金利・手数料比較

3万円以下の振込手数料が安いネット銀行ランキング

振込手数料ランキング

大手都銀と比較して、ネット銀行は金利が高く振込手数料は安い傾向にあります。インターネット上での取引を主体としているため、店舗を構える必要がなく、人件費が安く済むからです。

銀行によっては、「毎月一定回数に限り振込手数料を無料」としているところもあります。振込手数料はできるだけ払いたくないお金です。

そこで今回は、少しでもお得に利用できる3万円以下の振込手数料が安いネット銀行をランキング形式でまとめました。

振込手数料が安いネット銀行

多くの場合、振込金額は3万円以下だと思うので、「3万円以下」としました。
また、今回は同じ銀行同士ではなく「他行あて」の振込手数料を比較しています。

1位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

口座開設はこちら(無料)

■154円(税込)

日経新聞などでも顧客満足度が高いネット銀行として知られる「住信SBIネット銀行」の他行あて振込手数料は154円です。

しかも、月1回~15回までは無料となっています。銀行取引に応じてランクが設定され、ランクによって振込手数料の無料回数が変わります。

無料回数が終わってしまっても、1回あたり154円の振込手数料と格安なので、毎月の他行あて振込の回数が多い人にとってメリットが大きいネット銀行です。

ネット銀行なので、振込をする時は自宅のパソコンや携帯電話から可能です。
ATMにわざわざ出向く必要はありません。

2位:楽天銀行

楽天銀行

詳細はこちら

■165円(税込)

楽天銀行の他行あて振込手数料は165円です。
通常の場合は振込手数料無料回数が0回なので、1回目から165円が必要です。

しかし、楽天銀行を給与振込口座として使うと毎月3回の手数料無料回数が付与されます。

他行あての振込手数料が安い点は楽天銀行のメリットですが、楽天銀行はネット銀行の中で一番利用ユーザーが多いということも強みです。

振込相手が楽天銀行の口座を持っていることも多いので、ヤフオクなどでやりとりするときに、手数料が安く済みます。楽天銀行あての振込手数料は無料です。

3位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

詳細はこちら

■160円+税

ジャパンネット銀行は、ネットバンクの平均的なサービスを提供しているのが特徴で、すべてのサービスにおいて可もなく不可もなくという印象です。

振込手数料に無料回数は設定できません。他行あては3万円未満なら160円+税です。ジャパンネット銀行あては金額に限らず一律で54円(税込)です。

ジャパンネット銀行は、Yahoo!オークションとの連携が強いので、オークションの入金、振込口座として使っている人が多いです。

4位:じぶん銀行

じぶん銀行

詳細はこちら

■174円(税込)

ネット銀行中5番目に振込手数料の安い銀行ですが、ここまで来ると1位のSBIネット銀行との差額は20円になります。一度振り込む度に20円の差が付くのは結構大きいです。

ちなみに、じぶん銀行は三菱UFJグループとKDDI(au)との間で設立されたネット銀行なので、じぶん銀行あて、三菱東京UFJ銀行あては何度でも振込手数料が無料です。

また、じぶん銀行は預金額などのステージに応じて他行あて振込手数料が毎月0回~5回無料になります。

5位:ソニー銀行

ソニー銀行

詳細はこちら

■200円+税

ソニー銀行の他行あて振込手数料は1回あたり200円+税です。ここまで来ると、メガバンクや都市銀行との振込手数料の差はなくなります。

ただし、ソニー銀行には毎月1回だけ振込手数料無料回数が付与されるので、毎月0~1回程度しか振込をしない人にとっては、じぶん銀行やジャパンネット銀行を選ぶよりも安く利用できます。

まとめ

こうやって比較してみると大きな違いがありますね。

ちなみに、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のようなメガバンクは、3万円未満の振込手数料が200円+税です。無料回数は当然ありません。

1位の住信SBIネット銀行と比較すると、1回あたり約60円の差が付きます。住信SBIネット銀行では毎月、(ランク2の場合)振込手数料無料回数が3回付与されますので、仮に4回振込手続きを行った場合、メガバンクとの差は約700円になります

昔は銀行のATMや窓口に行って振込手続きを行う必要がありました。しかし、ネット銀行時代の現在は、残高照会も振込作業も24時間いつでも自宅のパソコンや携帯電話を使って行なえます。

そしてもちろん、手数料も安いのがネット銀行のメリットです。

振込手数料が格安 住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行