PayPayとは 基本の使い方から還元率アップの方法までわかりやすく解説

PayPay

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが共同で運営するスマホ決済サービスです。

PayPayアプリだけでなくYahoo! JAPAN公式アプリからも利用できるようになり、さらに使いやすくなりました。

PayPayは加盟店手数料を得ることで運営しているので、ユーザーは完全無料で使えます。※2018年から3年間は加盟店手数料も無料

また、PayPay支払いをすると利用代金の1.5%が還元となり、現金払いよりもお得です。

今回は、PayPayの基本的な使い方やメリット・デメリットに加えて、還元率を引き上げる方法を解説します。

使い方は他のスマホ決済とほぼ同じ

スマホ決済イメージ

PayPayの使い方自体は、お店のQRコードを読み取る方法自分のバーコードを見せる方法の2種類のみと、シンプルです。

LINE Payや楽天ペイなど、他のQRコード決済アプリと同じです。

■QRコード決済の使い方

  1. アプリの「スキャン支払い」をタップ
  2. お店が提示したQRコードを読み取る
  3. 合計金額を入力

■バーコード決済の使い方

PayPayアプリを立ち上げたトップ画面に表示されるバーコードをお店の人に提示するだけでOKです。

もしくは、アプリの「コード支払い」をタップしても表示できます。

どちらの決済方法になるかは、店舗によって異なります。

会計時に「支払いはPayPayで」と伝えたあと、「ではこちらのQRコードを読み取ってください」と言われれば、スキャン支払いから読み取ります。

「バーコードの提示をお願いします」と言われたら、アプリトップのバーコードを提示してスキャンしてもらいます。

レジでの支払い方は、PayPayの公式動画でもわかりやすく解説しています。

バーコード決済は、自分の支払いコードを他の人に見られると不正利用されるリスクがあるといわれています。

しかしPayPayのバーコードは、表示するたびに自動的に変更されます。アプリのホーム画面をそのまま放置しても、バーコードが5分おきに変わるようになっているので安心です。

チャージ方法は6種類

カードとスマホを持つ女性

PayPayのチャージ方法は、現在6種類です。

■PayPayのチャージ方法

  1. 銀行口座
  2. クレジットカード
  3. セブン銀行ATM
  4. ヤフオク売上金
  5. PayPayギフトカード
  6. ソフトバンク・ワイモバイルの携帯利用代金とまとめて支払い

利用する人が多いのは、銀行口座・クレジットカード・セブン銀行ATMです。

銀行口座

通帳を持つ男性

PayPayに銀行口座チャージをする際は、トップ画面の「チャージ」アイコンをタップし、チャージ方法の選択画面で銀行口座を選びます。

新たに銀行口座を登録する場合は「銀行口座を追加する」から、銀行名や口座番号などを設定すれば、数分で完了します。

記事執筆時点で、PayPayのチャージに使える銀行口座は下記のとおりです。

PayPayにチャージできる銀行口座一覧

■大手銀行

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行(埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行含む)
  • ゆうちょ銀行

その他、主要な地方銀行も登録可能(京葉銀行、池田泉州銀行、滋賀銀行など)

