カードローン比較と便利な使い方

女性におすすめのカードローン金利ランキング 働く女性部門・専業主婦部門

主婦と働く女性

カードローン会社には、女性向けのレディースローンというプランを用意しているところがあります。

主要なレディースローンはすべて「女性オペレーターに繋がる専用回線」を用意しており、初めて利用する女性も安心して利用できます。

しかし、レディースローンの中には専業主婦が利用できないものもあります。

そのため、働く女性と専業主婦とでは、おすすめのレディースローンは変わってきます。

今回は、働く女性・専業主婦それぞれにおすすめのカードローンの特徴を比較し、金利が低い順にランキングしてみました。

専業主婦不可のカードローンも多い

悩む主婦

まず前提として、専業主婦はカードローンに申し込めないケースが多いです。

特に、アコムやプロミスといった消費者金融系カードローンは「貸付可能額は年収の3分の1」と貸金業法で決まっており、収入がない人には一切融資できないからです。

例外として、「配偶者貸付」という夫婦の収入を合算する申込み方ができる銀行カードローンもありますが、手続きが多く気軽には利用しづらいです。

配偶者貸付とは

配偶者貸付とは、夫婦の収入を合算してローンに申し込んで、融資を受けることです。

たとえば、専業主婦と年収300万円の夫が配偶者貸付でカードローンに申し込むと、最大100万円(合計年収300万円の3分の1)まで借りられる計算になります。

しかし、カードローンで配偶者貸付を扱っている金融機関は少なく、提出しなければならない証明書類も多いので、実際に配偶者貸付を利用する人は少ないです。

一方、安定した収入があれば、パート・アルバイトや派遣社員でもカードローンに申し込むことができます。

専業主婦に比べて選べるカードローンの種類も多いので、より低金利なカードローンを選ぶことも可能です。

そこで今回は、レディースローンの中でも、働く女性におすすめのカードローン専業主婦におすすめのカードローンに分けて、金利やサービスを比較します。

働く女性におすすめのレディースローン

ビジネスウーマン

まずは、安定した収入を持つ女性におすすめのレディースローンを、金利が低い順にランキングします。

金利だけで比較すると、イオン銀行>プロミス>アコム>アイフルの順になります。

しかし、プロミス・アコム・アイフルの3社の金利差は少ないので、イオン銀行以外は自分の使い勝手が良いカードローンを選んで良いと思います。

特に、アイフルのレディースローンは電話連絡を一切しない仕組みになっているので、仕事中に電話が取れない女性にもおすすめです。

イオン銀行

イオン銀行

30万円以上ならイオンアシストプラン

■商品名
イオンアシストプラン「輝く女性サポートローン」

■金利(年)
3.8~8.8%

■最大借入可能額
30万~700万円

※契約1件につき事務手数料2,700円+税がかかります

→イオン銀行 詳細はこちら

イオングループが運営するネット銀行「イオン銀行」では、働く女性の自分磨きのための「輝く女性サポートローン」という商品があります。

いつでも自由な目的で借り入れるカードローンというよりは、まとまった出費のためのフリーローンとして使うプランです。

しかし利用できる目的は幅広く、働く女性の出費なら広く受け付けています。

■イオン銀行「輝く女性サポートローン」用途例

  • 資格取得のためビジネススクールに通う学費
  • エステなどの美容費
  • 買い物や旅行

輝く女性サポートローン最大のメリットは金利が低いことですが、借入額は最低30万円以上からで10万円単位で融資金額を決めるプランなので、急ぎで少額のお金を借りたい時には不向きです。

働く自分への投資として、まとまったお金の調達をしたい時におすすめです。

イオン銀行レディースローン 公式サイト

プロミス

プロミス

最短1時間での融資もできるスピードが魅力

■商品名
「プロミスのレディースキャッシング」

■金利(年)
4.5~17.8%

■最大借入可能額
1万~500万円

→プロミスレディース 詳細はこちら

三井住友銀行グループのプロミスでは、初めてプロミスを利用する人向けの「レディースキャッシング」というプランを提供しています。

商品スペックは通常カードローンとほぼ同じですが、レディースローンも大手プロミスならではの早い融資を受けられるのがメリットです。

プロミスの審査回答は最速30分、平日14:50までにWeb申込・審査が完了すれば即日振込をしてもらえるので、急ぎでお金が必要な時にも助かります。

また、「瞬フリ」という振込サービスを利用すれば、土日祝も口座振込でお金を借りることができます。

「瞬フリ」とは

プロミスの「瞬フリ」とは、三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座を持っている人に最速10秒で振込融資を行うサービスです。

