定期預金

ゆうちょ銀行の定期預金の「満期振替の取扱い」ってどういう意味?

開いた通帳

ゆうちょ銀行の定期預金について調べると、「満期振替の取扱いも利用できます」という記載があります。

ぱっと「満期振替」という言葉を見て、満期になると振替になるということは何となくわかりますが、具体的にどういう意味かわかりづらいかもしれません。

実は、満期振替の取扱い、というのは、ゆうちょ銀行特有の言葉です。

定期貯金の「満期振替の取扱い」とは

考える男性

満期振替の取扱いとは、定期貯金の満期時に払戻金を通常貯金(=普通預金)に移すことを意味します。

ゆうちょ銀行の公式サイトでは、定期貯金の満期時の取扱について下記の通り定めています。

預入期間経過後に、同じ預入期間の定期貯金に自動的に預入する「自動継続の取扱い」または自動的に払い戻し、払戻金の全部を通常貯金に振り替えて預入する満期振替預入の取扱い」もご利用いただけます。
(ゆうちょ銀行 公式サイトより)

つまり、定期貯金の満期になった時に、そのまま定期貯金を継続するのか、通常貯金に振り替えていつでも引き出せるようにするのかを選べるということです。

「満期振替の取扱い」はゆうちょ銀行でしか使用していない言葉ですが、他の銀行では同じサービスを満期自動解約自動解約型などと呼びます。

いずれも満期振替と同じ意味で、定期預金が満期になったら普通預金へ入金するというものです。

豆知識:ゆうちょ銀行の独特の預金名

一般的な銀行では、いつでも引き出せる預金のことを普通預金、指定の預入期間で預け入れることを定期預金といいます。

ゆうちょ銀行では、これらと同じ預金でも下記の通り少し異なる名称します。

  • 普通預金 → 通常貯金
  • 定期預金 → 定期貯金

ゆうちょ銀行では、「預金」ではなく「貯金」という言葉を用います。

また、定期貯金とは別に「貯金」という商品もあるので、間違えないように気をつけます。

定額貯金でも満期振替の取扱いが可能

通帳を持つサラリーマン

定期貯金だけではなく、定額貯金でも満期振替の取扱いが可能です。

定額貯金とは、預入から半年以降であればいつでも引き出せることが特徴の、定期貯金商品のひとつです。

最大預入期間は10年ですが、半年が経過すれば解約手数料などがかからずに引き出せるので、中期的に貯金したい人にも長期的に貯金したい人にも便利です。

定期貯金と定額貯金の具体的な違いは、下記のとおりです。

比較 定期貯金 定額貯金
預入期間 1ヶ月
3ヶ月
6ヶ月
1年
2年
3年
4年
5年
6ヶ月以降ならいつでも引き出せる(最大10年)
預入金額 1,000円以上(1,000円単位) 1,000円以上(1,000円単位)
利子(※) 預入期間3年未満は単利、3年以上は半年複利 半年複利
満期時 自動継続、もしくは満期振替の取扱い 解約、もしくは満期振替の取扱い

