定期預金

2週間満期預金はお得?誰もしらない定期預金の秘密

2週間満期預金

2週間満期預金は本当にお得?

オリックス銀行を始め、多くの銀行が1週間・2週間満期預金(定期預金)に参入してきました。

2週間定期預金とは、14日単位で満期を迎える長短期の定期預金です。

一般的な定期預金は満期期間が1ヶ月~1年と長く、原則として中途解約はできないので。

だからといって、普通預金に預けていても利息はほとんど期待できません。そこで登場したのが、普通預金感覚で使えて金利も高い、いいとこ取りをした2週間定期預金というわけです。

定期預金ど同様の高金利で、もしお金が必要になっても最大14日間待てば、ペナルティは一切なく解約することができるので評判です。

計算方法は簡単です

計算

2週間満期預金の計算方法は以下の通りです。

300万円を金利0.1%で2週間運用した場合。

利息計算式:
300万円×年0.10%(税引前)×14日÷365日=115円
115円×15.315%(国税)=17円
115円×5%(地方税)=5円
115円-17円-5円=93円

もっと簡単な計算方法は、当サイト「ネット銀行100の活用術」が提供している「銀行金利 利息計算シミュレーター」を使っていただくことです。

シミュレーターで

  • 元金:定期預金の予定額
  • 年利:銀行サイトに表示されている金利
  • 運用期間:14日に設定
  • 税金考慮:どちらでもOK

を入力します。
税金を「考慮する」に選択すれば税引き後の受取額もわかります。

複利計算シミュレーター

元金

金利(年)%

運用期間

グラフ
計算結果一覧を表示する

計算結果一覧

銀行金利 利息計算シミュレーターのブックマークはこちら

複利のマジックを考える

払い戻しの頻度が多いほど損をする

銀行の預金利息を考えるときに非常に大切になるのが、複利の力です。

複利効果によって受取利息に差がつくので、単利より複利を選ぶ方がお得です。

複利とは

複利とは、たとえば1年以上の定期預金を組む時に、2年目以降の利息計算を「元金+前年度の利息」から計算する方式です。

定期預金には単利・複利の2つの種類があり、単利の場合は毎年元金のみで利息を計算します。

つまり、毎年同じ額の利息しか受け取れない単利に対して、複利の定期預金は受け取れる利息が毎年増えていくのでお得です。

1年複利の他には、半年複利の定期預金もあります(ゆうちょ銀行の定期貯金など)。

以上のように、複利は利息が雪だるま式に増えるお得な方式ですが、さらに注目したいのが利息を払うタイミング銀行の利払日)です。

よく取り入れられている利払日は下記3通りですが、利息の払い戻し回数は少ない方が望ましいです。

■よくある利払いタイミング

  • 年2回(2月・8月)
  • 毎月1回
  • 満期ごと(1年ごと、1週間ごと、3ヶ月ごとなど)
  • ←おすすめ

もし、上記3種類の定期預金の運用金利が同じだとすると、一番得するのは「満期ごと」に利払いする場合です。

なぜなら、利息は利払を行った時に税金が約20%差し引かれてしまうからです。

つまり、払い戻しの頻度が多いほど損をする。払い戻し回数は少ない方がいい。ということになります。

利払日による利息の違いを比較

比較表

参考までに、100万円を金利1%で10年間運用した場合の比較をしてみました。

上記画像の、左側(黄色いセル)は1年定期を10回継続した場合、右側は10年定期で利息を一括受け取りした場合です。

※いずれも、税金を考慮して計算しています。

その結果、10年後の合計受取利息に761円の差が生まれました。

微々たるものですが、景気が変動して金利が上がると、より差が広がります。

満期一括の場合は、10年間一度も利払を受けない変わりに、税金を1円も払うことなくフルで運用できます。

単利の場合も含めて比較すると、このようになります。

■利払日の違いによる定期預金の受取額の違い

条件:100万円を金利1%で、10年間運用する

10年定期(複利)
受取利息:83,369円
利息を受け取るまで一度も税金を支払わずに複利運用できるので、手取りが大きい
1年定期を10年運用(複利)
受取利息:82,608円
複利効果は得られるが、利払いの度に税金が引かれるためトータルの受取利息は少し減る
10年定期(単利)
受取利息:79,685円
複利の力を受けられないので、複利に比べると利息は減る

参照:満期まで定期預金に入れていたら税金はかかってしまいますか?

