Q&A

コツコツ運用!ソニー銀行が積立預金に強いのは本当か?

積立預金

みなさんは受け取った給料をどのように管理していますか?

お金の使い道は、貯める、使う、増やすの3つに分類でき、この3つをバランスよく管理するのが理想です。

  • 貯める → 貯金
  • 使う → 消費
  • 増やす → 投資

一般的に、日本人は「貯蓄」と「消費」を好む傾向があると言われており、上記のうち「増やす」にあたる投資には消極的な人が多いです(例:「投資信託でお金を増やすより、定期預金で確実にお金を蓄えたい」)。

そんな貯金をしたい人から高い評価を受けているのが、ソニー銀行です。

ソニー銀行は「積立預金」に力を入れており、毎月コツコツと貯蓄することができます。

元本保証の積立預金から、元本割れのリスクはあるものの高金利な積立預金まであるので、それぞれのメリット・デメリットを知った上で活用することをおすすめします。

しかし、いずれも500円~1,000円という少額から始められるので、リスクがある積立預金が初めての方もチャレンジしやすいです。

ソニー銀行の金利・手数料はこちら

ソニー銀行の3つの積立預金

積立

ソニー銀行が取り扱う3つの積立商品を、リスクが小さい順にまとめると下記の通りになります。

■ソニー銀行 3つの積立預金(リスクが小さい順)

  • 積み立て定期預金
  • 外貨積み立て
  • 投資信託積み立てプラン

積み立て定期預金は元本保証なので、預け入れたお金が減ることはありません。

外貨積み立て・投資信託積み立てプランは元本割れのリスクがあるものの、定期預金を大きく上回る金利で運用することが可能です。

好みの方法、もしくはバランスよく複数の積立預金を活用すれば、効率的に貯蓄ができます。

3つの積み立て預金について、詳しく見ていきます。

積み立て定期預金

積み立て定期預金

積み立て定期預金は、毎月一定額を円預金の口座から定期預金に自動的に移動してくれるサービスです。

ソニー銀行では毎月1,000円から積み立て定期預金が利用でき、運用期間は1年、2年、3年から選べます。

中途解約手数料などは取られませんが、定期預金の満期を迎える前に中途解約すると、利率が少し下がってしまいます。

例えば、お子様の将来の入学費用などを見据えて、毎月コツコツと積み立てをしておけば、普通預金よりも高い金利で運用でき、家計への負担も最小限に抑えられます。

毎月家計に打撃を与えない程度の金額をコツコツ定期に移せることが、積み立て定期の最大のメリットです。また、定期預金は預金保護の対象なので、普通預金と合算して1,000万円までは元本保証です。

おまかせ入金サービスに注目

ソニー銀行の「おまかせ入金サービス」は、毎月一定金額を別の金融機関から自動的にソニー銀行の口座に移動できるサービスです。

例えば、「メインバンクや給与振込口座に別の銀行を使っている」。

といった方でも、ソニー銀行の定期預金や住宅ローンを手軽に利用できるのが「おまかせ入金サービス」のメリットです。

入金時にかかる手数料は0円(ソニー銀行負担)なので、メインバンクや給与口座が別にあっても、このサービスを活用してソニー銀行での積立預金ができます。

積立定期預金でどれくらいお金が貯められるかは、下記の積立シミュレーターでも試算できます。

ソニー銀行の最新の金利をチェックした上で、毎月貯金に回せる額で計算をしてみてください。

積立シミュレーター

毎月の積立額万円

利回り(年率)%

積立期間

ヶ月間

計算結果(グラフ)

計算結果(表)

外貨積み立て

外貨預金

ソニー銀行が最も力を入れており、個人的にもおすすめしたいのが「外貨積み立て」です。

外貨預金の積み立てサービスは、海外の通貨に替えて運用することで円預金よりも高金利でお金を増やせます

ソニー銀行の外貨積み立てのメリットは、たった500円から12種類の通貨に外貨預金できることです。

ソニー銀行の外貨積立がすごい5つの理由
500円から外貨積立ができる
ワンコインで積立ができるのはソニー銀行だけです。
子供に「コツコツ貯金」の大切さと「外国為替」の知識を学んでもらうのにも、ちょうど良いサービスだと思います。
「毎日、毎週、毎月」と積立のタイミングが選べる
毎週500円、毎月1万円など、積立金額とタイミングを自由に選べるので柔軟に貯蓄計画が立てられます。
購入上限レートが設定できる
「1ドル103円を超えたら購入を中止する」など、自分で購入の上限となる為替レートが設定できます。いわゆる高値づかみの防止に役立ちます。
取り扱い通貨は12種類
ネット銀行業界でも最多となる12種類の通貨を取り扱っています。
定番の米ドルやユーロから、ブラジルレアル、南アフリカランドといった少しマイナーな通貨も運用できます。
外貨のまま使うことも可能
貯めた外貨をそのまま使えます。外貨預金したお金をそのまま外貨送金するのはもちろん、海外旅行で現地通貨としても使えます。

