PayPay・LINEペイ・楽天ペイを比較 ポイント還元やチャージ方法の違いとは

スマホ決済比較

国内でユーザーが多いスマホ決済アプリ、PayPay・LINE Pay・楽天ペイを比較してみました。

QRコード決済とバーコード決済ができ、ポイント還元率の高さが評判です。使えるお店も急速に増えています。

とはいえスマホ決済を使ったことがないと、どれがよいのかわかりにくいと思います。

特徴を比較し、それぞれのスマホ決済のメリット・デメリットをまとめました。

使い方はほぼ共通

スマホ決済イメージ

PayPay・LINEペイ・楽天ペイを使う方法は、ほぼ同じです。

レジで「支払い方法はペイペイで」のようにサービス名を伝え、アプリの決済画面を提示します。

提示の際に、お店によっては手続きが3通りにわかれます。

スマホ決済アプリの支払い方法
コード決済
アプリから「決済コード」を提示し、店員さんにピッと読み取ってもらう方法。コンビニやドラッグストアに多い。
QRコード決済
お店の決済用QRコードを、自分でアプリから読み取る方法。飲食店などに多い。
セルフ決済
アプリから店舗を選び、支払い金額を入力すると座席に座ったまま会計ができる方法。カフェなどに多い。

コード決済は、ペイペイ・ラインペイ・楽天ペイのすべてで使えます。

レジにバーコードスキャナー(バーコードを読み取る機械)がある店舗では、コード決済がほとんどです。

3つのスマホ決済アプリの決済方法には、以下の違いがあります。

■PayPay・LINE Pay・楽天ペイのチャージ方法比較

決済方法 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
コード決済
QRコード決済 ×
セルフ決済 × ×

利用できる決済方法が最も多いのは、楽天ペイです。座席で会計できるセルフ決済は、楽天ペイだけの機能です。

スマホ決済の支払い方法が多くても、すべてのお店で使えるわけではありません。

機能面を比較

スマホ決済が使えるかどうかは、対応する加盟店の多さで決まります。

まずは、日ごろよく利用するコンビニなどで、決済に対応しているかチェックするのをおすすめします。

さらに、ポイントの貯まりやすさ使い勝手のよさなども比較すると、自分にあうスマホ決済アプリがわかります。

さまざまな比較ポイントを、順番に見ていきます。

加盟店の多さ

自営業の老夫婦

決済できるお店の多さは、PayPayが一歩リードしています。

LINE Payも加盟店を急速に伸ばしており、今まで使えなかったセブンイレブンやファミリーマートでも支払えるようになりました。これによって、コンビニで使えるスマホ決済の差は、ほとんどなくなりました。

楽天ペイは、全国チェーンの加盟店がPayPay・LINE Payに比べてやや少なめです。

日常的によく利用するコンビニ・ドラッグストア・家電量販店で、代表的なスマホ決済アプリ加盟店を比較してみました。

■コンビニ

店舗 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
ローソン
ファミリーマート
セブンイレブン
ミニストップ
セイコーマート

■ドラッグストア

店舗 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
ウェルシア
サンドラッグ
スギ薬局
アカカベ
Tomod’s

■家電量販店

店舗 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
ケーズデンキ
ジョーシン
エディオン
コジマ・ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

■飲食

店舗 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
松屋
上島珈琲
白木屋・魚民・笑笑
ピザーラ
牛角

コンビニと家電量販店は、スマホ決済を積極的に導入しています。使えるお店で差がつくのは、アパレルショップや飲食店などです。

居酒屋やカフェ、タクシーなどでも、スマホ決済が使えるようになってきています。

3社とも加盟店を急速に拡大しているので、利用できる場所は今後さらに増えると考えられます。

■楽天ペイは「楽天スーパーポイント払い」ができる

楽天ペイ決済が使えるお店は、PayPayに比べるとやや少なめです。しかし、楽天ポイント払いが使えるお店をあわせると、使える場所は広がります。

楽天ペイアプリには「楽天ポイントカード機能」があります。楽天ポイント加盟店で提示すれば、ポイントを貯めたり使ったりできます。

たとえば、マクドナルドミスタードーナツはPayPay・LINE Pay・楽天ペイに未対応ですが、楽天ポイント払いはできます。

ネット通販で使えるか

スマホを操作する女性

記事執筆時点で、ネットショッピングに使えるのはLINE Pay楽天ペイです。

特に楽天ペイは、ドミノピザの宅配や無印良品の通販など、幅広く対応しています。

PayPayもオンライン決済ができるようになる予定ですが、現在は対応が遅れている状況です。

■ネットショッピングが使えるスマホ決済比較

店舗 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
ラクマ(フリマアプリ)
ワタシプラス(資生堂)
まんが王国
DMM.com
無印良品
ゾゾタウン
ジョーシン
大丸松坂屋
東急百貨店