ここまで読むと「2週間という短期間で利払いを繰り返す2週間満期預金は、損では?」と思われた方もいると思います。

確かに、複利の観点でみると損です。10年定期などの長期の定期預金には、その点は劣ります。

しかし、私は2週間定期預金は非常にメリットのある商品だと思っています。

ここからさらに一歩踏み込むのが、定期預金マニアというものです。。。

短期の定期預金を使うメリット

短期定期預金のメリット

2週間満期預金のように、短期間で利払いを繰り返すタイプの商品は、支払いの度に税金が取られてしまうため、複利の点で見ると損です。

しかし、重要ないくつかの点を考えると、非常にメリットが大きいことがわかります。

普通預金よりは金利が高い

2週間定期預金のメリット

まず最初に比較したいのは「普通預金」です。普通預金は、銀行によって毎月利払いが行われるケースと、年2回にまとめて利払いが行われるケースがあります。当然、後者の方が得するわけですが、その金額は微々たるものです。

2週間満期預金は14日単位で利払いが起こりますから、実は普通預金よりも複利の点でみると損をしています。実は、最も利払い頻度が高いのが1週間・2週間満期預金なのです。

しかし、税金と複利による差は微々たるものです。
一般的に、2週間定期預金は普通預金金利を圧倒的に上回ります。

つまり、複利の点では負けるが、それを大きく上回るほど金利に差があるので、結果的には普通預金よりお得であることは間違いない。といえます。

金利の変化に対応できる

グラフ

次に、10年定期のような長期の定期預金と比較してみます。
このケースでは、2週間定期よりも10年定期のほうが金利の面でも、利払いによる複利効果の面でも強いことは言うまでもありません。

しかし、10年という長いスパンでみると金利情勢が変化するリスクがあります。

これから10年後にかけて、さらに金利が下がると予想するのであれば、今のうちに10年定期を組んでおく戦略は、大正解です。

しかし、これから10年かけて、金利が上昇していくと予想する場合はどうでしょう。わかりやすくするために極端な例を出しますが、5年後に1年定期預金の金利は3%が当たり前になるほど、金利が上がったとします。

すると、今10年定期を組んでしまうと、あなたは低い金利のまま10年間運用をし続けなければなりません。これは非常に損です。

しかし、2週間定期預金の場合は違います。今、他の商品と比較してそこそこ有利な金利で運用でき、金利情勢に変化があった時でも、それに合わせて「常に、今他の商品と比較して有利な金利」で運用し続けることができます。

もしくは、他に良い商品が見つかれば、2週間後には解約して、機動的に資金を移動することができます。

こういった変化に対応できる強さを持っているのが、2週間定期預金の強みです。金利が上がっても下がっても、常に普通預金金利より有利な利回りで運用できるというわけです。

急な解約でもペナルティを回避しやすい

コンビニATM

これは金銭的な損得からは外れますが、2週間定期預金は普通預金感覚で運用できるメリットがあります。

10年定期だと、一回組んでしまうと解約するのが難しくなりますが、2週間なら14日後には現金化できるので、安心です。

気軽に使える定期預金として

定期預金を考える夫婦

2週間定期預金は、利払い回数が多いので複利の面では損です。

しかし、常に普通預金よりも有利な立ち位置にいられること、そしてもし2週間預金に魅力がなくなったり、現金が必要になったらすぐに解約し、他の商品に変更できること。

こういった隠れた魅力を考慮すると、トータルでは非常に強みを持った商品だと思います。

続いての記事は、2週間定期預金で最強の金利を提供しているオリックス銀行の詳細解説」です。

オリックス銀行は定期預金に強みを持つ銀行で、2週間定期以外の預金商品でも高い評価を得ています。

定期預金に関する記事

ページの先頭へ戻る