あおぞら銀行BANKアプリだけの機能「The Savings」 自動積立機能で貯金体質になる

あおぞら銀行BANK支店 The Savings

あおぞら銀行BANK支店アプリの「The Savings」という機能は、貯蓄したい人にとって強い味方になります。

あおぞら銀行BANK支店といえば、普通預金金利が年0.2%という好金利で有名です。しかし、実はアプリの完成度が高いという隠れたメリットもあります。

「The Savings」とは、目標に向かってお金を自動積み立てできる、BANKアプリ限定サービスです。

定期預金以上の金利で普通預金を運用できる、あおぞら銀行BANK支店だからこそ、利用する価値のあるサービスです。

あおぞら銀行BANK支店を検討中の人だけでなく、口座開設したもののThe Savingsは使っていない人にも、参考になれば幸いです。

最大20個の積立目標を管理

The Savingsとは、積み立て目標ごとに普通預金から独立して積立貯蓄するサービスです。

The Savingsで積立中のお金は、普通預金とは別管理となり、キャッシュカードでは引き出せません。残高があるとお金を使ってしまう人も、貯金を切り崩さずにすみます。

BANKアプリトップでは、以下のように「残高合計」の内訳として、普通預金とThe Savingsの残高を分けて表示します。

あおぞら銀行BANKアプリトップ

上記は、あおぞら銀行BANK支店に8万500円を預けているうち、2万円をThe Savingsに貯金している状況です。

キャッシュカードで引き出せるのは、普通預金残高の6万500円のみです。

端数の500円は、BANK支店の口座開設キャンペーン(2020年3月まで)でプレゼントしてもらいました。

→口座開設キャンペーンを確認する場合はこちら

The Savingsで設定できる貯金目標は、最大20個です。複数の貯金を同時に進められます。

例:「欲しいバッグを買う」のような短期的な目標と、「結婚資金を貯める」といった中長期的な目標を、同時並行する。

目標ごとにタイトルや画像を自由に設定でき、積み立てルール設定もそれぞれカスタマイズできます。

貯金目標とタイトルは、必ず設定する必要があります。貯金目標が漠然としている人にとっては、何のために貯金をするか考え直す機会になるかもしれません。

目標一覧は、リスト表示とバナー表示を選べます。表示切り替えも簡単に行えます。

▼The Savings リスト型目標一覧
The Savings目標一覧

▼The Savings バナー型目標一覧
The Savings

貯金目標が多い人は、リスト表示が見やすいと思います。貯金目標が1~2個なら、バナー表示がおすすめです。

目標を達成したあとは、積み立ての継続普通預金口座への振替、どちらかを選びます。

積み立てを続けたい場合は、目標額を引き上げればOKです。当初の予定より多くの貯金が必要になっていれば、そのまま継続すると管理しやすいです。

普通預金口座にお金を戻すなら、目標の詳細ページから「普通預金口座へ振替える」というボタンを押せば、すぐに戻せます。

▼The Savings 目標達成後画面
The Savings 積立達成

目標達成前にも、普通預金への振替は可能です。どうしてもお金が必要なときは、普通預金に積立金を戻せば、キャッシュカードで引き出せるようになります。

The Savingsで選べる積み立てルール

The Savingsの貯金目標を設定する際は、自分に合う積み立てルールを決めます。

以下3つの積立方法を活用して、お金を貯めていきます。

■あおぞら銀行BANKアプリ The Savingsの積立方法

  1. 毎月の積み立て額を設定
  2. Visaデビットの利用代金のうち、一定の割合を自動貯金
  3. 手動積み立て

実際の目標設定画面はこちらです。毎月5,000円ずつ積み立て、Visaデビット決済するたびに同じ金額を貯蓄する設定にしてみました。

The Savings設定画面

毎月の積み立て額を設定

積み木とカレンダー

基本の積み立てルールは、毎月決まった金額を積み立てる方法です。1,000円単位、最大100万円まで積立金額を決められます。

積み立て日は、初期設定では毎月10日となっています。月1回まで、以下のなかから好きな積み立て日に変更可能です。

■あおぞら銀行BANKアプリ The Savingsの定額積立日

  • 毎月10日
  • 毎月15日
  • 毎月20日
  • 毎月25日

あおぞら銀行を給与振込口座に指定している人は、給料日直後に近い日程を選ぶのをおすすめします。給料日が25日なら、10日設定のままでよいと思います。