LINE Payと楽天ペイも、オンライン決済に対応しているサイトは、まだ少なめです。

どちらかというと、実店舗で使う方が便利です。

■LINE Payは「請求書支払い」の方が多い

ネット通販に弱いLINE Payは、「請求書支払い」に力を入れています。

「請求書支払い」とは、手元にある請求書のバーコードを読み取り、スマホ完結で支払える仕組みです。支払いのために、コンビニやATMに行く必要はありません。

電気代やガス代、水道代などの光熱費をはじめ、GMO後払いなどの決済サービスでもLINE Pay支払いができます。

ポイント還元率

電卓とスマホを持つ女性

使えるお店の次に、スマホ決済選びで重視するのは、ポイント還元率です。

PayPay・LINE Pay・楽天ペイは、スマホ決済をすると0.5%以上のポイントバックがあります。

それぞれ自社ポイントで還元され、次回以降の買い物で値引きに使えます。

スマホ決済で還元になるポイント
  • PayPay:PayPay専用の残高
  • LINE Pay:LINEポイント
  • 楽天ペイ:楽天スーパーポイント

PayPayで還元されるPayPay残高は、PayPay支払いでしか使えません。

LINEポイントと楽天スーパーポイントは、自社グループで幅広く使えます。たとえばLINEポイントは、スタンプ購入などに使えます。

いずれも特定の条件を満たすと、ポイント還元率を0.5%以上に引き上げできます。

■ポイント還元率の比較

還元率 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
通常 0.5% 0.5 0.5%
最大還元率 3.0% 2.0% 0.5%超

最もかんたんに還元率を上げられるのは、PayPayです。

PayPayは、銀行口座もしくはYahoo! JAPANカードでチャージした残高から支払うと、いつでも3.0%還元です。

Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードを利用した場合のみ、還元率が0.5%にダウンします。Yahoo! JAPANカードを持っていないなら、銀行口座からチャージした方がお得です。

※PayPayの詳しいチャージ方法は、のちほど解説します。

次に、ポイント還元率を上げやすいのは、楽天ペイです。

楽天ペイは、クレジットカードを登録すると「ポイント二重取り」ができます。

楽天カードを登録すると、クレジットカード還元1.0%と、楽天ペイ還元0.5%をあわせて、常に1.5%の還元があります。

還元率が高いクレジットカードを持っていれば、より多くのポイントバックも可能です。

一方、LINE Payの還元率は、月々のLINE Pay利用総額に応じて変わります。

最高還元率は2.0%と高めですが、1ヶ月にLINE Pay決済を10万円以上利用する必要があり、条件が厳しいです。

LINE Payのポイント還元システムは、「マイカラー制度」といいます。

■LINE Payのマイカラー制度 月の利用額と還元率

  • 月10万円以上:2.0%
  • 月5万~10万円未満:1.0%
  • 月1万~5万円未満:0.8%
  • 月1万円未満:0.5%

LINE Payをコンビニなどの小額決済メインで使っていると、月に数万円を利用するのは難しいかもしれません。

毎月の光熱費はLINE Payでなど、LINE Payに支払いを集中させれば還元率は上げやすくなります。

チャージ方法

スマホ決済の仕組み

スマホ決済を使う際は、事前にチャージ方法の設定が必要です。

クレジットカードや銀行口座をひも付けたり、ATMで現金をチャージしたりすると、スマホ決済がいつでも使えるようになります。

PayPay・LINE Pay・楽天ペイが対応するチャージ方法を比較すると、以下のようになりました。

■チャージ方法の比較

決済方法 PayPay LINE Pay 楽天ペイ
銀行口座
クレジットカード Visa、MasterCard、Yahoo! JAPANカード(全ブランド) Visa、MasterCard
デビットカード Visa × Visa、MasterCard、楽天JCBデビット
ATMから入金 セブン銀行ATM
コンビニ Famiポート、LINE Payカードチャージ、

