ローン

旅行資金にトラベルローンを利用する前に カードローンの方がお得な場合も

旅行中の女性

卒業旅行や家族旅行のお金が足りない時、資金調達の方法がいくつかあります。

その中の一つが、トラベルローンです。

旅行会社や銀行が提供している旅行専用のローンですが、トラベルローンにはメリット・デメリットがあります。

人によっては、一般的なカードローンなどの方がおすすめの場合もあるので、借入れ前に比較検討できると安心です。

トラベルローンの3つのメリット

トラベルローンには、カードローンなどの一般的な借入れにはないメリットが3つあります。

■トラベルローンのメリット

  • 金利が低い
  • 未成年でも申し込める
  • スキップ払いが出来る

金利が低いだけでなく、未成年でも申し込める点から学生におすすめのローンと言えます。

さらに、スキップ払いを利用すれば、社会人になってから返済をスタートすることも可能です。

金利が低い

女性

トラベルローンの最大のメリットは、消費者金融のカードローンなどに比べて低金利なことです。

金利が低いと利息も少なくて済むので、最終的に返済する金額が少なく抑えられます。

■トラベルローンとカードローンの金利比較

ローンの種類 金利(年)
H.I.S.トラベルローン 8.98~12.20%
楽天銀行トラベルローン 11.5%
アコム(三菱UFJ系列) 3.0~18.0%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%

特に消費者金融のカードローンは、銀行に比べて金利が高めです。

たとえば、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、99万円以下の少額だと最大金利が年18.0%です。