■ネット銀行

  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行

※現在、三菱UFJ銀行の新規登録は停止中

メガバンクとゆうちょ銀行などの大手銀行だけでなく、主要地方銀行もカバーしているのがPayPayの強みです。

■Yahoo!マネーはPayPayに引き継ぎ

以前まで、PayPayに登録できる銀行口座は、Yahoo!マネーの登録口座のみでした。

Yahoo!マネーとは、ヤフーの電子マネーです。ヤフーのインターネット財布サービス「Yahoo!ウォレット」に銀行口座を登録し、使う仕組みでした。

現在は、Yahoo!マネーの機能は、PayPayに引き継がれています。新たにPayPayを利用する人は、PayPayに直接口座を登録すればOKです。

すでにYahoo!マネーをPayPayに紐づけている人は、PayPayアプリから引き継ぎ設定できます。

新たに銀行口座を開設する人は、ジャパンネット銀行がおすすめです。ジャパンネット銀行は、PayPay残高を手数料無料で出金できる、唯一の銀行です。

▼ジャパンネット銀行キャッシュカード
ジャパンネット銀行デビットカード

ジャパンネット銀行は、ヤフーのサービスとも好相性です。ヤフオクの支払いにジャパンネット銀行を使うと、Tポイントが2%還元されます。

貯まったTポイントの現金化ができる唯一の銀行でもあるので、Tポイントをよく使う人におすすめのネット銀行です(→ジャパンネット銀行の詳細はこちら)。

クレジットカード

クレジットカード

PayPayでクレジットカードを使う方法は、2通りあります。

■PayPayでクレジットカードを使う方法

  1. PayPay残高へチャージ
  2. チャージの手間なくクレジットカード支払い(Yahoo!JAPANカードのみ)

PayPayの基本的な使い方は、事前チャージした「PayPay残高」から支払う方法です。ATMからお金を引き出し、財布に入れる感覚に似ています。

PayPay残高へのチャージは、銀行口座だけでなく、クレジットカードからも可能です。チャージできるクレジットカードは、VisaかMastercardのいずれかです。Yahoo!JAPANカードのみ、JCBでもOKです。

都度チャージが面倒な人は、オートチャージ設定をおすすめします。

チャージ画面から

  • チャージ判定金額
  • チャージ金額
  • チャージ方法

の2つを設定すると、すぐにオートチャージを設定できます。チャージ判定金額を下回ったら、チャージ金額が自動的にチャージされます。

ただし、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードは、ポイントが貯まりづらいので、おすすめできません(詳しくは後述)。

Yahoo!JAPANカードならポイントが貯まりやすいだけでなく、PayPay残高へチャージする手間が不要なクレジットカード支払いもできます。残高を気にする必要がなく、クレジットカードと同じ感覚で使えます。

クレジットカード支払いは、Yahoo!JAPANカードでしか利用できません。Yahoo!JAPANカードを持っていない人は、銀行口座やATMからのチャージをおすすめします。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATM

現金でPayPay残高にチャージしたい場合は、セブン銀行ATMを使います。

PayPayのチャージ画面から「セブン銀行ATM」を選ぶと、カメラ画面が起動します。セブン銀行ATMの画面上部「スマートフォンでの取引」を選択し、表示されるQRコードを読み込むと、チャージできます。

▼セブン銀行ATM「スマートフォンでの取引」
スマホATM

ATMに入金する流れと同じなので、わかりやすいです。

ヤフオク売上金

ヤフオク

PayPayとYahoo!JAPAN IDを連携すると、ヤフオクの売上金からPayPay支払いができるようになります。

ヤフオクの売上金管理ページから、「PayPayにチャージ」を選ぶと、100円以上からチャージできます。

ヤフオクの売上金は、銀行口座に出金も可能です。しかし、出金するごとに振込手数料が100円かかります。

買い物などで使うつもりなら、PayPayにチャージして使うことで、手数料なしで売上金を使えます。

メルカリ売上金をメルペイで使ったり、ラクマ売上金を楽天ペイで使ったりするのと、同じイメージです。

PayPayギフトカード

PayPayのキャンペーンでもらった「PayPayギフトカード」も、PayPay残高へのチャージに使えます。

PayPayギフトカードには、16桁の番号があります。チャージ画面からギフトカード番号を入力するか、ギフトカードのQRコードをスキャンすると、チャージできます。

ソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払い

ソフトバンクかワイモバイルのスマホを使っている人は、「まとめて支払い」でPayPayにチャージできます。

まとめて支払いからチャージすると、PayPayチャージ金額を携帯利用代金と一緒に支払えます。

特に、ソフトバンクかワイモバイルの携帯代をクレジットカード払いしている人におすすめです。携帯代支払いに使っているクレジットカードのポイントも貯められます。

また、まとめて支払いは、Tポイント還元のキャンペーンをよく行います。キャンペーン期間中にPayPayチャージすれば、Tポイントも効率的に貯められます。

PayPayを使うメリット

次に、PayPay支払いをするメリットを見ていきます。

今まで現金派だった人はもちろん、ヤフーのサービスを利用する人にもおすすめです。

利用代金の0.5~2.5%を還元

財布を持つ男性

PayPayアプリでスマホ決済をすると、支払い金額の0.5~2.5%が還元されます。

リリース当初は一律0.5%還元でしたが、現在は支払い方法によって還元率を変えています。

まず、以下の支払いに応じてポイントバックを受けられます。

■PayPayで支払う際の還元率

  • 実店舗での支払い…1.5%
  • Yahoo!JAPANの対象サービス…1.0%
  • 請求書払い…0.5%

キャッシュバックはPayPay残高に直接入金されます。還元されたお金をショッピングに使うことができます。

貯まるポイントは「PayPayボーナス」といい、ショッピングのみで使えます。出金や送金はできません。

PayPay残高には2種類ある

PayPay残高には下記2種類があります。

PayPayライト
銀行口座やクレジットカードからチャージした残高。
PayPayボーナス
利用代金のキャッシュバックや、キャンペーンなどで獲得したPayPay残高。
PayPay払いをした時に、PayPayライトより優先的に支払われます。

