定期預金

私がイオン銀行の定期預金の金利に満足しないたった1つのワケ

定期預金

銀行預金をより効率的に運用する方法として、最も代表的なのは定期預金です。ネット銀行は総じて大手銀行よりも定期預金の利率が高いです。

イオン銀行も例外ではなく、ネット銀行ならではの利率で定期預金を提供しています。しかし、私はイオン銀行の定期預金金利に満足していません。もし、イオン銀行で定期預金を考えているなら、正直言うとあまりオススメできません。。。(特に3年以内の定期預金の場合)

なぜ、私がイオン銀行の定期預金をすすめないのか、それには理由があります。

3年以上の定期預金には強い

イオン銀行の店舗

イオン銀行は、3年以上の長期の定期預金には強みを持っています。他のネット銀行と比較しても、3年・4年・5年ものの定期預金なら、イオン銀行を選ぶメリットは大きいです。

特にイオン銀行では、

  • スーパー定期(300万円未満)
  • スーパー定期300(300万円以上)
  • 大口定期(3,000万円未満)
  • 大口定期(3,000万円以上)

と、4段階に利率が分かれています。
小口の方から大口の方まで、幅広い層に高い金利を提供しているのが、イオン銀行の特徴です。

しかし、3年以下の短期定期預金には力を入れていません。特に人気が高い、1年ものや3ヶ月もののような短期の定期では、他のネット銀行よりも利率は劣ります

イオンカードセレクトの優遇金利がすごい

イオンカードセレクト

それに対して、イオンカードセレクトの会員限定で「普通金利の優遇」特典が受けられます。実は、この特典がとてつもない破壊力を秘めています。

イオンカードセレクト優待とは、「イオン銀行の普通預金金利が0.1%になる」サービスです。

実は、普通預金金利0.1%というのは、ネット銀行No.1であり、そこらの定期預金よりも利率がいいんです。もちろん、イオン銀行の3年未満の定期預金よりも、こちらの方が金利が高いという矛盾が生じています。

  • 高金利:イオンカードセレクト優待の普通預金金利優遇
  • 低金利:3年未満の定期預金金利

定期預金は、基本的に解約することができません。それに対して、普通預金は日常的にいつでもATMから出金できます。本来なら、このような理由から、定期預金の方が金利が高く、普通預金の金利は低いのが普通です。

しかし、イオンカードセレクトの優待では、定期預金金利を上回るほどの普通預金金利の優待が受けられます。

今月の金利を比較

  • 普通預金(イオンカードセレクト優遇金利):0.100%
  • 1年定期:0.050%
  • 3年定期:0.100%
  • 5年定期:0.100%

※定期預金金利はスーパー定期(300万円未満)の金利

ちなみに、イオンカードセレクトは無料で作れますので、リスクやデメリットはありません。

また、イオンカードセレクト会員の優遇金利はあくまでも「普通預金の優遇」なので、

  • いつでも自由に引き出せる(中途解約のペナルティなし)
  • 特別な申し込み手続きは不要(口座にお金を入金するだけ)

というメリットがあります。
定期預金のように申し込みをしなくても、口座にお金を入れるだけで優遇金利で運用でき、お金が必要になった場合はいつでも自由に解約(出金)できるという気軽さはありがたいです。

イオンカードセレクト 公式サイトはこちら

イオンカードセレクトって何?

イオンカードセレクトは、1枚4役のクレジット機能付きキャッシュカードです。クレジット機能が付いていますが、年会費無料なのでクレジット機能を使う必要はありません。イオン銀行の普通のキャッシュカードとして使えます。

■1枚4役のイオンカードセレクト

  • イオン銀行のキャッシュカード
  • 年会費無料のクレジットカード
  • イオングループの優待カード
  • 電子マネーWAONカード

イオンカードの新規会員のうち、約半数の人が「イオンカードセレクト」を選んでおり、イオンカードとイオン銀行の口座を同時に作る人が増えています。

また、イオンでは現在この「イオンカードセレクト」の発行に力を入れており、イオンカードセレクトの会員向けに優待特典をどんどん追加しています

例えば、通常のイオンカード(無料)では、電子マネーWAONチャージの際にポイントは付きません。

しかし、イオン銀行キャッシュカードとクレジットカードの一体型となる「イオンカードセレクト」であれば、電子マネーWAONチャージの時にクレジットカードのポイントが付きます。

もちろん、チャージした電子マネーWAONを使う時にもポイント貯まりますので、「WAONチャージ時、WAON利用時」のポイント2重取りができるメリットがあります。

これは、イオンカードセレクトだけの特典です。

切り替えも可能です

現在、通常のイオンカードを持っている方でも、無料でイオンカードセレクトへの切り替えができます。

イオンカードの他の券種を使っている場合、切り替えができないことがありますが、その場合は新規会員としてイオンカードセレクトに入会できます。

カード発行で得られる特典

イオンカードセレクト会員の限定特典は以下のとおりです。

  • イオン銀行普通預金の金利を優遇(0.1%の金利に)
  • 公共料金の支払いに使うと毎月5ポイント
  • イオン銀行を給与口座にすると毎月10ポイント
  • 他行振込手数料が毎月1回無料(実質)

ポイントはすべてWAONポイントで受け取ります。
また、他行振込手数料は毎月1回だけ、200円+税と同じ額のWAONを受け取れることで、実質1回分が無料となります。

まとめ

お得

イオン銀行の定期預金を考える前に知っておきたいことは3つです。

  • 3年以上の定期預金はおすすめ
  • 3年未満の定期預金は利率が低い
  • イオンカードセレクト会員で普通預金優待が高金利

イオンカードセレクトは年会費無料なので、発行にあたってデメリットはありません。クレジットカードを使う方なら、1枚4役でおサイフがスッキリします。クレジットカードを使わない場合は、ただのイオン銀行キャッシュカードとして使えば問題ありません。

それだけで、普通預金金利が3年未満の定期預金を上回る利率で運用できるようになります。実はこの優遇金利は、ネット銀行の中でも1番高いのですが、あまり多くの方に知られていないのが残念です。