定期預金

ネット銀行の積立定期預金が便利でお得な4つの理由

定期預金

ネット銀行の積立定期預金がお得な4つの理由についてまとめます。

積立定期預金は、定期預金の中でも敷居が低く、小さなお子様からお年寄りの方まで、幅広い層に利用されています。

ソニー銀行がまとめた積立定期預金のデータによると、30代・40代の方が半数以上を占めています。

また、毎月の平均積立額は1~3万円の人が40%以上と圧倒的に多く、次いで1万円以下の人が続きます

本記事で後ほど述べますが、最近は1,000円から積立定期預金ができるネット銀行も登場しています。少額からでも積立定期預金ができるのが、ネット銀行の強みです。

ネット銀行 積立定期預金4つのメリット

定期預金を考える夫婦

ネット銀行は大手銀行と比べて高い金利を提供しています。

また、ネットから気軽に積立定期預金の申込・解約ができたり、いつでもパソコンやスマホで通帳の状況を把握できるのがメリットです。

ネット銀行に対して不安を感じている方もいるかもしれませんが、その点については後述します。

ちなみに、日本には「ペイオフ(預金保険制度)」という法律があるため、1,000万円以上の円普通預金・円定期預金は、政府によって補償される仕組みとなっています。

よって、どの銀行に預けたとしても、少なくとも上記の金額の範囲であれば元本保証なので安心です。

小額からスタートできる

積立

私がネット銀行の積立定期預金の一番のメリットだと思う部分が、小額から積立をスタートできることです。

定期預金と言うと、50万円とか100万円といった、まとまった金額からしか受け付けてもらえないことも多いです。また、積立定期預金についても最低1万円からでないと申し込めない銀行がほとんどです。

しかし、ネット銀行では月々1,000円から積立定期預金が組めます。これなら、お子様の小遣いの範囲でも積立ができますし、アルバイトの方でもお金が貯められます。

もちろん、積立定期預金を申し込むのに手数料なども不要です。毎月1,000円を貯めるだけでも、たった1年で12,000円+利息分になりますから、積立の効果は大きいです。

月々1,000円からの積立定期預金を受け付けているのは、ソニー銀行と楽天銀行の2社です。

口座数600万口座突破、日本国民の20人に1人が口座を持っている定番のネット銀行です。

楽天銀行は、短期間で満期を迎える1週間定期、2週間定期預金などを展開しており、預金商品が豊富です。

また、1年定期のキャンペーンなども積極的に行っており、バランスの取れた良いネット銀行としておすすめです。

楽天証券と楽天銀行のアカウントを連携することで、普通預金の特別金利優遇(マネーブリッジ)が利用できます。

マネーブリッジを活用することで、いつでも自由な出金ができる普通預金の良さと、定期預金を上回るほどの利率での運用を実現できます。

ソニー銀行も、定期預金や外貨預金、そして投資信託といった商品のラインナップに力を入れている銀行です。

ネット銀行の中では珍しい、10年満期の定期預金が選べるほか、金利が高めに設定されている「積み立て定期預金」があります。

また、外貨預金積立ては毎月500円から行えるため、毎月6,000円の積立でソニー銀行が扱う12カ国の通貨に分散して外貨預金ができます。

ソニー銀行は、セブン銀行ATM・イオン銀行ATMでの出金手数料が何度でも無料です。また、提携ATMの数が多いため、入金・出金が行いやすいメリットがあります。

日常生活で使うネット銀行としても優れています。

楽天銀行のマネーブリッジや、ソニー銀行の積立て定期預金は、ネット銀行の中でも利率が高めなのでおすすめです。

前述しましたが、両者は月々1,000円からコツコツと積立ができる点でも優位性があります。

ネットだけで手続きができる

WEB申込

ネット銀行の積立定期預金の敷居が低い理由として、もう一つあげられるのが、ネットだけで手続きができることです。

これまで、定期預金を組むためには窓口に行ったり、申し込み書類を書いたりする必要がありました。銀行の窓口は基本的に15時で閉まってしまいますので、仕事が忙しい人にとっては、定期預金を申し込むことすら難しかったはずです。

しかし、ネット銀行の場合は24時間いつでも、ネットですぐに積立定期預金の申し込みができます。パソコンを持っていない方は、スマートフォンでも利用できるので安心です。

定期預金で中途解約手数料は発生しない

あまり知られていませんが、円定期預金では中途解約手数料は発生しません

定期預金は通常、満期まで預金することを条件に、普通預金よりも高い利率での運用ができる商品です。

しかし、急な出費が起こった場合は、やむをえず定期預金を解約しなくてはなりません。

このような場合、円定期預金では「中途解約利率」が適用されるため、普通預金と同じまたは普通預金以下の利息しかもらえなくなってしまいます。

これが定期預金の中途解約によるペナルティです。

逆に、定期預金を中途解約したからといって、「中途解約手数料」のようなものは発生しないため、円定期預金に関しては途中で解約した場合でも、元本割れが発生する心配はありません

