定期預金

定期預金の中途解約手数料がどれくらい損なのか調べてみました

定期預金

定期預金は、銀行に一定期間お金を預けることを約束する代わりに、普通預金よりもより高金利で運用できる仕組みです。

安心の元本保証であることから、昔から多くの人に愛用されている定番の預金方法の一つです。

しかし、原則として定期預金は満期を待たずに途中で解約できません

中途解約をするとどれくらい損なのか、解約手数料が取られることはあるのか、調べてみました。

そして、定期預金をしてみたいけれど途中でお金が必要になるかもしれない…という人に、おすすめの預金方法もまとめています。

解約手数料は取られません

結論から言うと、定期預金を途中で解約しても、解約手数料は取られません

定期預金はあくまでも元本保証が前提のサービスなので、中途解約によって預けたお金がマイナスになる可能性はないので、ご安心ください。

しかし中には定期預金とよく似ている、中途解約をするとペナルティが発生する預金商品もあるので要注意です。

これらは、ペナルティによって元本割れが起きる可能性もあります。

解約手数料が取られる商品とは

定期預金の解約手数料

従来型の一般的な定期預金は、中途解約しても解約手数料が取られることはありません。

しかし、下記のような定期預金に似ている金融商品は、解約手数料が発生します。

解約手数料が発生する可能性のある定期預金
  • 仕組み定期預金(ステップアップ定期など)
  • 満期特約付きの定期預金

▼具体的な商品名の一例

  • 円プレーオフ – 住信SBIネット銀行
  • 楽天エクステ預金 – 楽天銀行
  • スイッチ円定期預金 – じぶん銀行

こういった商品ネット銀行に限らず、メガバンクや地方銀行でも販売しています。

銀行や商品によってペナルティは違うのですが、中途解約すると解約手数料が発生したり元本割れとなる場合があります

商品によっては、そもそも中途解約ができないものもあるので注意が必要です。

しかし、満期まで確実に預け入れておくのであれば、仕組預金や満期特約付きの定期預金は、通常の定期預金より高い金利で利用できます。

余裕資金で運用すればメリットが大きい預金と言えます。(→仕組預金の詳細はこちら)。

※定期預金の中途解約は「定期預金について知っておきたいこと!満期解約と中途解約について」でも詳しく解説しています。

定期預金の中途解約利率を比較

悩む女性

通常の定期預金は中途解約手数料はかからないものの、金利の利率が下がるというデメリットがあります。

これを、中途解約利率と言います。

各銀行の中途解約利率を眺めてみると、元本割れはしないもののほとんど利息が期待できなくなることがわかります。

中途解約利率の計算の仕方は、大きく分けて3パターンあります。

パターン1:約定利率×◯◯%

最も多くの銀行が採用している中途解約利率の算出方法です。

1年未満の中途解約だと、約定金利×10%(当初設定されていた定期預金金利の10分の1)になってしまうことも珍しくありません。

また、最大では約定金利×50%という高い割合を設定している銀行もあり、非常に損です。

簡単に言うと、解約手数料はかからないので元本割れはしませんが、すぐに解約すると金利は10分の1に、満期ギリギリでも中途解約すると金利は半分になるということです。

パターン2:具体的な利率

この中途解約利率を採用している銀行は少ないですが、ネット銀行のじぶん銀行などが用いています。

期間に応じて具体的な中途解約利率を設定しています。

じぶん銀行の場合は、1ヶ月未満だと利息なし、3ヶ月未満だと0.002%と、非常に不利な金利になってしまいます。

パターン3:普通預金利率を適用

中途解約すると、定期預金ではなく普通預金の利率を適用する方式をとる銀行もあります。

例えばセブン銀行は、1年以上預け入れている場合は、預金年数に応じて①の中途解約利率が適用します。

そして1年未満の解約の場合は、解約時点での普通預金金利が適用されます。

上記いずれの算出方法だったとしても、中途解約するとほぼゼロ金利に近い低金利になってしまうことがわかります。

そう考えると、セブン銀行のような「解約しても普通預金金利が適用される」というルールはとても親切です。

▼セブン銀行の定期預金金利はこちら

おすすめの中途解約方法

定期預金を考える夫婦

元本割れはしなくても、上記パターンの1と2の算出方法では、中途解約してしまうと普通預金よりも不利な金利となってしまいます。

定期預金を中途解約する可能性がある場合は、パターン3の中途解約をすると普通預金の金利を適用する銀行を選ぶことをおすすめします。

一例として、既に紹介したパターン3の銀行「セブン銀行」の中途解約利率表を見てみます。

表の下に、「中途解約利率が解約日時点の普通預金利率を下回る場合は、普通預金利率を適用します。」という素晴らしい一文があります。

セブン銀行の中途解約利率

セブン銀行の定期預金は、どのタイミングで中途解約してしまっても普通預金金利よりは不利にならないので、使う予定がないお金は常に定期預金に入れておくという使い方もできます。

