定期預金の最小口数で比較!小さいお金から財テクしたい

定期預金

1円からの定期預金で、小額でも財テク可能です。

財テクの最も代表的な方法は「定期預金」です。ネット銀行100の活用術が実施したアンケートでは、定期預金をした経験がある人は5割程度だったのですが、定期預金の存在自体はほぼすべての人が知っていました。

実はこの定期預金、銀行によって差が付く部分でもあり、下手な銀行に預けてしまうと、運用結果に2倍、3倍の差が開くことも珍しくありません。

少しでも効率よくお金を増やしていくために、高金利なネット銀行を選ぶことをおすすめします。

小額から定期預金が組める銀行は?

今日は、小額からでも定期預金が組めるネット銀行をまとめます。ネット銀行は24時間いつでも、パソコンやスマホがあれば簡単に定期預金が作れるのがメリットです。

また、ゆうちょ銀行や大手メガバンクと比較して金利も高めに設定されているので、これから財テクを始めたい人にとって、ネット銀行の定期預金は利用価値は高いと思います。

じぶん銀行ならたった1円から定期預金ができる

じぶん銀行

ネット銀行の中でも突出して目立つのがじぶん銀行

じぶん銀行は、たった1円から定期預金を組むことができます。1円から定期預金が作れるのは、じぶん銀行だけです。

定期預金金利においては、人気の3ヶ月定期に力を入れており、常にキャンペーン金利が適用されています。

余談ですが、じぶん銀行に限らず定期預金に解約手数料は存在しません。つまり、使う予定がないお金が少しでもあれば、1ヶ月定期や3ヶ月定期に入れておくだけでも、効率的な運用ができます。

参照:定期預金の解約手数料についてどれくらい損なのか調べてみました

1,000円から定期預金が組める銀行

この3社は、最低1,000円から定期預金を受け付けています。楽天銀行はマネーブリッジ、住信SBIネット銀行はSBIハイブリッド預金という証券口座連動の普通預金金利優遇をおこなっています。(これらのサービスを、スウィープサービスと呼びます)

よって、短期間の定期預金金利よりも、スウィープサービスによる普通預金の方が金利が高くなることもしばしば。

長期の定期預金であれば価値がありますが、短期の定期を組む時は、スウィープサービスの金利とどちらがお得か比較してから選択することをおすすめします。

1万円から定期預金が組める銀行

このあたりはネット銀行の標準です。
ネット定期なら1万円から募集しているところも多いと思います。

ネット銀行100の活用術がこの中で注目しているのはイオン銀行です。定期預金金利は各社横並びですが、その中でもイオン銀行は平均的に高めとなっています。

また、年会費無料で使えるクレジット機能付きキャッシュカード「イオンカードセレクト」に申し込むと、特別優遇が受けられるのも、イオン銀行のメリットです。

イオンカードセレクト会員限定の定期預金金利が存在し、適用後の金利はネットバンクの中でもかなり優秀です。

それ以上

やや敷居が高めだったのは、大和ネクスト銀行とオリックス銀行という結果になりました。実はこの2行は特殊な位置づけです。

大和ネクスト銀行は大和証券に口座を持っている人しか口座開設できません。

また、オリックス銀行は提携ATMが存在しないため、ATMからお金を引き出すことができません。出金する時は、振込手数料無料で自分名義の他の銀行口座に振込をする形となります。

オリックス銀行は敷居は高いのですが、定期預金の王者です。もう何年も前から、ダントツNo.1の高金利を提供し続けているのがオリックス銀行。

もしあなたが100万円以上で定期預金を組もうと考えているのであれば、非常におすすめできます。ちなみに、オリックス銀行は2週間定期預金も募集しています。

2週間定期預金は普通預金と同じような手軽さと、定期預金の高金利という両方のメリットを持った商品で、財テクをしている人にも人気があります。

いかがでしたか?

ネット定期

ネット銀行の場合、

といったメリットがあるため、普通預金感覚でより効果的に資産運用ができます。また、預金金利だけでなく、ATM手数料や他行あて振込手数料を無料にしている銀行も多いので、利便性においても大手都市銀行よりメリットが大きいと思います。

ネット銀行に不安を感じている人も多いと思いますが、日本には預金保護制度(ペイオフ)があるので、普通預金も定期預金も1,000万円までは国によって補償されます。

ネット銀行がどのような感じなのか、一度も利用したことがない方は、小額からお金を移してみてネットの定期預金を試してみてはいかがでしょうか?

イオンカードセレクト