給与振込口座が別の銀行なら、定額自動送金などで資金移動の設定ができると楽です。

Visaデビット決済ごとに自動貯金

あおぞら銀行BANK支店キャッシュカード

あおぞら銀行BANK支店で口座開設すると、キャッシュカードにVisaデビット機能が無料で付帯します。このデビット決済を利用した、The Savings独自の積み立てルールが「デビット積立比率」です。

あおぞら銀行Visaデビットで決済した利用代金に対して、0~500%の金額を積み立てに回すよう設定できます。お金を使ったらお金を貯める、という仕組みです。

■デビット積立比率50%の場合
1,000円のVisaデビット決済をすると、500円を積み立てる

■デビット積立比率10%の場合
1,000円のVisaデビット決済をすると、1,000円を積み立てる

■デビット積立比率300%の場合
1,000円のVisaデビット決済をすると、3,000円を積み立てる

デビット積立比率を設定すると、デビットカードで買い物をするたびに、お金が自動的に貯まっていきます。

「気づいたら思った以上にお金が貯まっていた」というワクワク感を体験できるので、10%や50%くらいから始めてみてもよいと思います。

あおぞら銀行のVisaデビットは、利用代金の0.25~1.0%がキャッシュバックとなるので、買い物をするだけでも現金よりお得です。実質0.25~1.0%引きで買い物ができ、Visa決済するたびにお金も貯められます。

※デビットカードは15歳以上からしか利用できないサービスです。また、あおぞら銀行BANK支店は15歳以上しか口座開設できません。そのため、全口座開設者がVisaデビットを利用できる仕組みです。

デビット積み立てを利用しないなら、比率を「0%」に設定すればOKです。

手動積み立て

財布を持つ男性

お金に余裕がある月は、毎月の積み立てだけでなく、手動での積み立てもできます。ボーナスなどの臨時収入も貯金に回せます。

手動積み立てしたい目標を選び、金額を入力すれば、普通預金口座から即時振替となります。

The Savings 手動積み立て

積み立て中も年0.2%の好金利

女性

積み立て目標を立てて貯金するアプリは、ほかにもあります。それでもThe Savingsをおすすめする理由は、あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利で貯金できるからです。

あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利が年0.2%という水準は、突出しています。定期預金の相場も上回る好金利です。

メガバンクやゆうちょ銀行のほぼゼロ金利が続くなか、これだけの預金金利で貯蓄できるのは、あおぞら銀行BANK支店だけです。

年0.2%でもらえる利息をシミュレーション

ネット銀行の定期預金金利は、年0.05%程度が相場です。

あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利年0.2%と、受け取り利息がどれくらい差がつくかシミュレーションしてみました。すべて複利計算です。

■100万円を1年間預ける場合の利息
年0.05%:500円
年0.2%:2,000円

■100万円を5年間預ける場合の利息
年0.05%:2,503円
年0.2%:10,040円

■100万円を10年間預ける場合の利息
年0.05%:5,012円
年0.2%:20,180円

The Savingsの貯金は、あくまで普通預金という点もポイントです。今まで貯金の定番だった、定期預金の「途中で引き出すと金利が下がる」というデメリットをカバーできます。

定期預金は、満期を待たずに解約すると、中途解約利率という低い金利が適用となります。

満期になっても預け続ける「元利金継続方式」を選んでいると、満期にお金を引き出し忘れてしまう可能性もあります。

実際、私も1年定期の運用中に満期時の解約手続きをしそびれ、もう1年運用が始まってしまった経験があります。

普通預金なら、いつ引き出しても金利は一律です。あおぞら銀行BANKアプリのThe Savingsも、いつ普通預金口座へ振り替えても年0.2%の金利です。

あおぞら銀行BANK支店の口座開設はこちら(公式サイト)

積み立て貯金をしたい人へ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。(Twitterアカウントはこちら

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年3月4日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る