自己破産した場合、デビットカードは使えなくなってしまうの?

自己破産者

デビットカードはクレジットカードと違い、15歳以上の方であれば審査不要で作れます。では、自己破産してしまった場合や、すでに自己破産している人が、新たにデビットカードを発行してもらうことはできるのでしょうか?

結論から言うと、可能です。
一部の銀行では、自己破産者などに対してデビットカードの発行を行わず、審査落ちとしているケースもありますが、基本的には問題なく作れます。

デビットカードはクレジットカードと違い、銀行口座と強く結びついているカードです。よって、原則的には銀行口座を作れる人であれば誰でも持つことができるのです。

デビットカードには審査がない

前述しましたが、デビットカードの発行には原則として審査がありません。つまり、自己破産者であろうと誰であろうと、与信に関係なく発行してくれるのが、デビットカードのメリットです。

(おそらく信用なんてほとんどないであろう)15歳の中学生でも、デビットカードは持つことが可能です。

クレジットカードとは違う

なぜ、クレジットカードには審査があって、デビットカードは審査不要で持てるのかというと、「与信(信用)」を判断する必要があるかどうかの違いがあるからです。

■クレジットカードの場合
クレジットカードは実質的には借金と同じです。例えば、その時にあなたが手持ちの現金でも、銀行口座にもお金がなくても、支払い請求が来る1カ月後までにお金が用意できれば、商品の購入ができます。「その時お金がなくても物が買える」のがクレジットカードの特徴です。

また、クレジットカードにはキャッシング機能が付いています。この機能もまた、お金がない人に対してお金を貸し出すサービスなので、審査が必要となります。

つまり、その時お金がない人に対して一時的にお金を貸しても大丈夫かどうかを審査する「与信(信用)」の判断が必要なので、与信のない自己破産者はクレジットカードを持つことができないのです。

カード会社にとって、「とりっぱぐれ」が起きる可能性があるのがクレジットカードの特徴です。

■デビットカードの場合
一方で、デビットカードは借金ではありません。あなたがその時にサイフの中に手持ちの現金を持っていなくても、銀行口座にお金があれば物が買えるのがデビットカードの特徴です。

デビットカードで買い物をすると、その瞬間にあなたの銀行口座から商品代金が引き落とされます。逆に、銀行口座のお金が足りなければ、カードは通らず商品は買えません。

口座からの即時引落なので、手持ちのお金がなくても、その瞬間にあなたにその商品の支払い能力があれば良いのです。

つまり、デビットカードの仕組みでは、銀行が「とりっぱぐれる可能性はない」ので、与信の審査をする必要がないのです。

判断の分かれ目は銀行口座が作れるかどうか

まれに、デビットカードの発行を断られるケースもあります。その理由としては、厳密には審査落ちとなるのですが、実は「銀行口座を持てない場合」にデビットカードの発行を断られます。

例えば、反社会勢力に関連している人だったり、その銀行と何らかのトラブルになったことがあり、「銀行口座が凍結されている人」は、デビットカードを持てません。

ただ、

の両方の方法を試せば、どこかの銀行が発行してくれる可能性は極めて高いです。銀行によっても、審査の基準は若干異なります。

その他、もちろん15歳以下の年齢対象外の方が申し込んでも審査落ちとなります。そういう意味で、すべての人がデビットカードを持てるわけではありません。

クレジットカードと同じように使えます

あなたが仮に自己破産者であっても、デビットカードを持てば、クレジットカードと同じように買い物をすることが可能です。

現在、一般に普及しているVISAデビットカードは、コンビニエンスストアやスーパーなど、「VISA」マークの付いているお店であれば、どこでも使えます。

また、海外旅行で利用したり、ネット通販で買い物をする際にも、クレジットカードを使うのと同じように、デビットカードを利用することができます。

クレカの「後払い」と、デビットの「即時引落」の違いはあるものの、扱いとしてはクレジットカードとデビットカードは同じなので、ネット通販の場合はクレジットカード支払いを選択し、レジで使う時は「VISAでお願いします」と言えばOKです。

もし不安ならキャッシュカード一体型を選択

デビットカードの発行に際しては、審査はありません。しかし、もしどうしても不安なのであれば、銀行キャッシュカードとデビットカードの一体型を選ぶことをおすすめします。

その最も代表的なのが、ジャパンネット銀行が発行しているJNB Visaデビットカードです。ジャパンネット銀行では現在、新規口座開設者のすべてのキャッシュカードにデビット機能を付けています。

つまり、ジャパンネット銀行に口座開設をすることができれば、必ずデビット機能が付いているキャッシュカードが発行されるのです。

これなら、デビットカードを発行してもらえるかどうか不安な自己破産者の方でも、安心して申し込むことが可能です。

イオンカードセレクト