラット35が利用できます。
また、「ARUHIフラットα」を組み合わせることで、最高10割まで融資を受けることが可能です。

最新の金利はこちらです

また、アルヒの特徴でもある、手厚い保証とスピーディーな対応が利用者から高い評価を受けています。

ARUHIフラット35の契約にかかる費用

■融資事務手数料
融資金額の2.0%

■保証料、繰上返済手数料
無料(繰上返済は10万円から利用可能)

■団体信用生命保険特約料
融資額1,000万円あたり
機構団信 34,000円+税(3大疾病付機構団信の場合は52,000円+税)
※この保険料は毎年かかりますが、融資残高の減少とともに年々減っていきます

■その他
収入印紙代や登録免許税などの諸費用

フラット35の金利は、融資比率が90%以上だと、上記金利よりも少し高くなります。

逆に、省エネルギー性、耐震性に優れた「優良物件」を買う場合は、「フラット35s」を利用できるので、より低金利でフラット35を利用できます。

ARUHIフリーダム

ARUHIフリーダムは、アルヒの独自商品です。
変動金利や固定金利、そして変動+固定のミックスローンなど、柔軟な住宅ローンを組めるのが、ARUHIフリーダムの特徴です。

最新の金利はこちらです

半年ごとに見直しが入る変動金利、そして最初の数年だけ固定金利となる「当初固定」、そして最大35年の全期間固定の3つの金利タイプが選べます。
これらの金利タイプは自由に組み合わせてミックスローンとしても利用できます。

フラット35と大きく違うのは、「団体信用生命保険料」です。
ARUHIフリーダムの場合は、団体信用生命保険に無料で加入できます。

また、繰上返済手数料はフラット35と同じく無料ですが、フラットが10万円以上でなければ繰上返済が使えないのに対してARUHIフリーダムは1万円から繰上返済が利用できます。

少しお金に余裕ができたら、積極的に住宅ローンの返済に回すことで、返済総額を圧縮しやすいのも、ARUHIフリーダムのメリットです。

ARUHIフリーダムの契約にかかる費用

■融資事務手数料
融資金額の3.0%(税別)
※最低事務手数料は300,000円(税別)

■保証料、繰上返済手数料
無料(繰上返済は1万円から利用可能)

■団体信用生命保険特約料
無料(アルヒが負担)

■その他
収入印紙代や登録免許税などの諸費用

こちらも、フラット35と同様に、

という超高速の審査が評判です。
申し込みから融資実行まで、最短約1週間程度で住宅ローンを組むことができます。

主な特徴

手数料0円

以下の特徴は、ARUHIが取り扱うすべての住宅ローンに共通する内容です。

保証料が0円

アルヒでは保証会社を通さないため、保証料が一切かかりません。
銀行によっては、数十万円の保証料を取られる場合もあるので、アルヒを利用することで余計な手数料を支払うことなく、コストが抑えられます。

団体信用生命保険については、

■ARUHIフリーダムを選んだ場合
無料です。(アルヒが全額負担)

■フラット35を選んだ場合
住宅ローン融資額1,000万円あたり34,000円+税がかかります。
(3大疾病付きの団信を選んだ場合は52,000円+税)
団体信用生命保険料は、毎年必要となりますが、融資残高の減少に伴って年々減っていきます。

フラット35を利用する場合、団信への加入は任意となりますが、原則としてすべての人が加入しているので、できるだけ加入することをおすすめします。(一般的な生命保険料よりもかなり割安)

繰上返済手数料も無料

繰上返済手数料は、一部、全部に限らず無料です。
ただし、フラット35とARUHIフリーダムでは、繰上返済ができる最低金額に違いがあります。

繰上返済を積極的に行いたい場合は、アルヒフリーダムの方がメリットが大きいです。
フラット35で繰上返済をする時は、ある程度まとまったお金がある時に限られます。

フラット35 シェアNo.1

住宅ローン累計実行金額

前述しましたが、ARUHIはフラット35で5年連続シェアNo.1の実績を誇ります。
フラット35を取り扱っている金融機関は330社ほどありますが、その中の頂点に君臨するのがARUHIということです。

住宅ローンの累計実行金額はすでに2兆円を超えていることからも、多くの人がARUHIの住宅ローンを活用していることがわかります。

選ばれる理由としてはやはり、「低金利」、「スピード」、「手厚い付加サービス」だと思います。

関連保険サービスが充実

住宅ローン利用時には、原則として団体信用生命保険に加入します。
しかしそれだけでは、万が一のことがあった場合に、被害が大きいのが現実です。
アルヒが万が一に備える手厚い保険を低価格で提供しています。

■8疾病保障特約プレミアム
もしも重大な病気にかかって返済が難しくなった場合、ローン返済義務がなくなる保障です。

いわゆる「8疾病」にかかってしまい、仕事ができなくなった場合、最長12ヶ月間、毎月の住宅ローンの返済をアルヒが肩代わりしてくれます。

また、その状態が12ヶ月続いても改善されなかった場合、住宅ローン残高相当額が保障されます。つまり、残りの住宅ローンをすべてアルヒが払ってくれ、あなたは返済する必要がなくなるということです。