口座残高を気にせずチャージしたい人は、クレジットカードのチャージが向いています。口座残高が足りなくてもチャージできるので、大きな買い物にも便利です。

お金の使いすぎを防ぎたい人は、デビットカードや銀行口座からのチャージがおすすめです。

PayPayは、クレジットカードやデビットカードのチャージと、銀行口座からのチャージの両方が使えます。

クレジットカードチャージは、Yahoo! JAPANカード以外だと、還元率が3.0%から0.5%にダウンするので要注意です。

銀行口座からチャージする場合は、Yahoo! マネーの登録口座を使うので、Yahoo! JAPAN IDが必要です。

LINE Payは銀行口座と現金のみ、楽天ペイはカードからしかチャージできません。

楽天ペイは、残高を気にせずいつでも使えるので、クレジットカード払いのような感覚です。

PayPayとLINE Payは、チャージした分しか使えないので、使い方はプリペイドカードに近いです。

PayPayもLINE Payもオートチャージ設定ができるので、手動チャージの手間は省けます。

個人間送金

若い親子

PayPay・LINE Pay・楽天ペイはいずれも、個人間送金機能があります。

銀行振込のような感覚で送金ができ、振込手数料などもかかりません。

相手もスマホ決済アプリをインストールしていれば、かんたんに送金できます。

送金方法は、アプリによって異なります。

■PayPay 個人間送金の方法

  • 相手のQRコードを読み取る
  • 電話番号やPayPay IDを入力して送る
  • 受け取りリンクを発行して送る

■LINE Pay 個人間送金の方法

  • LINEに友だち登録している相手に送る

■楽天ペイ 個人間送金の方法

  • スマホの連絡先と同期して送る
  • 受け取りリンクを発行して送る

LINE Payは、お互いに友だち追加していないと送金できません。

PayPayと楽天ペイは受け取りリンクURLを発行すれば、誰にでも送金できます。ネット上でのグッズ譲渡や交換など、会ったことがない人との個人間取引にも、安心して利用できます。

目の前にいる相手に送金するなら、PayPayの「QRコード読み取り」が最も手軽です。

受け取る相手に、PayPayアプリの送金用QRコードを表示してもらい、それを読み取るだけです。

残高を出金できるか

スマホ決済には、一度チャージした残高を現金として出金できるサービスと、できないサービスがあります。

記事執筆時点では、LINE Pay・楽天ペイは出金が可能です。PayPayは未対応ですが、将来的には対応予定です。

しかし、出金には手数料がかかり、個人的にはおすすめできません。ふだんの買い物で、残高を使い切るのが望ましいです。

スマホ決済の残高を出金する方法

■LINE Pay

  • 銀行口座へ出金
  • セブン銀行ATMから現金引き出し

※出金手数料200円+税が必要

■LINE Pay

  • 楽天銀行の口座へ出金

※出金手数料が10%かかる

LINE Pay残高は、セブン銀行ATMから現金として引き出せます。どうしても現金が必要なときに便利です。

出金手数料は、2,000円以下なら楽天ペイの方が少額ですみます。それ以上の金額は、手数料が200円+税のLINE Payの方が割安です。

どのスマホ決済がオススメか

スマホとタブレットを持つ女性

以上、主要スマホ決済アプリを使えるお店や、機能面で比較してみました。

記事執筆時点で最もおすすめなのは、PayPayです。

使えるお店も多く、支払い方法や個人間送金の方法も豊富で、自分にあった使い方ができます。

何より、常にポイント還元率3%にできるお得さは、他から抜きん出たメリットです。

ただし、楽天グループで買い物をよくする人は、楽天ペイのインストールもおすすめします。

楽天ペイは、楽天ポイントカードの代わりになったり、楽天スーパーポイントが使えたりと、楽天ユーザーにとって大きなメリットがあります。

LINE Payは、2020年にLINE Bankというネット銀行を設立予定で、ラインペイアプリとの連動も予想できます。

そうなると、LINE Payを使うメリットが、今後より大きくなる可能性もあります。

スマホ決済関連記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
FP(ファイナンシャルプランナー)のライター。メガバンクとネット銀行の使い分け、投資、スマホ決済でのポイ活などで資産形成中。難しそうな金融の話を、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月2日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る