定期貯金は自動継続満期振替を選べますが、定額貯金は基本的には一律で満期振替となります。

定額貯金が10年経過した後、引き続き定額貯金に預け入れておきたい場合は、一度解約して新規契約することになります。

※単利と複利の違い

他にも、定期貯金と定額貯金には特徴的な違いがあります。

それが、利子の付き方です。

定期貯金は預入期間が3年未満だと単利、つまり最初に預け入れた金額の利子だけが付きます。

一方、定額貯金は最初から半年複利、つまり半年ごとに最初の預入金額+利子を合わせた金額に半年ごとに利子がつくので、単利より少しずつお得になります。

少しでもお得に貯蓄をしたい人は、定額貯金がおすすめです。

定期貯金と定額貯金の詳しい違いは、下記記事をご参照ください。

■ゆうちょ銀行の定期貯金と定額貯金の違いを比較、どちらを選ぶべきか

担保定期・定額貯金も満期振替できる

通帳を持つ女性

ゆうちょ銀行の定期貯金・定額貯金には、担保定期貯金担保定額貯金という種類があります。

いずれも通常貯金(普通預金)の残高が足りなくなった時に、これらの貯金を担保として自動貸付ができるという貯金です。

返済する際は、通常貯金に返済額を預け入れるだけなので手軽です。

担保付きとなった場合も、定期貯金と定額貯金の満期時の取り扱い方は同じです。

定期貯金は自動継続と満期振替を選べますが、定額貯金は基本的に満期振替となります。

担保定期・定額貯金の貸付金利は低い

担保定期・定額貯金で自動貸付を利用する際の金利は、キャッシングと比べると非常に低いです。

たとえば2018年1月時点の貸付金利は0.25%。金利15%程度が相場のキャッシングに比べると、60分の1の金利で貸付が可能です。

貸付を利用する予定がある人は、担保付きの定期貯金や定額貯金がおすすめです。

定期貯金の「自動継続」には2種類ある

ゆうちょ銀行の定期貯金は満期振替の取扱い以外に、そのまま定期貯金をし続ける選択もできます。

その自動継続の仕方には2種類あり、元金継続元利金継続が選べます。

元金継続
満期後も元金(最初に預け入れた金額)のみに利子が掛かり、利子は通常貯金の口座に自動的に入金されます。単利が継続するタイプです。
元利金継続
満期後の利子は元金+利子の合計金額に掛かるので、継続していくと利子が少しずつ増える複利タイプの預金です。

上記の通り、元利金継続の方は複利効果を得ることができるので、長期的に資産を増やしていきたい人におすすめです。

ゆうちょの定期貯金を自動継続するのは少し待って

ストップ

定期貯金を貯蓄を目的に自動継続しようと考えている人は、特に読んでほしい項目です。

前述の通り、ゆうちょ銀行の定期貯金をしている場合は、満期振替と自動継続を選ぶことができます。

満期振替のメリットは、貯金が通常貯金に変わることでいつでも引き出せるようになる便利さです。

一方、自動継続のメリットは、特に元利金継続の場合は利子を更に増やしていける点です。

もちろん、お金が必要な時期に合わせて定期貯金をしていた人は、満期振替にしてお金を使うと良いと思います。

しかし「まだまとまったお金は必要ないし、もう少し利子が増えるまで継続しとこうかな」と思っている人もいるかもしれません。

より貯蓄していきたい人は、より金利が高い銀行の口座にお金を移すことをおすすめします。

ゆうちょ銀行の金利は、業界の中でも高い方ではありません。

たとえば、2018年1月時点のゆうちょ銀行の定期貯金の金利は、0.01%でした。

100万円の貯金を1年の定期貯金に預けていても、利子は100円しか返ってきません。

せっかく定期預金で少しでもお得にお金を貯めたいなら、より高金利の銀行も検討して損ではありません。

定期貯金の金利が高い銀行

通帳を見て喜ぶ夫婦

なるべく定期貯金の金利が高い銀行を選びたいなら、ネット銀行も検討することをおすすめします。

ネット銀行は実店舗を持たないことでメガバンクよりコストを抑え、高金利などのサービスで顧客に還元しています。

定期預金の金利の高さで代表的なのは、オリックス銀行です。

オリックス銀行

オリックス銀行

オリックス銀行は、ネット銀行の中でも特に定期預金に力を入れていることで定評があります。

業界の中でもオリックス銀行の金利は高く、普通預金のように気軽に使える2週間的預金なども扱っています。

■オリックス銀行 今月の金利(更新日:2018/01/15

▶円普通預金:0.02%

▶2週間定期預金:0.05%

期間 スーパー定期 スーパー定期300
(300万円以上)
大口定期
(1,000万円以上)
6ヶ月 0.08% 0.08% 0.08%
1年 0.18% 0.18% 0.18%
2年 0.20% 0.20% 0.20%
3年 0.30% 0.30% 0.30%
5年 0.30% 0.30% 0.30%

特に長期の定期預金では、大幅に差が開いていることもよくわかります。

長期の定期預金には金利は劣るものの、ゆうちょ銀行になかった2週間定期預金も人気の高いプランです。

とりあえず普通預金に預け入れているまとまったお金を2週間定期預金に回せば、短期間でも着実に金利を積み上げることができます。

元利自動継続にしておけば複利効果も狙えるので、現時点で使い道が決まっていない貯金をまずは2週間定期預金に預け入れておく、という使い方もおすすめです。

もちろん、満期振替にあたる自動解約も可能です。

デメリットとしては、預入金額のボーダーが一番低い定期預金でも50万円からなので、小口の利用ができないことです。

オリックス銀行 詳細はこちら

じぶん銀行

じぶん銀行

じぶん銀行は、3ヶ月定期預金のキャンペーンの多さと、1円から定期預金が作れる手軽さが人気です。

金利だけで比較するとオリックス銀行に軍配が上がりますが、3ヶ月間という預入期間の定期預金はオリックス銀行にはありません。

じぶん銀行の3ヶ月定期預金は、新規だけでなく既存ユーザーに対してのキャンペーンも多いので、お得に利用しやすいです。

また、オリックス銀行では預入金額が最低50万~100万ほど必要ですが、じぶん銀行は少額から定期預金を作りたい人にも使えるメリットもあります。

■じぶん銀行 今月の金利(更新日:2018/01/15

商品名 5万円未満 5万円以上 30万円以上
普通預金 0.001% 0.001% 0.001%
期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 5年
円定期預金 0.030% 0.040% 0.030% 0.050% 0.030% 0.030% 0.030%