PayPayライトもPayPayボーナスも、有効期限は「残高が変動してから2年」です。

つまり、1年に1回のスローペースでもPayPay支払いを使っていれば、残高が失効することはありません。

上記のポイントバックにくわえ、Yahoo!JAPANカードでのチャージ、もしくはクレジットカード支払いを使うと、実質還元率がもう1%上がります。

Yahoo!JAPANカードでPayPay残高チャージ、もしくはクレジットカード支払いすると、Tポイントが1%分還元となります。

たとえば、Yahoo!JAPANカードをクレジットカード登録したPayPayを、実店舗での決済に使うと、合計2.5%還元を受けられます。

※2020年2月からは、Yahoo!JAPANカードをPayPayに登録しても、還元率が上乗せされなくなります。銀行口座などと同じ還元率になります。

Yahoo!アプリからも使える

ヤフーアプリ

支払いは、PayPayアプリだけでなくYahoo! JAPANアプリからも利用できるようになりました。

ヤフーアプリとは、Yahoo!ニュースや天気のチェック、Yahoo!ショッピングなど、Yahoo!グループのサービスが使える総合アプリです。

このヤフーアプリを開くと、トップページに「PayPay」というアイコンが追加されているので、そこからPayPayアプリと同じ機能が利用できます。

すでにヤフーアプリを持っている人は、PayPayアプリをダウンロードする必要がありません。

使える店が増えると期待できる

自営業の老夫婦

PayPayは、LINE Payや楽天ペイに比べると後発のスマホ決済ですが、使えるお店が急速に増えています。

現在も、コンビニやドラッグストア、レストラン、家電量販店などで使えます。今後も、加盟店を増やしていくと予想できます。

その主な理由は、下記3点です。

■PayPayの使える店が増えると予測できる理由

  1. アプリリリースから3年間は加盟店手数料が無料
  2. 導入費用がかからないQRコード決済
  3. Alipay(アリペイ)も決済できる

冒頭でも説明した通り、PayPayはアプリリリースから3年間は加盟店手数料が無料です。

加盟店はコストゼロでスマホ決済を導入できるので、クレジットカードの加盟店手数料が高くて導入できなかった中小規模の店舗でも始めやすいです。

さらに、PayPayはQRコードとバーコードで決済するという点も、お店側が導入しやすいポイントです。

クレジットカード決済は、クレジットカードを読み込むための機器が必要なため、導入費用が10万円前後かかってしまいます。

その点、QRコード決済は新しい端末などを購入しなくても利用できるので、導入コストがかかりません。

また、PayPayを導入すると、中国でトップシェアのQRコード決済「Alipay(アリペイ)」も使えるようになるので、訪日旅行客のスマホ決済にも対応できます。

このように店舗側もPayPayを導入するメリットが多いので、加盟店はさらに増えていくと考えられます。

個人間送金ができる

若い親子

PayPayアプリ同士で、個人間送金ができます。銀行振込より手軽に、振込手数料なども一切かからずに送金ができます。

目の前の友達はもちろん、遠くにいる相手にも送金できるので、仕送りなどにも活用できます。

PayPayで送金する方法
相手のQRコードをスキャン
目の前にいる人へ送金する時に向いている方法。
PayPayアプリ右下のアカウントから「マイコード」を表示してもらい、それを読み取って送金します。
PayPay IDもしくは電話番号を入力して送金
遠くに住んでいる人への送金に向いている方法。
PayPayアプリトップのバーコードをタップして「「友達に送金する」を選び、電話番号を入力します。
受け取りリンクを送信
遠くに住んでいる人への送金に向いている方法。
PayPay送金額を入力し、受け取りリンクをLINEなどで送信すると、相手はURLからお金を受け取れる。

