ローン

初心者向け◎カードローン、キャッシング、リボ払いの違い 利息が安いのは?

カードローン、キャッシング、リボ払いは、いずれも急な出費や金欠時に現金を調達できる便利なサービスです。

しかし、どれが一番利息が少ないかなど、具体的な違いはわかりにくいです。

結論から言うと、おすすめのサービスはカードローン>キャッシング>リボ払いの順です。

その理由と、使い分けた方がいいケースを初心者向けに解説します。

読み切るまで5分ちょっと時間が掛かりますが、まずは借入れや返済の違いを知りたいというビギナー向け記事です。

カードローン・キャッシング・リボ払いのわかりにくい違い

スマホを操作する女性

最初に、カードローン・キャッシング・リボ払いの違いをざっくり見ていきます。

後ほど詳しい説明をするので、この時点では何となくイメージを持つだけでOKです。

というのも現在、この3つの借入れ方法は違いが少なくなっており、利用者がわかりづらいと感じるのも無理はないからです。

まず、カードローン・キャッシング・リボ払いの借入方法・返済方法の違いは下記のとおりです。

種類 借入方法 返済方法
カードローン ローン専用カード
(カードレス、銀行キャッシュカードを利用できる場合もあり)
毎月返済
キャッシング クレジットカード 基本は翌月に一括返済
毎月返済も可能)
リボ払い クレジットカード 毎月返済

この表を見ると、どれも専用カードがなくても借入れできて、返済も毎月返済が可能です。

たとえば、銀行カードローンならキャッシュカードでカードローンを組める業者も増え、「ローンカードが見つかって、借金がバレたらどうしよう…」と悩むこともなくなりつつあります。

では、カードローン・キャッシング・リボ払いにはどんな違いがあるか、もう少し具体的に見ていきます。

カードローン-最も低金利

ATM

■カードローンのメリット
利息が比較的少ない(特に銀行のカードローン)

■カードローンのデメリット
借入時に審査が必要(銀行はやや厳しめ)

カードローンは住宅ローンなどと同じように、まとまった額を借入れて月々返済していくというスタイルが基本です。

お金に余裕がある時に、ATMやネットバンキングから繰上返済をすることで、さらに利息を少なく抑えることもできます。

カードローンは銀行や消費者金融で借り入れることができますが、より低金利なのは銀行カードローンです。

大きな金額を借り入れる際は、数%の金利差で返済額もかなり変わってくるので、まず銀行カードローンを検討するのがおすすめです。

ただし、銀行カードローンは消費者金融に比べて利息が少ない分、審査はやや厳しめで時間が掛かる場合もあります。

それでも早ければ即日、遅くとも数日で結果が出ることがほとんどですが、今日~明日中の借り入れが必要!という時は消費者金融やキャッシングの方ががスムーズかもしれません。

キャッシング-急ぎの借入もOK

クレジットカード

■キャッシングのメリット
キャッシング枠以内ならスピーディーに借り入れができる

■キャッシングのデメリット
ほとんどのキャッシング枠は10~20万円ほどで、大きな借り入れができない

キャッシングは、毎月のクレジットカード利用限度額内で支払を先送りする、とイメージするとわかりやすいです。

なので従来は、毎月のクレカ利用代金+キャッシング利用額を一括で翌月に支払う、という返済がスタンダードでした。

※現在も「基本は一括返済」というカードは多く、月々返済をしたい場合は手続きが必要になることもあります。

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠があり、キャッシング枠に収まる金額であれば、スピーディーに借り入れができる点が大きなメリットです。

クレジットカードを契約する際の審査でキャッシング枠の審査も完了している、というイメージなので、キャッシングからの入金もスムーズです。

しかし、ほとんどのキャッシング枠はカードローンの利用限度額より少ないです。

一般的な年収の人なら10~20万円ほどしかつかないので、大きな金額を借りたい場合は不向きです。

リボ払い-毎月定額でクレカ支払い

積み木

■リボ払いのメリット
毎月のクレカ支払額がほぼ同じになるので、無理なく返済ができる

■リボ払いのデメリット
長期的な返済になりやすく、毎月の返済額以上に支払う月が続くと返済が終わらない

リボ払い(リボルビング払い)は、クレジットカードのショッピング枠での支払を毎月ほぼ定額で行います。

※ほぼ定額、というのは、リボ払いで支払う月々の金額には利息がプラスされるので、残高に応じて変動する利息分が少し変わるからです。

たとえば、毎月2万円のリボ払いを設定していれば、月に5万円をクレカ払いしても支払額は2万円+利息になります。

毎月の支払額が固定なので、月々の支払計画が立てやすいのがメリットです。

最近では、クレジットカードの支払額を確認して「今月は返済が厳しい」と感じたら、後からリボ払いに変更できるクレカも増えています。

しかしリボ払いを使いすぎると、いわゆるリボ払い地獄に陥ってしまうので注意です。

毎月の返済額以上(上記の例でいうと2万円以上)の支払を続けていると、いつまで経っても返済できないという恐ろしいデメリットがあります(詳しくは後述)。

注意:カードローン・キャッシングにも「リボ返済」がある

リボ払いというと、クレジットカードのリボ払いが代表的ですが、カードローンやキャッシングの返済方法としても利用されています。

最も多いのは、残高スライドリボルビング方式という返済方法です。

毎月、一定額を返済するという仕組み自体は同じです。

利息を比べる:単純比較では差が出にくいが…

天秤

実際に、カードローン・キャッシング・リボ払いでどれくらいの利息差が出るか、返済シミュレーションをしてみました。

ここでは一例として、楽天銀行10万円を借入れて5ヶ月で返済した場合を比べます。

まず、楽天銀行のカードローン・キャッシング・リボ払いの金利は下記のとおりです。

■楽天銀行の各種金利(年率)