じぶん銀行は携帯キャリアauを運営するKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同設立したネット銀行です。

三菱東京UFJ銀行とも相性が良いので、たとえば三菱東京UFJ銀行の口座振込も手数料無しでできる利点もあります。

じぶん銀行 詳細はこちら

高金利の普通預金プランもおすすめ

通帳を持つ男性

定期預金以外にも、普通預金で貯蓄する選択肢もあります。

一般的には、普通預金は定期預金より金利が低いです。

しかし、定期預金と同等、もしくはそれ以上の金利で普通預金を利用できるプランを持つネット銀行があります。

定期預金のデメリットである、預入期間中に解約すると手数料が発生するという点をカバーできるのが、一番の魅力です。

満期振替にするか自動継続にするかも迷う必要がなく、シンプルに着実に貯蓄ができます。

下記2つのネット銀行は、ゆうちょ銀行と同じく全国に提携ATMがあるので、コンビニなどでも気軽に利用できます。

楽天銀行「マネーブリッジ」

マネーブリッジ

楽天銀行では、マネーブリッジというプランを利用すると、普通預金を優遇金利で利用できます。

▶楽天銀行 今月の普通預金金利(更新日:2018/01/15

商品名 利率
普通預金 0.02%
マネーブリッジ(特別金利) 0.10% ← 業界最上級の高金利!

▶楽天銀行 今月の定期預金金利(更新日:2018/01/15

期間 100万円未満 100万円以上 1,000万円以上
1週間 0.02% 0.02% 0.02%
2週間 0.02% 0.02% 0.02%
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
1年 0.12% 0.12% 0.12%
2年 0.03% 0.03% 0.03%
3年 0.03% 0.03% 0.03%
5年 0.04% 0.04% 0.04%
7年 0.04% 0.04% 0.04%
10年 0.04% 0.04% 0.04%

マネーブリッジを利用するためには、楽天証券の口座も開設する必要があります。

楽天証券の口座と楽天銀行の口座を連携することで、優遇を受けられるというシステムです。

しかし、もし証券や投資などに興味がなくても、楽天証券の口座を持っているだけでOKです。

極端に言えば、楽天証券の口座は作っておくだけで放置して、メインの貯蓄は楽天銀行の口座でも問題ありません。

楽天証券の口座開設はもちろん無料、維持費も一切掛かりません。

ほぼノーリスクで優遇金利を受けることができると言えます。

マネーブリッジ 詳細はこちら

イオン銀行「イオンカードセレクト」

イオンカードセレクトの特典

イオン銀行でイオンカードセレクトというプランでカードを作ることでも、特別金利の優遇を受けることができます。

▶イオン銀行 今月の普通預金金利(更新日:2018/01/15

商品名 利率
普通預金 0.001%
普通預金(イオンカードセレクト優遇) 0.100% ← 業界最上級の高金利!

▶イオン銀行 今月の定期預金金利(更新日:2018/01/15

期間 スーパー定期
(300万円未満)
スーパー定期300
(300万円以上)
大口定期
(3,000万円未満)
大口定期
(3,000万円以上)
1ヶ月 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
3ヶ月 0.030% 0.030% 0.030% 0.030%
6ヶ月 0.040% 0.040% 0.040% 0.040%
1年 0.050% 0.050% 0.050% 0.050%
2年 0.050% 0.050% 0.050% 0.050%
3年 0.100% 0.100% 0.100% 0.100%
4年 0.100% 0.100% 0.100% 0.100%
5年 0.100% 0.100% 0.100% 0.100%
商品名 利率
積立式定期預金 0.150%

イオンカードセレクトでは、下記4つの機能を兼ね備えているカードを作ることが条件です。

■イオンカードセレクト 1枚4役カードの内容

  • クレジットカード機能
  • キャッシュカード機能
  • WAON(電子マネー)カード機能
  • イオン優待カード

カードを複数持つ必要がないのでお財布の中身がすっきりしますし、イオン系列のスーパーやお店を利用する人はWAONポイントも貯まりやすいです。

クレジットカート機能がつきますが、もちろんカード発行費・年会費は無料です。

デメリットとしては、クレジットカードの審査がある点です。

イオンカードセレクト 詳細はこちら

ゆうちょ銀行 関連リンク

この記事と関連するページ