ネット銀行一覧

新生銀行

新生銀行

新生銀行は、ネットバンクとしての側面と、通常の店舗型銀行の2つの側面を持ち合わせています。

総合口座「PowerFlex(パワーフレックス)」を通じて、、一つの口座で預金から投資信託、ローンなど、幅広い運用が可能です。銀行番号(銀行コード)は0397。

また、ロボアドバイザーのTHEO+[テオプラス]新生銀行や、新規口座開設でのANAマイレージ獲得も評判です。

ANAとの提携でマイルが貯まる銀行へ

ポイントが貯まるカード

新生銀行は航空会社のANAと提携しており、ANAマイレージクラブ会員が使うとよりお得な銀行になります。

新生銀行と取引するほどANAマイレージがもらえるので、マイルを貯めたい人にとってメリットが大きいです。

具体的には、下記のようなシーンでANAマイルを貯めることができます。

・口座開設するだけで300マイル

・外貨預金50万円ごとに20マイル(最大2,000マイル)
新生銀行の外貨預金は24時間スマホ・パソコンで申込ができます。

また、外貨のまま使える海外プリペイドカードが提供されているので、外貨預金中のお金を、旅行の時に海外通貨として使うこともできます。

・住宅ローン契約で10,000マイル
少しハードルは高いですが、新生銀行で住宅ローンを契約するだけで1万マイルがもらえます。借入額1,000万円以上が対象です。

新生銀行住宅ローンはネットの口コミでも高い評価を得ており、低金利と手厚い保障で長期の住宅ローンを利用できます。

3つのステージによって優遇度合いが違う

会員ステージ

新生銀行の会員は、スタンダード、ゴールド、プラチナの3つのステージに分けれます。これを、新生ステップアッププログラムといいます。

ステージが上がるごとに金利や手数料など、あらゆるサービスにおいて優遇される仕組みです。

スタンダード
通常の会員は新生スタンダードになります。
ゴールド
総資産残高200万円以上、投資商品残高30万円以上、預金残高100万円以上、カードローン借入残高100万円以上のいずれかの条件を満たす方
プラチナ
総資産残高2000万円以上、投資商品残高300万円以上、パワースマート住宅ローンの利用のいずれかの条件を満たす方

主な特徴

預金金利は低め

預金金利は、3つのステージと、預金残高によって決定されます。

プラチナ会員かつ1,000万円以上の預金があれば、メガバンクの約2倍の利息がつきますが、スタンダード会員で100万円以下の預金残高だった場合、メガバンクの普通預金利息の1/2となってしまい、当然ながらネット銀行の中では最も低い金利となってしまいます。

▶パワーフレックス円普通預金

新生ゴールド 新生プラチナ
100万円未満 0.001% 0.001% 0.001%
100万円以上 0.001% 0.001% 0.002%
300万円以上 0.001% 0.001% 0.002%
1,000万円以上 0.002% 0.002% 0.003%

2018/05/01 更新)

定期預金は、通常の定期と大口定期に分けられます。
大口定期になると、メガバンクよりも高い金利になりますが、通常の定期預金の場合はメガバンクと変わりません。最長は5年定期となります。

期間 新生ゴールド
(500万円以上)
新生プラチナ
(500万円以上)
1ヶ月 0.010% 0.010% 0.010%
3ヶ月 0.010% 0.010% 0.010%
6ヶ月 0.010% 0.010% 0.010%
1年 0.010% 0.015% 0.020%
2年 0.010% 0.020% 0.020%
3年 0.010% 0.020% 0.020%
4年 0.010% 0.020% 0.020%
5年 0.010% 0.020% 0.020%

2018/05/01 更新)

最新の預金金利はこちらをご覧ください。

利用可能なATM

ATM

入金にも対応している提携ATMは7つあります。

  • 新生銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM
  • パッとサッと

その他、利用できるATMは「すべての都市銀行・信託銀行、あおぞら銀行、かながわ信用金庫、商工中金、VIEW ALLTE (ビューアルッテ)」となっており、これらのATMでは入金はできませんが、出金と残高照会が可能です。

逆に、地方銀行のATMでは、キャッシュカード自体が使えません。

選べる32種類のキャッシュカード

キャッシュカード

新生銀行のキャッシュカードはシンプルな券面ですが、カラーバリエーションが豊富で、32種類の中から好きなものを選択できます。

キャッシュカードのカラーを変更したい場合は、再発行手数料として1,000円を支払えば、カードのカラー変更も可能です。

新生ステップアッププログラムを上げるのがカギ

新生銀行

新生銀行はあまり目立たない存在ですが、ネット銀行に負けない優れたサービスを提供しています。

新生銀行同士の振込手数料は無料ですが、他行あて振込手数料も毎月1回は無料です。

ハードルは高いものの、会員ステージの最上位となる「新生プラチナ」になると、他行あて振込手数料は毎月10回まで無料となります。

また、実店舗を持たないネット銀行とは違い、新生銀行は実店舗が存在します。いざという時は窓口に出向いて相談や手続きができるのも、新生銀行のメリットです。

ページの先頭へ戻る