再低金利の年3.0%で借り入れをしようと思うと、少なくとも500万円以上は借入れをしなければいけません。

数万~数十万円くらいの旅行費用では、トラベルローンの方が金利が低くなるケースが多いです。

未成年でも申し込める

財布を持つ男女

一般的に、ローンは20歳以上の成人しか組めないものがほとんどです。

しかし、トラベルローンなら未成年も申し込めるという点もメリットの一つです。

ただし、申込み時は下記のような条件がつくので、親と相談して申し込むことになります。

■未成年がトラベルローンを組む条件

  • 親権者の同意が必要
  • 連帯保証人が付く場合もあり

スキップ払いが出来る

積み木とカレンダー

スキップ払いとは、ローンの返済開始月を後ろ倒しにできる支払い方法です。

トラベルローンのスキップ期間は6~7ヶ月が多く、スキップしている間は利息が発生しません。

たとえば、学生が卒業旅行費をトラベルローンで調達して、返済開始は社会人になってからスタートする…という使い方などにおすすめです。

スキップ払いはカードローンなどにはない支払方法なので、基本的には借り入れをした翌月から返済が開始します。

トラベルローンの3つのデメリット

一方、トラベルローンにはデメリットもあります。

■トラベルローンのデメリット

  • 手続きがやや面倒
  • 借入額の範囲が狭い
  • 返済方法が少ない

手続きがやや面倒

ビジネス

トラベルローンは申込必要な書類が多く、契約手続きが少し大変です。

まず借り入れる際には、どのローンで必要な本人確認書類などに加えて、資金使途確認書類が必要です。

資金使途確認書類とは、旅行会社からの見積書宿泊先の予約確認書など、旅行に使う予定のお金を証明する書面です。

トラベルローンは書類で事前申請した金額までしか借入れができません。

よって、下記のように旅行前に金額がわからないものには利用できません。

■トラベルローンでカバーできない旅行費用

  • お土産代
  • 現地での食事代
  • 現地での交通費

特に、海外旅行などでお土産をたくさん買って帰りたい場合は、お土産代も大きな出費になります。

場合によっては、トラベルローンだけでは必要な資金が調達しきれないケースもあるかもしれません。

もしくは、忙しい合間を縫って書類を集めたのに審査に落ちてしまった…ということも考えられます。

低金利のローンは審査が厳しいと思うべし

これは借入れ全般に言えることですが、金利が低いローンは審査も厳しいと思っておいた方が良いです。

金融機関にとっては、低金利で貸し付ける=貸し倒れになった時のリスクが高いので、なるべく信用力や返済能力が高い人に貸したいと考えます。

よって、収入や勤続年数、過去にクレジットカードや携帯電話利用料金の支払遅延が起こしたことがないかなど、しっかり見られます。

審査が不安だからといって嘘の情報で申し込んでも、信用情報機関の審査によってほぼバレます。

嘘がバレて審査に落ちると、その履歴も信用情報のキズとして残るので、さらに借入れが不利になってしまいます(→借入れ審査の嘘がバレる理由について

さらに、トラベルローンによっては借入れ後に支払い済み確認書類トラベルローンの特別金利を適用できなくなってしまうことがあるので要注意です。

借入額の範囲が狭い

電卓を持つ女性

トラベルローンの借入れ額の幅は、カードローンなどに比べると限定的です。

相場で言うと、借入れ最低金額が3~5万円、最大借入金額が100万円ほどです。

しかし前述の通り、もし事前申請できる旅行費用(見積書などで提示できる金額)が100万円未満なら、その範囲内でしか借り入れができません。

家族旅行などで100万円以上の借入れをしたい場合や、お土産代など現地で使うお金も借入れたい場合は、トラベルローンだけではカバーできません。

一方、カードローンは使用目的が決まっていないお金も借り入れることが出来るので、現地で使うお金も見越して多めの金額を借り入れることも可能です。

最大借入額の相場も800万円前後なので、家族旅行などの大きな出費にも対応しやすいです。

消費者金融で借入れられるのは年収の3分の1まで

消費者金融のカードローンは、年収の3分の1までしか借入れられないと法律(貸金業法)で決まっています。

たとえば、大学4回生でアルバイト年収が60万円(月5万円の収入)の人は、最大でも20万円までしか借り入れることができません。

さらに審査で収入や勤続年数を見た上で、借入れ可能額が下がる可能性もあるので、それを見越して旅行資金を計算することをおすすめします。

返済方法が少ない

ATM

トラベルローンの返済方法は、基本的には銀行口座からの引き落としのみです。

銀行振込繰上返済ができる場合もありますが、振込手数料は自己負担になる場合がほとんどです。

トラベルローンの殆どは、カードローンでは一般的になってきているネットバンキングでのWeb返済などは未対応です。

Webからの返済だと手数料無料で繰上返済できるカードローンが多いので、積極的な繰上返済ができるメリットがあります。

繰上返済をなるべくした方が良い理由

ローンで借入れをした際は、お金に余裕があるタイミングがあれば積極的に繰上返済をした方がお得です。

なぜなら、利息は日割り計算で毎日加算されていくので、1日でも早く返せば利息が減らせるからです。

低金利なローンで長期返済するより、金利が高くても繰上返済を使って早めに完済する方が、利息が少なく済むケースも多いです。

柔軟に借入れられるのはカードローン

カードを持つ女性

以上のトラベルローンのメリット・デメリットを見た上で、トラベルローンがおすすめの人、カードローンがおすすめの人は下記のとおりです。

■トラベルローンがおすすめの人

  • 金利重視で借入れたい
  • スキップ払いをしたい
  • ローン申込の準備をする時間がある

トラベルローンは金利が低いだけでなく、カードローンではできないスキップ払いが可能です。

計画的に旅行プランを立てて、ローンの申込準備をする時間もあるのであればトラベルローンがおすすめです。

■カードローンがおすすめの人

  • 繰上返済ができそう
  • お土産代など、現地で使うお金も借入れたい
  • なるべくスムーズにローン申込をしたい

カードローンはトラベルローンに比べると金利はやや高いものの、繰上返済をうまく使えば利息負担を減らせます。

そして、借入れの際に資金使途証明書が不要なので、見積もりが用意できない旅行資金も含めた金額を借り入れることも可能です。

書類提出の手間も少ないので、ローン申し込みの手間をかけたくない人にもおすすめです。

最近は、書類をWebアップロードで提出するカードローンも増えているので、自宅で簡単に書類提出ができます。

→カードローン・金利一覧はこちら

なるべく貯金も併用する

財布を持つ男性

旅行を前もって計画するのであれば、それに合わせて貯金ができれば理想です。

トラベルローンもカードローンも、便利ではありますが借金をすることには変わりありません。

旅行資金を貯金しておいて、ローンで借り入れる金額を少なく抑えられれば、利息も減って余計な出費をカットできます。

たとえば、途中でお金を使ってしまわないように定期預金を使うのも良いと思います。

今は5~10年という長期間の定期預金だけでなく、数ヶ月~1年単位の定期預金も増えています。

「来年の旅行に向けて定期預金でお金を貯めておく」など、お金を途中で使わないための方法としておすすめです。

もしくは、自動的に「毎月決まった額」を定期預金に回す積立定期預金という預金方法もおすすめです。

「お金があるだけ使っちゃう…」という人も、積立定期預金の知らない間にお金が溜まっていく仕組みを使えば、無理なく貯金がしやすいです。

関連リンク

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る