友達が食事代を立て替えてくれたとき、目の前で相手のQRコードをスキャンすればすぐにお金を返せます。

PayPay IDや電話番号を教えてもらえれば、離れている人にも送金できます。銀行振り込みのように、口座番号などを細かく聞く必要がないので便利です。

LINEやメールで送金したい人は、受け取りリンクを発行する方法がおすすめです。

割り勘機能あり

スマを見る女性たち

PayPayに割り勘の機能が加わり、より使いやすくなりました。

アプリのトップ画面から「わりかん」というアイコンをタップし、LINEグループを作るような感覚で友達を追加して送金できます。

■PayPayの「わりかん」の使い方

  1. 幹事のPayPayアプリで「わりかん」をタップ
  2. 「割り勘を作成する」から割り勘するグループ名を入力
  3. 一人ひとりの割り勘金額を入力
  4. 割り勘メンバーを追加
  5. メンバーに割り勘の通知が届く
  6. 全員が支払って完了

メンバーの追加は、QRコードを読み取る方法と、PayPay IDもしくは電話番号で検索する方法があります。

飲み会などでその場にいる人と割り勘をする時は、QRコードを読み込めば確実です。

一方、相手が帰宅してから割り勘をする場合は、PayPay IDか電話番号を教えてもらえばOKです。

「次に会った時に返すね」と言われたままお金を返してもらえない、というトラブルも防ぎやすいと思います。

銀行口座への出金が可能に

通帳を持つ女性

PayPay残高は、「PayPayマネー」として銀行口座へ出金できます。一度チャージしたPayPay残高が現金に戻せます。お財布に近い感覚で使えます。

PayPayマネーは、Yahoo!マネーと統合してうまれた、新しい残高です。送金や割り勘も可能です。

PayPayマネーのメリットは、有効期限がなく、出金手数料が格安という点です。

銀行口座への出金手数料は、金額に関わらず100円のみです。ジャパンネット銀行への出金であれば、手数料無料です。

ジャパンネット銀行は、Tポイントの現金化ができる唯一のネット銀行として評判です。今回、PayPayも無料で払い出せるようになり、よりユーザーが増えると思われます。

→ジャパンネット銀行の詳細・口座開設はこちら

少しややこしいPayPay残高の種類

PayPay残高の名称がリニューアルし、違いが混乱する人も多くいます。

残高リニューアルによって、PayPayボーナスライト(旧PayPayボーナスミニ)以外のポイントは、有効期限がすべて無期限になりました。

チャージしたらPayPayマネー、キャンペーンのポイント付与はPayPayボーナス」と覚えておくとわかりやすいです。

4種類のPayPay残高の違い
PayPayマネー
有効期限は無期限。出金・送金・割り勘がすべて可能、
PayPayライト→PayPayマネーライト
有効期限は5年から無期限に変更。送金・割り勘が可能。
PayPayボーナス→名称変更なし
有効期限は2年から無期限に変更。
PayPayボーナスミニ→PayPayボーナスライト
有効期限は60日間のまま変更なし。送金や割り勘はできない。

銀行口座やクレジットカードからチャージした残高は、PayPayマネーかPayPayマネーライトです。どちらも無期限で使えますが、出金が行えるのはPayPayマネーのみです。

キャンペーンなど、チャージ以外の方法でたまるポイントは、PayPayボーナスかPayPayボーナスライトです。どちらも買い物でしか使えません。

PayPayで最高還元率になるヤフーカード

現時点で、PayPayでもっとも高い還元を受ける方法は、Yahoo! JAPANカードの登録です。

Yahoo!JAPANカードからPayPayにチャージ、もしくはクレジットカード支払いを利用すると、Tポイントが1%還元となります。

さらに、PayPayからの支払いで0.5~1.5%も還元となり、合計還元率は1.5~2.5%です。いわゆる、ポイント二重取りのテクニックです。

PayPayが不定期に行っている還元率アップキャンペーンと併用すれば、さらに高還元率になることもありえます。

ヤフーカード公式サイトはこちら

しかし2020年2月からは、Yahoo!JAPANカードをPayPayに登録しても、Tポイント還元を受けられなくなります。

ほかのクレジットカードでのチャージも、現在と変わらずポイントは付与されません。銀行口座やセブン銀行ATMと同じ、0.5~1.5%還元しか実現できません。

LINE Payや楽天ペイと同水準の還元率に落ち着くことになります。

LINE Payは、月10万円以上の支払いをすると還元率が2.0%に引き上がります。

楽天ペイは、楽天カードを登録して使うと、常に1.5%還元となります。

けれども、PayPayには加盟店が多いという強みがあります。2019年10月の増税以降、今まで現金支払いしかできなかったお店が、PayPayを導入するケースが非常に増えました。

使えるお店の多さを考えると、インストールしておいて損はないアプリだと思います。

App Storeへ

Google Playへ

PayPay 公式サイトはこちら

その他、キャッシュレス決済に関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年12月24日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る