楽天銀行 法人口座

楽天銀行

法人口座の開設を受け付けている代表的なネット銀行の一つに「楽天銀行」があります。

個人口座ではネット銀行No.1の口座数を誇る楽天銀行。最初期から営業しているネット銀行だけあって、法人口座にも力を入れているのがわかるサービス内容となっています。

楽天銀行 法人口座の特徴

楽天銀行の法人口座(法人ビジネス口座)では、手数料の低さはもちろん、複数人での口座管理や給与の一括振込など、法人の口座として必要なサービスがすべて用意されています。

口座開設・維持費用は無料

口座開設・維持費用は無料

ネット銀行の法人口座は口座開設費用・維持費用が一切かかりません。それは楽天銀行も同様です。

三井住友銀行など、大手都市銀行の場合、必要不可欠とも言えるインターネットバンキングの利用に毎月約2,000円+税がかかります。

しかし、楽天銀行をはじめとするネット銀行は、インターネットでの取引を前提とした銀行のため、口座の開設や維持にかかる手数料は完全無料です。

その他にも都市銀行では有料で提供されているオプションサービスも、ネット銀行では当たり前のように無料で提供されています。

最近では、ネット銀行をメインバンクに使う会社も増えています。

格安の振込手数料

振込手数料の比較

楽天銀行法人口座は、振込手数料も大手都市銀行より格安です。

入出金は24時間365日コンビニで

24時間365日の入出金

入出金は各種コンビニエンスストアに設置されたATMや、ゆうちょ銀行ATMでおこないます。

コンビニは24時間365日営業をしていますから、メンテナンス時間を除いて、事実上いつでも入出金が可能です。

口座残高確認もインターネットで可能なので、基本的な銀行の取引はすべて、24時間365日いつでもおこなえます。

最大3,000件までの一括振込が可能

一括振込

給料や得意先への振込など、法人口座にはなくてはならない一括振込み機能も、楽天銀行なら無料で使えます

口座開設をするだけで、申し込み不要で最大30件までの一括振込が利用できます。
また、別途申込をすることで、最大3,000件の一括振込ができる「総合振込サービス」も使えます。

総合振込サービスは、別途申込が必要ですが、こちらも初期費用が月額利用料のいらない、無料のサービスとして提供されています。

海外送金もネットから格安でおこなえる

格安の海外送金

楽天銀行は、送金手数料は1,000円、海外中継銀行手数料は1,000円です。
円貨送金の場合は、リフティングチャージ(円貨送金手数料)が別途2,500円必要ですが、都市銀行と比較すると非常に安い手数料で海外送金がおこなえます。

海外送金の手続きも、申し込みは不要で、月額利用料などはかかりません。
インターネット上で24時間いつでも手続きがおこなえます。

複数の口座が持てる、複数人で運用できる

口座管理プラス

楽天銀行の「口座管理プラス」に申し込むと、複数の口座を持つことや、複数人で法人口座の管理がおこなえます。

複数の口座を一つのIDで管理する
一つの口座を複数のID(複数人)で管理する
複数の口座を複数のIDで管理する

いずれも「口座管理プラス」の機能で設定可能です。

また、それぞれのIDには「権限」を割り当てることができます。
例えば、「入出金はできないが振込など決済作業のみ行える」など、担当者ごとに権限を割り当てながら、複数人で口座の運用ができます。

口座管理プラスの利用は無料です。

イオンカードセレクト