退職金定期預金とは?本当にお得な運用方法なのか調べてみた

通帳を持つサラリーマン

定年退職をして退職金を受け取ったら、その運用方法を検討する必要があります。

しかし、その金額の大きさからも、退職金の使いみちに困るという方も少なくありません。

そこにニコニコしながらやってくるのが銀行の営業マンです。定期預金や投資信託など様々な「退職金運用プラン」を引っさげて、運用方法を提案してきます。

しかし、本当に銀行マンの言いなりになっても良いのでしょうか?

大手銀行の退職金運用プランを調査してみても、良い運用先とはいい難いこともあります。

退職金運用プランは選ぶべきか

通帳をながめるお年寄り

銀行が提案している「退職金運用プラン」は本当にお得なのか、検証してみたいと思います。(情報はいずれも記事執筆時点のものなので参考程度にしてください)

まずはメガバンクの1社である三井住友銀行

三井住友銀行が提供するSMBC退職金運用プランは、3ヶ月もの定期預金の優遇プランです。運用額は500万円から。

定期預金で年1.3%の金利となりますが、三井住友銀行で給与を受け取っている、住宅ローンを契約している、公的年金を受け取っているといういずれかの条件を満たせば、0.2%の上乗せ金利が適用され、最大で年1.5%の定期預金で運用ができます。

ただし、退職金運用プランにありがちな「3ヶ月もの」なので、実質的には預金額の0.375%しか資産は増えません。

仮に500万円を預金した場合、税引き前で18,750円の利息しかもらえない計算となります。退職金の3ヶ月定期の満期後は、通常の金利に戻ります。

デメリットはありませんが、メリットは薄いです。あくまでも使いみちがないので仕方なく銀行に退職金を預けておく場合の選択肢となります。

続いて、年間4万人が利用しているという三井住友信託銀行の退職金運用プラン。

三井住友信託銀行の「退職金特別プラン 定期預金コース」は最低500万円から。3ヶ月定期という点で三井住友銀行のSMBC退職金運用プランと同じですが、1年間なら何度でも利用できるメリットがあります。

3ヶ月後に金利が変わっている可能性はあるものの、3ヶ月毎に退職金運用プランでの定期預金を組めるので、実質的には1年間は有利な金利で運用できます。

また、「退職金特別プラン 投資運用コース(運用50タイプ)」は預金額の半分以上を「投資信託の購入または三井住友信託ファンドラップの購入」に充てることで、3ヶ月もの定期預金金利をさらに優遇する仕組みです。

3ヶ月ものなら年6.3%の定期なので非常にお得に感じますが、これにはちょっとしたワナがあります。

たしかに定期預金は驚くほど高金利ですが、それでも3ヶ月満期の定期であり、最長でも2年間の優遇となります。

一方で、購入する投資信託には「購入手数料」がかかったり、「信託報酬」と呼ばれる毎年継続的にかかる実質的な手数料がかかります。これらの手数料が年間1%以上、場合によっては年間3%以上と決して低くはないのです。

つまり、定期預金で大きな金利を受け取っても、その半分くらいは投資信託の運用報酬として間接的に支払うことになります。そして、投信の運用報酬は2年後も3年後も、投信やファンドラップを保有する限り永遠とかかってくるコストになります。

退職金運用プランの中でも投資信託との抱合せによるプランはこうした仕組みがあるので注意です

退職金運用プランの対象者

各銀行によって条件は異なりますが、退職金運用プランが利用できる人は以下のような人です。

退職金専用の特別定期預金を3ヶ月入れただけで終了になる銀行と、1年程度は何度でも継続して利用できる銀行など、対応は分かれます。

いずれも、条件として「退職してから1年以内」が重要となってくるので、退職金の運用方法はできれば退職前に決めておくことをおすすめします。

銀行の真の目的は投資信託の販売にあり

投信販売

なぜ、銀行は金利を優遇した退職金運用プランを積極的に提案するのでしょうか。

それは、銀行の真の目的は投資信託の販売にあるからです。

まずはお得な金利優遇で数百万・数千万円の退職金を口座に入金してもらい、大口の顧客になってもらう。その上で少しずつ関係性を深めていき、資産運用の方法として投資信託を提案し販売する。これが銀行側の狙いです。

お得な金利の退職金専用定期預金に預けて、それで終わりということにはなりません。

なぜ、銀行が投資信託を販売したがるのかというと、投信の販売手数料から得られる収益は大きく、銀行が新たなビジネスの柱にしたがっているからです。

私の友人に某都市銀行で営業をしている人がいるのですが、「定期預金を勧めても儲からないから、定期預金をきっかけにして投信を売るように」と言われているとのこと。

銀行にとっては当然の戦略と言えますが、私たちにとっては充実した余生を過ごすための大切なお金なので、自分の意志で退職金の賢い使い道を選択することは当然です。

退職金定期預金を利用しても、その後の営業攻勢で銀行のいいなりになってはいけません。

退職金の本当に有効な使いみち

検討中

では、退職金はどのように使うのが一番良いのでしょうか。

実は、私が良いと考える運用方法も、「定期預金」や「投資信託」であることには変わりありません。どちらも運用手段としては一般的なものです。

しかし問題は、「銀行がおすすめする定期預金や投資信託ではなく、自分で比較した上で商品を選ぶべきである」ということです。

例えば投資信託なら、銀行がおすすめしてくるような、銀行にとって儲けが大きいファンドよりも、販売側の儲けは少ないが、投資家にとって有利なファンドを選択するほうが賢いです。

最近はファンドラップやラップ口座も退職金の運用手段として検討している人が多いと聞きますので、以下の様な記事を書きました。合わせてご覧ください。

賢い資産運用をするために

イオンカードセレクト