ただし、外貨預金は外国為替相場の変動によるリスクが発生します

円安になれば金利以上に儲かりますが、逆に円高になると損失となり、最悪の場合元本割れとなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

当サイト「ネット銀行100の活用術」が特におすすめしたいのは、ドルコスト平均法を使った外貨積み立てです。

ドルコスト平均法は、毎月一定額をコツコツと積み立てる方法です。この方法であれば、為替変動が円高・円安になっても高値づかみをせずに平均的なレートで外貨預金ができます。

ドルコスト平均法

もっとも、ソニー銀行では外貨をそのまま使えるサービスがあるので、万が一円高になってしまった場合は、損失を出さずに海外旅行の時に使うという選択肢もあるので安心です。

毎月、12通貨すべてを積み立てるのも可能

外貨預金積立

個人的にすごく面白いなと感じるのは、12種類すべての外貨への積立が6,000円でできることです。

積み立て最低金額の500円×12種類の外貨=6,000円を、毎月積み立てるということです。

ワンコインのランチ一食分で外貨預金ができるのがソニー銀行の魅力ですが、もう少し頑張って飲み会2回分(6,000円ぐらい?)を用意できれば、12ヶ国の外貨にコツコツと積立ができます

外貨預金の中には、値動きが大きい新興国通貨もあるので注意が必要です。

新興国通貨は金利が高いためお得に見えますが、為替変動において円高(為替差損)となる傾向にあります。

しかし、500円程度の分散投資であれば、儲かる・損することを気にせずに、「勉強」を兼ねてやってみる価値は十分あると思います。

前述しましたが、飲み会の費用2回分を我慢するだけで、12カ国の外貨に分散投資できるのは、とても有効なお金の使いみちです。

中止・解約はいつでも可能

外貨積立はいつでも中止できます。(この時点では解約になりません)

一旦積み立てをしたものは自動的に「外貨普通預金」として管理されるので、外貨普通預金を売却することで、解約となります。

定期預金ではなく普通預金なので、いつでも好きな時に解約することが可能です。

詳細については「為替手数料は業界最安水準!ソニー銀行外貨預金のメリット・デメリット」もご覧ください。

投資信託積み立てプラン

投資信託積み立てプラン

投資信託は、投資のプロフェッショナルにお金の運用をお任せするサービスです。

リスクの高い株式に投資するもの、リスクの低い債券に投資するもの、それらをバランスよくミックスしたものなど、さまざまな種類の投資信託があります。

その中から、自分の好きなファンド(投資信託)を選ぶことができます。

投資信託積み立てプランも、少額の毎月1,000円から利用できます。

ソニー銀行の投資信託積み立てはいつでも販売手数料が20%OFFなので、通常よりも安く投資信託が購入できます。

基本的にはソニー銀行口座からの引き落としなので、普通預金口座に積み立て分の金額を用意しておけば、あとは積み立ての申込みをするだけでOKです。

その後の手続きなどは不要、引き落とし手数料も無料です。

ソニー銀行は投資信託にも強い?

あまり知られていないのですが、実はソニー銀行は投資信託にもかなり力を入れており資産運用に強いネット銀行です。

個人投資家に絶大な人気を誇る投資信託の「ひふみプラス」や、低コストなインデックスファンドを多数そろえています。

銀行の中には、投資信託のラインナップが非常に悪い(どの銀行とはいいませんが)ところもあるのですが、ソニー銀行は顧客視点の優良ファンドを多数取り扱っており、個人的にも好感度が高いです。

500円からはじめる外貨預金

外貨預金

ソニー銀行は「積み立て」に力を入れているネット銀行ですが、とにかく500円や1,000円といった小額から始められるのが大きなメリットです。

外貨預金は金額以上に「為替や世界経済」について学ぶきっかけになりますし、投資信託も「株式市場や日本経済」について学ぶきっかけとなります。

また、私は6,000円で12ヶ国の通貨に預金できる「外貨積立」にとても魅力を感じています。ここまで贅沢な外貨積立ができるのは、他のネット銀行を見ても、ソニー銀行くらいのものでしょう。

ソニー銀行の詳細情報はこちら

こちらの記事も読まれています

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る