ただし、仕組定期預金(ステップアップ、スイッチ、エクステ預金など)のような特殊な定期預金は、中途解約すると元本割れを起こす場合がありますので注意が必要です。

イオン銀行の積立定期預金なら特典がもらえる

イオン銀行

これは、イオン銀行ならではの特典と言えますが、、、

イオン銀行の積立定期預金は、月々5,000円からの受付となるので、少しハードルは高いです。

しかし、イオン銀行ならではの特典が付与されています。

それは、イオン銀行の定期預金残高が100万円を超えると、毎月25~100WAONがもらえるというもの。1ヶ月あたりでもらえるWAONは、イオン銀行ポイントクラブのステージによるのですが、仮に毎月100WAONがもらえた場合、年間で1,200ポイント貯まります。

もし、100万円の定期を入れていた場合、実質的には金利がさらに0.1%以上上がるのと同じなので、この特典はメリットが大きいです。

また、イオン銀行は年会費無料のクレジットカード一体型キャッシュカード「イオンカードセレクト」を選択することで、驚くほど魅力的な利率で運用できます。

前述の楽天銀行のマネーブリッジと似たようなサービスなのですが、イオンカードセレクトを選ぶことで、普通預金の特別優遇金利が適用されます。

イオンカードは年会費無料で多くの人が使っていますが、新規にイオンカードに申し込む人の約半数がイオンカードセレクトを選択しています。

イオンカードセレクトも年会費無料で発行でき、イオン銀行キャッシュカードの他に、電子マネーWAONとイオンカードのクレジット機能、そしてイオンお得意様カードとしての役割を果たしてくれます。

イオンカードセレクトの普通預金優遇金利によって、積立定期預金を上回る利率で運用でき、積立定期とあわせて利用することをおすすめします。

預金金利が高い

金利が高い

これはネット銀行の代表的なメリットの一つです。実店舗を持たないため、人件費や賃料などが少なく、基本的に大手都市銀行などと比べても預金金利は高いです。

普通預金金利もそうですが、その差はもちろん定期預金にも反映されています。

また、大手が取り扱いにくい数ヶ月単位の短期間の定期預金を扱っているネット銀行も多く、普通預金の延長線上として、定期預金や積立預金を申し込めるのが良いです。

ネット銀行では、楽天銀行の1週間・2週間満期の定期預金をはじめ、1年未満の定期預金が豊富です。

例えば、1ヶ月満期、3ヶ月満期、6ヶ月満期の定期預金はほとんどのネット銀行が取り扱っているので、使い道のないお金はとりあえず短期の定期預金に入れておくだけでも、お得に運用できます。

もちろん、定期預金の申し込みはパソコンやスマホから24時間いつでも行えるので、手軽さをとってもネット銀行に高い優位性があります。

デメリットはあるの?

ネット銀行の提携先

ネット銀行で積立定期預金をするデメリットとしては、やはり将来的な銀行の存続だと思います。まだまだネット銀行にお金を預けることに不安を感じている人は多いからです。

しかし、すでに業界No.1の預金残高を誇る住信SBIネット銀行は、一部の地方銀行の預金残高を上回っていますし、若い方を中心にネットバンクをメインバンクとして使う方も増えています。

また、ネット銀行の多くは大手企業のグループ会社や共同設立によって誕生しているため安心です。

ソニー銀行、楽天銀行、イオン銀行、セブン銀行はいずれも、日本を代表する大企業のグループ会社です。

また、ジャパンネット銀行は三井住友銀行とYahoo!JAPANが共同で設立、じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同設立、そして住信SBIネット銀行は金融大手のSBIホールディングスと三井住友信託銀行によって誕生しています。

このような誕生の背景もあり、すでにネット銀行が誕生して15年以上が経ちますが破綻した銀行はひとつもありません。

また、冒頭でも述べましたが円普通預金・円定期預金1,000万円までは「ペイオフ(預金保険制度」という法律がありますので、万が一のことがあっても国が補償してくれるという安心感があります。

ネット銀行にお金を預けることが不安だという方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。 →ネット銀行にお金を預けるのは危険?倒産や情報漏洩の怖さについて考えてみます

毎月コツコツと積立をしていくだけで、年間数万円程度は確実に資産を増やすことができます。

なかなかお金が貯まらないという方は、まずは1,000円から貯金をする習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

この記事と関連するページ