また、病気やケガで入院した場合に10万円の一時金がもらえるのも、「8疾病保障特約プレミアム」の特徴です。

特約料は、年齢に応じて変わります。
融資金額100万円あたり600円~3,000円 + 一律9千円~1万1千円です。

※8疾病とは、「ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎」のことを言います。

■失業保障特約三ツ星くん
もしも会社が倒産したり、リストラにあってしまった場合、毎月のローン返済を肩代わりしてくれます。保証期間は最長6ヶ月(保障期間を通算して36ヶ月)となっており、この間失業状態が続いても、ARUHIがローン返済を保障してくれるので安心です。

特約料は、融資金額100万円あたり800円となります。

■ARUHIの住宅ローン専用火災保険
火災や地震、盗難などの被害にあった場合、頼りになるのが火災保険です。
アルヒでは、ローン利用者限定特典として、AIU損害保険の火災保険が20%OFFで利用できます。

■災害時生活再建支援特約
火事や地震、水災などの災害によって、住居が壊れてしまい、家に住めなくなった場合。
このような時に、12ヶ月間に渡って毎月の住宅ローンを代わりに支払ってくれる保険です。

また、自然災害によって建物が完全に壊れてしまい、完全に住めなくなった場合はローン返済額24ヶ月相当額が保険金として支払われます。

災害時生活再建支援特約はやや特殊なですが、自然災害に万全を期したい方にとっては、備えとなる保険になると思います。(この保険は2015年3月まで申込可能です)

つなぎ融資が受けられる

アルヒでは、住宅ローンだけでなく「つなぎ融資」も同時に申し込めます。
新しく家を建てる場合、物件の引き渡しまでの間に「中間資金」が必要となります。
土地先行取得資金、着工金などがそうですよね。

こういった中間資金をまかなってくれるのが、「つなぎ融資」です。

つなぎ融資は、フラット35、ARUHIフリーダムに限らず利用できるので、資金に余裕を持たせたい場合に活用すると、よりゆとりのあるローンが組めると思います。

とにかく早い

アルヒは住宅ローン専門の「モーゲージバンク」なので、とにかく「速い」、「ラク」なのが特徴です。

住宅ローンの手続きはすべて、ネット、郵送、FAX、電話でやりとりできるので、店舗窓口への来店は不要です。忙しい方でも自宅にいながら、電話等で相談しつつ住宅ローンの手続きができます。(契約には対面が必要)

また、初めて住宅ローンを組む方などでわからないことが多い場合も安心です。
ネット銀行の住宅ローンとは違い、アルヒは全国に窓口店舗を展開しています。
よって、店舗に足を運べば、住宅ローンの専門家にいつでも相談したり、書類の記入方法について教えてもらえます。

ネットでも、リアルでも柔軟に対応してくれるのは、住宅ローン専門業者ならではの強みだと思います。

こんな人に向いてます

家族

フラット35を利用したい方

ARUHIはフラット35 5年連続シェアNo.1を達成しています。
それだけ多くの人がARUHIのフラット35を選ぶ理由として、

などが上げられると思います。

ちなみに、以前同じSBIグループだった「住信SBIネット銀行」も住宅ローンを展開しています。

窓口で直接相談したい方

一般的に、窓口店舗がある銀行での住宅ローンはおすすめしません。
なぜなら、窓口を構えることによって、「店舗代」、「人件費」がかかるため、どうしてもそれらのコストが金利に反映され、金利が高いケースが多いからです。

かといって、ネット銀行のような無店舗型では直接話しを聞いたり、書類の記入方法について教えてもらうことができません。どうしてもメールや電話対応となってしまいます。

そのような状況の中で、ARUHIは特殊です。
アルヒは全国に多数の店舗を構えながらも、業界最低水準の金利を誇っています。
そして、住宅ローン専門業者なので、店舗にいるスタッフはすべて、住宅ローンの専門知識をもっているアドバイザーです。

なぜこのようなことが実現できるのかというと、アルヒは元々住宅ローンのアドバイスをしていた店舗を、代理店としてフランチャイズ展開しているからです。
また、金融大手のSBIグループと組むことで、その他にも保険や資産運用のアドバイスを店舗で行っており、そういった店舗を兼用して使うことで、低金利のままリアル店舗を全国展開しているのです。

1日でも速く住宅ローンを組みたい方

ARUHIはとにかく申し込みから審査、そして融資実行までのスピードが速いです。

フラット35の場合は、「事前審査 最短当日」、「本審査 最短3営業日」。
そしてARUHIフリーダムの場合は、「事前審査 最短当日」、「本審査完了まで 最短1営業日」、「承認から融資実行 最短5営業日」です。

このスピードは他社は真似のできない、アルヒならではのメリットです。

イオンカードセレクト