  • カードローン:1.9~14.5%
  • キャッシング:18.0%
  • リボ払い:15.0%

カードローンの金利は、大きな借り入れをすると低くなりますが、楽天銀行は100万円未満の少額借入れだと年14.5%となります。

そうなると「カードローンが年14.5%、リボ払いが年15.0%なら、そこまで変わらないのでは?」と感じるかもしれません。

確かに、10万円を5ヶ月で返済する、という単純な比較では、大きな差は出ません。

ためしに最終支払額を比較してみると、下記のようになります。

■楽天銀行で10万円を5ヶ月で完済した場合の利息比較

比較 最終支払額
カードローン 103,652円
キャッシング 104,435円
リボ払い 103,750円

確かにこう見ると、そこまで大きな差がなく見えます。

支払スケジュールなどは、下記の通りになります。

しかし、要注意なのはリボ払いです。

リボ払いで借金苦になる理由

借金苦イメージ

クレジットカードのリボ払いが危険だとよく言われるのは、金利の高さだけが理由ではありません。

冒頭でも少し触れた通り、毎月の支払額を上回る額を使い続けると、一生返済が終わらないという恐ろしさがあるからです。

たとえば、毎月2万円のリボ払いに設定している人が、毎月4万円のカード払いを使ったとします。

楽天銀行と同じ利息15%で計算すると、下記のようになります。

■リボ払い額2万円で、毎月4万円を支払うシミュレーション

期間 前月残高 支払額 翌月に繰越す額
1ヶ月目 40,000円 20,500円 20,000円
2ヶ月目 60,000円 20,750円 40,000円
3ヶ月目 80,000円 21,000円 60,000円
4ヶ月目 100,000円 21,250円 80,000円

※月々のリボ払い額=月々の支払額(2万円)+前月残高×年率(15%)÷12ヶ月

このように、毎月2万円ずつをリボ払いしても、毎月4万円も使ってしまうと残高が2万円ずつ増え続けます。

しかし、毎月の返済額は少しずつしか増えないため、借金が膨らんでいっている実感が沸きにくいです。

これがリボ払いの怖さです。

どこかで繰上げ返済をしないと、一生完済できないという悪循環に陥ってしまいます。

ちなみに人によっては、支払い方法がリボ払いになっていることに気付かずクレジットカードを利用している人もいます。

初期設定がリボ払いだった、リボ払いに1ヶ月だけ変更したつもりがずっとリボ払いだった…など、原因はさまざまです。

不安な方は、一度確認してみても良いかも知れません。

カードローンが一番おすすめ

カードを持つ女性

リボ払いには上記のようにリスクがあるので、心配な人はカードローンかキャッシングを利用した方が安心です。

カードローンとキャッシングで比べるとカードローン、特に銀行カードローンがおすすめです。

理由は単純で、キャッシングより金利が低いからです。

冒頭でも触れた通り、今までは一括返済が基本だったキャッシングも、カードローンのように毎月返済ができるようになっています。

つまり、返済方法がカードローンとほぼ同じであれば、利息の負担が少ないカードローンの方が良いです。

参考までに、主要なメガバンクとネット銀行のカードローン・キャッシング金利を比較してみます。

■銀行のカードローン・キャッシング金利比較

銀行 カードローン年利 キャッシング年利
三菱UFJ銀行 1.8~14.6% 14.95~17.95%
三井住友銀行 4.0~14.5% 3.5~18.0%
みずほ銀行 2.0~14.0% 3.5~18.0%
楽天銀行 1.9~14.5% 18.0%
イオン銀行 3.8~13.8% 7.8~18.0%
セブン銀行 14.0~15.0% 15.0~18.0%
ソニー銀行 2.5~13.8% 3.5~18.0%

※みずほ銀行は、住宅ローンを利用するとカードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

基本的には数万~数十万円くらいの借入れだと、上記の最大金利(三菱UFJ銀行ならカードローン14.6%、キャッシング17.95%)が適用になります。

結婚式のご祝儀や携帯代の支払など、数万円の借入れであればスピーディーなキャッシングを利用しても良いと思います。

しかし、10万円を超える借入れの場合はカードローンを優先して検討することをおすすめします。

繰上返済と残高確認がポイント

積み木とカレンダー

カードローン、キャッシング、リボ払いに共通の、なるべく少ない負担で借入れ+返済をするコツは下記2点です。

■借り入れの返済負担を減らすためのポイント

  • 繰上返済を活用する
  • 毎月かならず借入れ残高を確認

まず、私が一番重要だと考えているのは、繰上返済を積極的に行うことです。

ローンの利息は日割り計算なので、1日でも早く返済をした方が最終支払額が少なく済みます。

毎月返済をしている場合でも、お金に余裕がある時はどんどん繰上返済にあてることが望ましいです。

いずれもATMネットバンキング(銀行の専用マイページから入金などができるサービス)などから繰上返済が可能です。

そして、毎月の借入残高を確認することも非常に重要です。

残高を見るクセをつけると、「あと何円だから、繰上返済で来月に完済しよう」「来月は出費が多いから、返済額をちゃんと確保しなきゃ」など、返済スケジュールを想像しやすく、計画的な返済に近づきます。

リボ払いも、早い段階で使いすぎに気付くことができれば対処ができます。

銀行によっては、マイページのリボ払い金額の確認ページがわかりにくい場合もあるので、よくわからなかった場合は問い合わせたり、銀行に相談に行くのが良いと思います。

それくらい、自分が今、どれくらいの借金をしているのかを理解することは重要です。

次は、カードローンが返済できない場合の救済措置 債務整理以外の方法は?です。

カードローン関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る