セブン銀行は普通預金金利も高めなので、定期預金の中途解約利率が怖い方は、セブン銀行なら安心して運用できます。

ネット銀行の中でも良心的だと思います。

途中解約するかもしれない人向けの預金方法

通帳を持つ男性

ここまで述べた通り、定期預金は普通金利より高い金利でお金を預け入れられるものの、途中解約すると金利が下がるというデメリットがあります。

そこで、「定期預金には興味があるものの、途中でお金を引き出すかもしれない…」という人におすすめの、従来の定期預金以外の方法も紹介します。

■途中でお金を引き出しやすい、高金利の預金方法

  • 短期の定期預金(2週間定期など)
  • 普通預金の優遇金利

具体的にどのような預金方法か、見ていきます。

短期の定期預金(2週間定期など)

2週間定期預金のメリット

定期預金を途中解約をするかもしれない場合、短期の定期預金を利用するという手もあります。

特に最近、注目を集めているのが1ヶ月未満の超短期間の定期預金です。

■主な1ヶ月未満の定期預金

  • オリックス銀行:2週間定期預金
  • 楽天銀行:1週間・2週間円預金

これらの超短期間の定期預金は、1~2週間で満期となるので普通預金感覚で利用できる上に、普通預金より高い金利で預け入れられることが特徴です。

通常の定期預金と同じく中途解約すると金利は不利になりますが、中途解約しなくても2週間ごとに満期を迎えるので急な出費にも対応しやすいというメリットがあります。

特に、高金利で評判なのはオリックス銀行の2週間円預金です。

もちろん、途中で解約しても元本割れはありません。

普通預金の優遇金利

マネーブリッジ

私がおすすめしたいもう一つの方法は、普通預金の優遇金利を活用する方法です。

銀行によっては、条件を満たせば普通預金が通常より高い金利で利用できます。

定期預金と同水準、もしくは定期預金を上回る金利で普通預金が使える銀行もあるので、積極的に利用することをおすすめします。

普通預金の金利優遇をする主な銀行は、楽天銀行イオン銀行です。

楽天銀行の「マネーブリッジ」

楽天銀行は、マネーブリッジという優遇金利サービスを展開しています。

■マネーブリッジ 今月の金利
0.10%

■優遇金利の適用条件
楽天証券のと楽天銀行の口座を連携する

楽天証券への無料口座開設が必要ですが、株式投資や投資信託に興味がなければ、楽天証券で取引をする必要はありません。証券口座を作って連携するだけでOKです。

→マネーブリッジの詳細はこちら

イオン銀行の「イオンカードセレクト」

イオン銀行は、イオンカードセレクト会員向けに普通預金金利を優遇しています。

■イオン銀行 優遇金利
0.100%

■優遇金利の適用条件
クレジット機能付きのイオン銀行のキャッシュカード「イオンカードセレクト」を発行

イオンカードセレクトは、キャッシュカード機能だけでなく、年会費無料のクレジットカード・電子マネーWAONカードの機能も付いています。

便利な多機能カードなので、イオンカードに入会する約半分の人がイオンカードセレクトを選択しています。

イオン銀行も同じく、イオンカードカードを作ったからといってクレジットカードを使う必要はありません。

年会費無料のカードですので、別途手数料などがかかる心配もありません。

→イオン銀行の詳細はこちら

楽天銀行のマネーブリッジも、イオン銀行のイオンカードセレクトも、普通金利の水準は業界トップクラスです。

普通預金なので定期預金のように特別な入金手続きなく、いつでも自由に出金できます。

イオン銀行と楽天銀行の特別優遇金利はデメリットも特にないので、積極的に活用したいサービスです。

お得な預金方法についてもっと詳しく

ページの先頭へ戻る