他の銀行の場合は、土日祝にプロミスの審査が完了しても銀行が土日祝休みなので、振込融資でお金を受け取るのは週末明けの朝になってしまいます。

しかし三井住友銀行とジャパンネット銀行なら、土日祝でも振込融資を受けることが可能です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座を持っている人は、振込融資がおすすめです。

プロミスでは初めて契約する人向けに30日間無利息サービスを提供していますが、レディースキャッシングの申込みでも無利息サービスが利用できます。

1ヶ月以内に完済すれば無利子でお金を借りられるので、給料日前の急ぎの資金調達にもプロミスはおすすめです。

プロミスレディース 公式サイト

アコム

アコム

楽天銀行の口座があると1時間以内の融資も可能

■商品名
「働く女性のカードローン」

■金利(年)
3.0~18.0%

■借入可能額
1万~800万円

→アコムレディースローン 詳細はこちら

三菱UFJ銀行グループのアコムのレディースローンは、商品内容自体は通常のカードローンと同じです。

主なメリットは、女性専用ダイヤルで電話があることと、初めてアコムを申し込む人向けの30日間無利息サービスがあることです。

審査スピードの早さも大手カードローンならではの早さで、スマホから申し込めば最短30分で審査が完了します。

平日14:00までに審査が完了すれば当日中の振込融資も可能ですが、楽天銀行の口座があれば土日祝含めて0:10~23:50の振込をしてもらえるのが大きな利点です。

楽天銀行ユーザーなら最短1時間以内の融資も可能になるので、急ぎの時にも便利です。

アコム 公式サイト

アイフル

アイフル

電話連絡なし、おしゃれなカードが魅力の少額カードローン

■商品名
「SuLaLi(スラリ)」

■金利(年)
18.0%

■借入可能額
1万~10万円

→SuLaLi(スラリ)詳細はこちら

アイフルのレディースローン「SuLaLi」は、最大利用額が10万円の「使いすぎない」ように設計されたカードローンです。

土日祝も振込による即日融資が可能なので、休みの日に急ぎでお金が必要になった時にもおすすめです。

また、SuLaLiは限定カードデザインを2種類から選ぶことができ、どちらもきれいな色使いの柔らかい印象です。

SuLaLiカードデザイン

一見ローンカードに見えない、デザイン性の高いカードが持てるのも魅力です。

また、アイフルのスラリは、電話連絡がないというメリットもあります。

申込み時に、顔写真付きの本人確認書類(運転免許証やパスポードなど)と、スマホで撮影した顔写真データを送ることで、全ての申込みをWeb完結できるようにしています。

仕事中に携帯に電話が入ったら困る、という人も安心して利用できます。

アイフルを初めて契約する人は30日間の無利息期間もサービスしてもらえます。

アイフルSuLaLi 公式サイト

専業主婦も申し込めるカードローン

主婦

次に、専業主婦も申し込めるカードローンを紹介します。

主要な女性専用レディースローンには専業主婦が申し込めるものがなかったので、通常のカードローンも含めて金利が低い金融機関をピックアップしました。

金利が低い順だと、イオン銀行>楽天銀行>ジャパンネット銀行>ベルーナノーティスです。

しかし、ベルーナノーティスとジャパンネット銀行は無利息期間があるという、他社にはないメリットがあるので、短期間で返済ができる場合はおすすめです。

専業主婦が申し込めて、かつ無利息サービスがある金融機関はほとんどありません。

また、イオン銀行とジャパンネット銀行は配偶者貸付を利用しなければなりませんが、楽天銀行は専業主婦が個人で申し込めるという点は、大きな違いです。

イオン銀行

イオン銀行

イオン銀行キャッシュカードでも借入れできる

■金利(年)
3.8~13.8%

■最大借入可能額
10万~800万円
※配偶者貸付の限度額は50万円

→イオン銀行の詳細はこちら

ここで説明するのは、働く女性向けのレディースローンで紹介した「輝く女性サポートローン」とは別の、通常カードローンです。

イオン銀行カードローンは、基本的には本人に収入がないと申し込むことができません。

しかし、イオン銀行では配偶者貸付が利用できるので、夫に安定した収入があれば申し込むことは可能です。

配偶者貸付でイオン銀行カードローンに申込む場合の限度額は、最大50万円です。どんなに配偶者の収入が多くても50万円以上は借り入れできません。

手続きもやや多くはなりますが、金利が低いので長期的に返済していきたい人におすすめです。

イオン銀行の口座を持っていなくても利用できますが、イオン銀行のキャッシュカードを持っていれば新たにローンカードを発行しなくても借り入れできます。

