楽天銀行スーパーローン

楽天銀行

楽天銀行が手がけるカードローンは、「楽天銀行スーパーローン」という愛称で知られています。ネット銀行大手の楽天銀行ならではのスピード感ある審査と低金利、そして総量規制対象外の強みを持ち、専業主婦の方で利用している人も多いです。

カードローン利用限度額300万円以内なら、収入証明書類の提出は原則不要です。
年1.9%~14.5%の業界最低水準の低金利で、融資が受けられます。
ちなみに、最高金利の年14.5%で10万円を1週間借りた場合、利息は278円です。

入会金・年会費などは無料ですが、カードローンへの新規入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000円分がもらえます。

主な特徴

最低水準の金利と最高クラスの限度額

金利と限度額

楽天銀行スーパーローンの最大限度額は800万円です。(専業主婦の場合50万円)
事業資金としての利用はできませんが、それ以外なら原則自由に使えます。

日常の生活資金としてはもちろん、子どもの入学資金や授業料といった「教育資金」への活用から、自動車を購入するための資金など、使い方は自由です。

また、借入金利は年1.9%~14.5%の低金利です。
大手金融業者の金利と比較しても、楽天銀行のカードローンはひとまわり低い金利で利用できます。

アルバイトや専業主婦でも利用OK

楽天銀行カードローンは、専業主婦やアルバイトの人も多く使っています。
申し込み条件は以下のとおりです。

■専業主婦として利用
収入証明書の提出は一切不要
カードローンの入会で1,000ポイントを進呈

■パート・アルバイトとして利用
限度額300万円以内なら収入証明書の提出は原則不要
カードローンの入会+利用で31,000ポイント進呈

いずれも、入会金や年会費は無料なので、いざという時の備えとして、楽天銀行カードローンを持っていても費用はかかりません。

楽天でよく買い物をする人は審査に通りやすい

楽天銀行カードローンは、楽天市場など楽天グループの利用実績を審査に活用することでも知られています。

公式の発表にもありましたが、楽天会員ランクによって審査を優遇してくれる特徴があります。

つまり、楽天市場でよく買い物をしている方など、楽天会員ランクが高い方は審査に通りやすいということです。

総量規制の対象外

貸金業法の「総量規制」によって、現在キャッシング業界では、年収の3分の1を越える借入はできないルールとなっています。

例えば年収150万円の人だと、限度額50万円までしか利用できません。
しかし、これはアコムやプロミスといった、いわゆる消費者金融に対して適用される法律です。

楽天銀行スーパーローンは総量規制の対象外となります。
年収の3分の1を越える借入ができるので、新規で申し込む方はもちろん、すでに他社で借りていて、楽天銀行に一本化したい人にも向いています

銀行のカードローンは、低金利で総量規制の対象外なので、ローンを一本化して完済を目指したい人にもメリットが大きいです。

申し込み方法

楽天銀行はネット銀行ですので、実店舗はありません。
よって、楽天スーパーローンの申し込みはネットからおこないます。
窓口に出向いて申し込むめんどくささがないのも、楽天銀行カードローンのメリットです。

限度額300万円までは原則として収入証明書の提出は不要となっています。
その他の必要書類も、後日用意すれば良いので安心です。

また、楽天銀行カードローンは担保・保証人も不要です。

自宅や携帯のWEB画面から24時間いつでも申し込み可能で、審査結果は最短当日にわかります。

借入と返済方法

インターネットに強みを持つ楽天銀行は、借入や返済にも強みがあります。
ネットやコンビニATMを通じて24時間いつでも利用・返済が可能です。

借入方法

提携ATM

契約後、カードローンを利用する場合は、ネットか電話、そしてATMを使って借入ができます。もっとも主流なのは、パソコンか携帯のWEB機能を使う「ネットキャッシング」です。
いずれも、原則として24時間365日いつでも利用できます。

ネットキャッシングと電話を使う場合は、借入の申し込みをした後、即時振込が実行されます。申し込んだ融資額が自分の銀行口座にすぐ振り込まれるのが特徴です。
振込手数料は無料となっています。

ATMを利用する場合は、郵送される「ローンカード」を使ってお金を引き出します。
楽天銀行カードローンでは、全国8万台以上のATMが利用可能です。

ATMの利用には通常、手数料がかかりますが、

これら6つの提携ATMなら、手数料無料で使えます。
ローソン、E-net、セブンイレブンといった主要なコンビニATMがすべて利用できるので、コンビニATMでの借入・返済を行うようにすれば、24時間365日いつでも利用でき、ATM手数料もかからないので安心です。

ネットキャッシングが銀行口座への振込であるのに対し、ATMの場合はすぐに現金が調達できるのが特徴です。

返済方法

カードローンの返済方法は、自動振替、ATM、ネットの3つがあります。

■自動振替
最も定番の返済方法は自動振替です。
毎月指定日に、銀行口座から返済額が自動引落されます。

■ATM
借入をする時と同じく、返済もATMから行えます。
上記の提携ATMなら手数料無料で返済可能です。現金を直接入金することによって返済したい場合におすすめです。

■ネットからの返済
インターネットバンキングのPay-easy(ペイジー)という機能を使って返済します。
自宅からネットを使って返済できるので、給料日に銀行口座から返済したい人におすすめです。

返済日は毎月1日、12日、20日、27日から都合のよい日が選べます。

楽天銀行カードローンでは、返済方式として「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」が選べます。(新規の場合は残高スライドリボルビングのみ)

■残高スライドリボルビング返済
利用残高に応じて毎月の返済額が決まる方式です。
例えば借入残高が10万円以内なら毎月の返済額は2,000円、50万円以内なら1万円と、「現在どれだけ借りているか?」によって、月々の返済金額も変動する仕組みです。

■元利込定額返済
利用限度額に応じて毎月一定額を返済する方式です。
この方法は、「限度額」に対して返済額が決まるのが特徴です。
例えば限度額が50万円なら、「いくら借りているか?」に関係なく、毎月1万円以上の返済が必要となります。

楽天銀行カードローン
イオンカードセレクト