セブン銀行よりもセブンイレブンATMがお得に使える銀行

セブンイレブンATM

セブン銀行は、主にコンビニのセブンイレブンに設置されたATMを使って、入出金をおこなうネット銀行です。

全国各地にあるセブンイレブンの店舗数はとても多く、また24時間営業のため、いつでもどこでもお金の出し入れができる利便性が大きなメリットです。

しかし、セブンイレブンATMを使う機会が多い場合、本家となるセブン銀行よりも、もっとお得にATMが利用できるネット銀行があります。

ソニー銀行

セブン銀行のデメリット

セブン銀行

セブン銀行のデメリットは大きく2つ存在します。

1つめは、時間帯によってセブンイレブンATMの手数料が有料になることです。セブン銀行は、ATMを使って入金する場合は24時間365日いつでも無料で利用できるのですが、出金の場合は朝7時~夜7時の間だけが無料です。

それ以外の深夜~早朝にかけて、セブンイレブンATMで出金する場合は、ATM手数料が100円+税かかります。ちなみに、土・日・祝日など、曜日によって手数料が変わることはありません。

2つめのデメリットは、原則としてセブンイレブンでしか入出金ができないことです。セブンイレブンに設置されている「セブン銀行ATM」は、国内No.1の設置台数を誇っており、最近では駅前や量販店でも設置されているのを見かけます。

しかし、原則としてセブン銀行ATMが設置されているのは、コンビニのセブンイレブンだけです。一般の都市銀行のATMや、ローソン、ファミリーマートなど他のコンビニエンスストアのATMは一切使えません

セブンイレブンの店舗数が多いので、そこまで大きな問題ではありませんが、それでもローソンやファミマなどで入出金できないのは、デメリットと言えるでしょう。

セブンイレブンATMと相性がいいネット銀行

セブン銀行よりもセブンイレブンATMがお得に使えるネット銀行は、2つです。

ソニー銀行

ソニー銀行

セブンイレブンATMをよく使う人に最もおすすめしたいのは、「ソニー銀行」です。

ソニー銀行のメリットは、「入出金で使えるATMの数が圧倒的に多いこと」です。
利便性においては、ネット銀行No.1です。

ソニー銀行のキャッシュカードが使えるATMは、「セブンイレブンATM」、「E-net(ファミマやデイリーヤマザキなど)」、「ローソンATM」、「三井住友銀行ATM」、「三菱東京UFJ銀行」、「ゆうちょ銀行」、「イオン銀行ATM」の7種類のATMと、圧倒的な数を誇ります。

セブンイレブンだけでなく、ローソンやファミマなど、あらゆる場所のATMが利用できるのが、ソニー銀行の一番の魅力です。

しかも、ソニー銀行はどこで使ってもATM手数料は月4回まで無料です。(5回目以降は108円) 手数料がかかるのは出金時のみなので、入金は何度使っても完全無料です。

そして、セブンイレブンATMとイオン銀行ATMだけは何回使っても完全無料です。本家セブン銀行がATM手数料無料の時間指定があるのに対し、ソニー銀行の場合は、24時間365日、何度でもセブンイレブンATMが無料で使えます

そして前述したように、月4回までならローソンやファミリーマートのATMも無料で使えるのです。

新生銀行

新生銀行

次にセブンイレブンATMと相性がいいのは、「新生銀行」です。

新生銀行は、ATM手数料を完全に廃止している珍しい銀行です。もちろん、セブン銀行ATMも例外ではなく、一切の手数料を支払うことなく、入金・出金取引ができます。

すでに新生銀行は自社でATMを製造することをやめており、最近は新生銀行の店舗内にもセブン銀行ATMを置いているところが増えています。

新生銀行はその他にも、ローソンATM、ゆうちょ銀行、E-net(ファミマなどに設置)、イオン銀行、PatSat、そして「すべての都市銀行・信託銀行、あおぞら銀行、かながわ信用金庫、商工中金、VIEW ALLTE (ビューアルッテ)」といったATMも利用できます。

もちろん、曜日や時間帯に限らず上記すべてのATM手数料が0円となります。

個人的にイチオシしたいのが、新生銀行のTポイントプログラムです。E-net ATMで取引をするだけで、毎月最大20ポイントのTポイントがもらえます。

実は、ATM手数料が0円であるのを通り越して、ATMを使うほどポイント分がお得になる、面白い取り組みを行っています。

セブン銀行のメリット

では、セブン銀行に口座開設するメリットはないのか?というと、決してそんなことはありません。

セブン銀行のメリットとしては大きく2つあります。

セブン銀行を活用すると、セブン&アイホールディングスが展開している「nanacoポイント」が貯まるのが1つめのメリットです。

振込や口座振替、毎月の給与振込口座として利用することで、若干ではありますがnanacoポイントの還元を受けられます。

基本的に口座振替や給与振込口座などに利用する場合、特に手数料は必要がない場合が多いです。nanacoポイントの付与を考えると、預金金利の実質利回りは非常に高くなります

2つめのメリットは、普通預金金利が高いことです。
ネット銀行No.1とまではいかないのですが、昔からセブン銀行はネットバンクの全体平均よりも、普通預金金利をかなり高めに設定しています。

低金利時代でほとんど利息はつきませんが、それでも大手都市銀行と比較すると約2.5倍の利息が付くので、利用メリットは大きいです。

詳細についてはこちらをごらんください。
今年一番お得な銀行は?ネット銀行の普通預金金利を比較

ソニー銀行