イオン銀行カードローン 詳細はこちら

楽天銀行

楽天銀行

配偶者貸付を使わなくても申し込める珍しい銀行

■金利(年)
1.9~14.5%

■借入可能額
1万~800万円
※専業主婦の限度額は50万円

→楽天銀行の詳細はこちら

ネット銀行大手「楽天銀行」のカードローンは、専業主婦も申込み可と明記しています。

専業主婦の場合は借入限度額は50万円までに制限されますが、配偶者貸付をしなくても申し込める手軽さは大きなメリットです。

配偶者貸付でしか借り入れができないイオン銀行と比べても、楽天銀行の方がやや金利が高いものの、大きな差はありません。

50万円以内の借入をしたい専業主婦の方にとっては、楽天銀行の方が申込みやすいと思います。

また、楽天銀行の口座を開設しなくても利用できるので、口座を増やしたくない人にもおすすめです。

楽天銀行の口座を持っていない場合は、ローンカードでのATMキャッシングや、他行口座への振込融資でお金を借りることになります。

もし楽天銀行の口座があれば、24時間365日の振込融資が受けられるのでさらに便利です。

楽天銀行カードローン 公式サイト

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

専業主婦でも初回は30日間の無利息サービスあり

■金利(年)
2.5~18.0%

■借入可能額
~1,000万円

→ジャパンネット銀行の詳細はこちら

ジャパンネット銀行は、三井住友銀行とYahoo!JAPANが共同設立した、国内初のネット銀行です。

ジャパンネット銀行のカードローンはネット融資に特化しており、借入方法は振込のみです。

もしジャパンネット銀行の口座を持っていなくても、Web完結のローン申し込みをするのと同時に口座開設もできます。

ジャパンネット銀行最大の魅力は、専業主婦も30日間無利息キャンペーンが利用できるという点です。

主要なカードローンの中で、専業主婦も申し込めて無利息期間もある金融機関はジャパンネット銀行だけです。

さらに、ジャパンネット銀行はイオン銀行や楽天銀行のように、専業主婦に対して特別な借入限度額も設定していません。

専業主婦の借入限度額も、通常申込やと同じ最大1,000万円までです。

しかし、気をつける必要があるのは、ジャパンネット銀行で専業主婦が申し込む場合は配偶者貸付になるという点です。

借入限度額は夫の収入によって決まり、勤務先への在籍確認電話は夫の勤務先に入ることになるので、事前に夫とよく相談することをおすすめします。

ジャパンネット銀行カードローン 公式サイト

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

何度でも無利息サービスが使える

■金利(年)
4.5~18.0%

■借入可能額
~500万円

→ベルーナノーティスの詳細はこちら

ベルーナノーティスとは、ファッションカタログ通販で有名なベルーナが運営するカードローンです。

そのため利用者は女性が多く、女性専用オペレーターのコールセンターを用意するなどの配慮を行っています。

一番のメリットは、14日間の無利息期間が初回だけでなく、2回目の借り入れ以降も利用できるという点です。

前回に無利息サービスを利用してから3ヶ月以降などの条件はあるものの、初回以外にも無利息期間が適用されるカードローンは珍しいです。

利用限度額は少なめなので、ちょっとした金欠になった時にカードローンを利用したいという人におすすめです。

また、銀行カードローンではないので、どの銀行口座でも引き落とし返済ができるという点も便利です。

メガバンクや地方銀行、信用金庫や労働金庫などの金融機関も返済口座に指定できるので、新たに口座開設をする必要がありません。

→ベルーナノーティス公式サイト

女性ならではのメリットが多いのはアイフル

SuLaLiイメージ

ここまで紹介した女性向けカードローンの中で、特にレディースローン独自のメリットが大きいのは、アイフルの「SuLaLi(スラリ)」です。

レディースローン利用者限定デザインのローンカードや、電話連絡なしという配慮をしているのは、SuLaLiだけです。

初めての契約者には30日間の無利息サービスもあるので、初めてカードローンを利用する人も安心です。

一方、スラリのデメリットは、利用限度額が10万円までなので大きな出費には使えないことです。

しかし、まとまった金額を借りたい時はレディースローンではなく、より低金利なフリーローンや目的別ローンの方がおすすめです。

アイフルのスラリは、働く女性が急な出費に備えるためのおしゃれなレディースローンと言えます。

アイフル「SuLaLi」の申込はこちら

よく読まれているカードローン関連記事

ページの先頭へ戻る