満期を迎えた定期預金を放置しておくとどうなりますか?

定期預金

長期間にわたって預金を行う定期預金は、満期を迎えるのが数年先となることも珍しくありません。特に、3年以上先の定期預金だと、満期を迎えたことを忘れてしまい、そのまま放置してしまう可能性もあります。

では、定期預金の満期に気づかず、そのまま放置してしまった場合、その取扱はどうなるのでしょうか?結論から言うと、特に心配する必要はありません

定期預金の満期後の取扱方法

まず最初に、定期預金に申し込む時、「満期後の取り扱い」について決めることになります。代表的な満期の取り扱いは3つです。

元利金継続型 元金継続型自動払戻し型

■元利金継続型
元金と利息の両方を、預入時と同じ期間の定期預金で自動継続します。つまり、5年定期の満期日を過ぎてしまうと、さらに5年延長。払い戻し一切なし。となります。しかし、元利金継続型が最も効率よく運用できる方法です。

■元金継続型
満期を迎えると、利息は自動的に普通預金口座に入金されます。そして元金の部分だけが再度、同期間の定期預金として継続されます。満期ごとに利息だけ受け取りたい場合におすすめの取扱方法です。

■自動払戻し型
定期預金が満期を迎えたら、自動継続せずに終了します。定期預金で預けていた元金・利息ともに、普通預金口座に移動します。

上の2つは、いわゆる「自動継続型」と呼ばれるもので、自分で解約を申し出ない限り、満期を迎えた定期預金がそのまま継続されることになります。自動継続の場合、満期時点の店頭金利で再度、同期間の定期預金がスタートします。

満期後の取り扱いは原則、いつでも変更可能です。現在、自動継続型にしていても、「忘れそうだから自動払い戻し型に変更しておこう。」ということができます。

また、銀行によっては自動継続型の期間を変更することも可能です。例えば、現在5年定期を組んでおり、「満期を迎えたら次は3年定期で自動継続したい。」といった設定も可能です。

満期の前に通知してくれます

ネット銀行では、定期預金が満期を迎える前に、メールで何度か通知してくれます。多くの場合、満期の少し前と、満期日当日に通知してくれるので安心です。

大手都市銀行やゆうちょ銀行の場合は、郵送で満期の案内がもらえると思います。

ただし、いずれも「メールアドレス変更」、「住所変更」などによって通知を受け取れないケースも考えられます。こういった理由があるために、現実には「定期預金の満期を忘れる人」が多いのでしょう。

満期を過ぎてもペナルティはありません

定期預金は満期を過ぎても大丈夫

定期預金は、「原則として解約できない」と思っている人が多いと思います。しかし、定期預金は途中で解約してしまっても全然問題ありません。

定期預金の解約手数料についてどれくらい損なのか調べてみました」に書きましたが、定期預金は元本割れの心配がないので安心です。解約手数料が発生しない代わりに、中途解約すると普通預金なみの金利になるだけの話です。

つまり、満期日を過ぎてから定期預金のことを思い出した場合、すぐに解約してしまってOKです。

例えば、5年定期預金を「自動継続型」で申し込んでいるとします。5年後満期を迎えたにもかかわらず、忘れていて、5年3ヶ月目に思い出した場合、3ヶ月分の金利は中途解約扱いになりますが、5年分は満期を迎えているので、そのまま高金利で利息を受け取れます。

満期日を過ぎたからと言って、また5年待たなくてはならない。ということはないのです。

定期預金の時効でお金が消滅する?

休眠口座 整理口座

気をつけなければならないのは、定期預金の時効です。

実は、取引がない銀行口座は10年で時効となるルールがあります。いわゆる「休眠口座」というやつですね。口座が時効となった場合、預金者は権利を失います。

権利を失った口座のことを「整理口座」といいます。整理口座では当然、利息は付きません。また、整理口座のお金は銀行側の利益として計上されます。

つまり、定期預金(普通預金もそうですが)を10年以上放置してしまうと、預金者としての権利が失われた状態となり、銀行は支払い義務を負わなくてよくなります。

定期預金の自動継続をしたまま、完全に忘れてしまうと、いつの間にか口座が消滅してしまう可能性があるので気をつけましょう。

実際には払い戻しが受けられるケースが多い

法律では、整理口座に移った時点で預金者の権利は消滅し、銀行側の利益になります。つまり、銀行にお金を返してくれと言っても、銀行はあなたにお金を返す義務がなくなります。

しかし、実際には時効を迎えて整理口座に移っていても、ちゃんと返金してもらえるケースがほとんどです。過去にも、このような事例は多数報告されていますが、返してもらえなかった話は聞いたことがありません。

やはり国民の生活を担う銀行ですから、その辺りはキチンと対応してくれるのでしょう。あなたの預金を奪うことよりも、評判を落とす事のほうが銀行にとっては問題ですからね。

ということで

定期預金の効率を最も上げたい場合は「元利金継続型」で運用するのが一番です。しかし、満期の取り扱いを自動継続にしてしまうと、忘れてしまう可能性があります。

銀行口座で取引がないまま10年が経過すると、預金者としての権利がなくなってしまいます。しかし、そのような場合でも銀行はキチンとお金を返金してくれます。(保証はできませんが・・・)

取り扱い方法は途中変更もできますが、特に長期の定期預金を組む場合は、満期時の取り扱いをどのようにするか、よく考えることが大切です。

こちらも合わせてどうぞ。
ネット銀行の定期預金ランキングTOP10


こちらの記事も読まれています
高金利!5年定期預金の利率ランキングTOP10

定期預金に関するその他の記事

イオンカードセレクト