ネット銀行の積立定期預金が便利でお得な4つの理由

定期預金

ネット銀行の積立定期預金がお得な4つの理由についてまとめます。

積立定期預金は、定期預金の中でも敷居が低く、小さなお子様からお年寄りの方まで、幅広い層に利用されています。

ソニー銀行がまとめた積立定期預金のデータによると、30代・40代の方が半数以上を占めています。

また、毎月の平均積立額は1~3万円の人が40%以上と圧倒的に多く、次いで1万円以下の人が続きます。

ネット銀行 積立定期預金4つのメリット

小額からスタートできる

私が、ネット銀行の積立定期預金の一番のメリットだと思う部分が、小額から積立をスタートできることです。

定期預金と言うと、50万円とか100万円といった、まとまった金額からしか受け付けてもらえないことも多いです。また、積立定期預金についても最低1万円からでないと申し込めない銀行がほとんどです。

しかし、ネット銀行では月々1,000円から積立定期預金が組めます。これなら、お子様の小遣いの範囲でも積立ができますし、アルバイトの方でもお金が貯められます。

もちろん、積立定期預金を申し込むのに手数料なども不要です。毎月1,000円を貯めるだけでも、たった1年で12,000円+利息分になりますから、積立の効果は大きいです。

月々1,000円からの積立定期預金を受け付けているのは、ソニー銀行楽天銀行の2社です。

ネットだけで手続きができる

WEB申込

ネット銀行の積立定期預金の敷居が低い理由として、もう一つあげられるのが、ネットだけで手続きができることです。

これまで、定期預金を組むためには窓口に行ったり、申し込み書類を書いたりする必要がありました。銀行の窓口は基本的に15時までしか開いていませんので、仕事が忙しい人にとっては、定期預金を申し込むことすら難しかったはずです。

しかし、ネット銀行の場合は24時間いつでも、ネットですぐに積立定期預金の申し込みができます。パソコンを持っていない方は、スマートフォンでも利用できるので安心です。

定期預金は中途解約しても手数料などが発生しないので、使う予定がないお金はとりあえず定期に入れておくくらいの気軽な考え方で、ネット定期を活用していくことをおすすめします。

イオン銀行の積立定期預金なら特典がもらえる

これは、イオン銀行ならではの特典と言えますが、、、

イオン銀行の積立定期預金は、月々5,000円からの受付となるので、少しハードルは高いです。

しかし、イオン銀行ならではの特典が付与されています。

それは、イオン銀行の定期預金残高が100万円を超えると、毎月25~100WAONがもらえるというもの。1ヶ月あたりでもらえるWAONは、イオン銀行ポイントクラブのステージによるのですが、仮に毎月100WAONがもらえた場合、年間で1,200ポイント貯まります。

もし、100万円の定期を入れていた場合、実質的には金利がさらに0.1%以上上がるのと同じなので、この特典はメリットが大きいです。

預金金利が高い

これはネット銀行の代表的なメリットの一つです。実店舗を持たないため、人件費や賃料などが少なく、基本的に大手都市銀行などと比べても預金金利は高いです。

普通預金金利もそうですが、その差はもちろん定期預金にも反映されています。

また、大手が取り扱いにくい数ヶ月単位の短期間の定期預金を扱っているネット銀行も多く、普通預金の延長線上として、定期預金や積立預金を申し込めるのが良いです。

デメリットはあるの?

ネット銀行で積立定期預金をするデメリットとしては、やはり将来的な銀行の存続だと思います。まだまだネット銀行にお金を預けることに不安を感じている人は多いからです。

しかし、すでに預金残高業界No.1の住信SBIネット銀行は、一部の地方銀行の預金残高を上回っていますし、若い方を中心にネットバンクをメインバンクとして使う方も増えています。

ネット銀行にお金を預けることが不安だという方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。 →ネット銀行にお金を預けるのは危険?倒産や情報漏洩の怖さについて考えてみます

毎月コツコツと積立をしていくだけで、年間数万円程度は確実に資産を増やすことができます。

なかなかお金が貯まらないという方は、まずは1,000円から貯金をする習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

イオンカードセレクト