ローン

婚約指輪の分割払い、クレジットカードかローンどちらで買うと手数料がお得か

婚約指輪イメージ

婚約指輪をどうしても一括払いできない場合は、分割払いで購入するのも手です。

今までは「婚約指輪はプロポーズ前に貯金して買うもの」という慣習が強かったので、一括払いをする人の方が多いです。

しかし、婚活を通してのスピード婚なども増えてきたことから、貯金する前に分割払いで購入する人も少しずつ増えてきています。

分割払いをすると利息(手数料)がかかるものの、低金利な分割払いの方法を選べば負担を最小限にできます。

分割払の方法には、ジュエリーショップ窓口で組むショッピングローンの他に、クレジットカードカードローンなどの選択肢があります。

今回は、それぞれの購入方法が向いている人はどんな人か、どうすれば手数料や利息を最小限に抑えられるかを解説します。

婚約指輪の価格相場は30万~40万円

電卓

婚約指輪の相場金額は、年代によって異なりますが30万~40万円程度です。

若い年代は30万~35万円くらいに抑えるカップルも多いですが、給料が上がる人が多い30代前半くらいだと40万円以上のリングを贈る割合も増えていきます。

この価格だけ見れば、貯金で一括払いができる人も多いかもしれません。

しかし、指輪だけでなくトータルで必要な結婚資金(挙式準備など)は平均300~500万円ほどかかるので、貯金はそちらに回すという選択をしたい人も多いです。

たとえば結婚式場によっては、式場代を銀行振込などで前払いしなければならないケースもあり、数百万円を準備しておく必要があります。

もしくは、新婚旅行を欧米などにするなら婚約指輪より高いお金がかかります。

このように、婚約指輪以外にかかる結婚費用のうち、分割払いできない可能性があるものも多いです。

それらに備えるため、婚約指輪はローンなどで分割払いを選ぶのも一つの手です。

婚約指輪を分割払いする方法

婚約指輪を分割払いできる主な方法は、大きく下記3通りです。

■婚約指輪の分割払いの方法

  1. 店舗で申込むショッピングローン
  2. クレジットカードの分割払い
  3. カードローンやフリーローン

金利相場で比較すると、最も低金利で利息が少なく済むのは、店舗で申込むショッピングローンを短期間で組む場合です。

その次はフリーローンが低金利で、クレジットカードやカードローンは高金利でおすすめできません。

しかし、もしボーナスなどですぐに一括返済できる見込みがあるなら、無利息期間サービスがあるカードローンを利用するのもおすすめです。

それぞれ詳しく見ていきます。

店舗で申込むショッピングローン

ジュエリーショップイメージ

店舗窓口で申込む低金利ローン

  • 金利相場:年0~20%
  • 一定の分割回数までは無金利の場合も
  • 取り扱っていないブランドもある

大手ジュエリーショップでは、店舗窓口で分割払い支払いを選ぶことができます。

これは、店舗が提携している信販会社のショッピングローンに契約することになります。

申込窓口は店舗ですが、契約後の支払いは信販会社に対して行っていきます。

毎月、銀行口座引落などで支払っていくことになるので、クレジットカードを持っていなくても分割払いが可能です。

一般的に、分割払いは分割回数が少ないほど低金利ですが、ショッピングローンによっては「5回分割までは無金利」のような無金利サービスがある場合もあります。

リングを検討している段階で、窓口や問い合わせで確認しておくと安心です。

■ショッピングローンには審査がある

ショッピングローンを申込む際は、購入時に信販会社の審査を受ける必要があります。

店舗で申し込んだ場合は、その場で審査を行ってもらうことができ、早ければ30分くらいで結果がわかります。

この際、もし過去に自己破産をしたことがあったり長期の延滞(スマホ代や家賃、クレジットカードなど)がある、いわゆるブラックリスト入りしている人は審査に落ちる可能性もあります。

自分の支払い履歴が不安な場合は、事前に確認しておくことをおすすめします。

参考:クレジットヒストリーの確認・回復方法まとめ 信用情報機関一覧もあり

一方、ショッピングローンのデメリットは、分割回数が多いと高金利になってしまうことと、ショッピングローン自体を扱っていないブランドも多いということです。

分割回数が36回(3年)や48回(4年)などになると、金利が年20%近くになることもあり、クレジットカードの分割払いやカードローンよりも高金利になってしまいます。

ハイブランドのリングを分割購入する際などは注意が必要です。

さらに、ショッピングローンと提携しているブランドは一部に限られており、たとえばティファニーやカルティエでは、2018年10月時点ではクレジットカード一括払いしか取り扱っていません。

4℃でもクレジットカード払いか銀行振込(つまり現金一括払い)のみですが、クレジットカード払いでは「分割払い」を選ぶことができます。

クレジットカードの分割払い

クレジットカードを持つビジネスマン

金利はやや高めだがスムーズに会計できる

  • 金利相場:年12~15%
  • 一定の分割回数までは無金利の場合も
  • 取り扱っていないブランドもある

ジュエリーショップによっては、クレジットカードの分割払いがOKな場合があります。

ショッピングローンのように都度の審査は不要で、クレジットカードのショッピング枠内であればすぐに支払いができるのでスピーディーです。

もし普段から、買いすぎ防止のために支払限度額を少なめに設定している人は、事前に増枠申請をしておくことをおすすめします。

分割払いができる回数や分割手数料はクレジットカードによって異なりますが、手数料の相場は年率12~15%です。

ショッピングローンに比べるとやや高めですが、2回払いまでなら手数料がかからないクレジットカードも多いです。

※2回払いが利用できない店舗もあるので要確認

リボ払いはおすすめできない

分割払いと似たクレジットカードの支払い方法に、リボ払いという方法があります。

分割払いは最初に「6回払い」のように支払回数を決めるのに対し、リボ払いは「毎月5,000円」のように月々の支払額を事前に決めます。

分割払いとリボ払いの手数料は同じくらいですが、リボ払いの金利引き下げキャンペーンを行っているカード会社も多いので、タイミングによってはリボ払いの方が低金利です。

しかし、リボ払いは支払いが長期化しやすく、支払いが長引くと利息が増え続けてしまうのでリスクが大きいです。

リボ払いの仕組みがよくわからなかったり、計画的な利用に自信がなかったりするなら、リボ払いは避けておく方が無難です。

参考:リボ地獄から抜け出すコツ リボ払いのやばい仕組みと出戻らない方法

クレカ分割払いのデメリットは、分割回数が少なくても金利は年12.0%程度かかってしまうことと、ショッピングローンと同じく分割払いができない店舗もあることです。

ショッピングローンだと、分割回数が少なければ手数料を年5.0%くらいに抑えられますが、クレジットカードは3回払いなどにしても年12.0%くらいはかかってしまいます。

もし、婚約指輪を買う予定の店舗でショッピングローンを扱っているなら、12回払いくらいにおさえるとクレカ分割払いよりお得になることが多いです。

逆に数年掛けて分割払いをしていきたいなら、クレジットカードの分割払いの方が低金利になることが多いです。

しかし、金融機関によってはカードローンやフリーローンの方が低金利なので、あわせて比較をすることをおすすめします。

カードローンやフリーローン

クレジットカードイメージ

どのブランドでも分割払いができる

  • 金利相場:2.0~18.0%、無利息期間がある場合も
  • ショップやブランド問わず利用できる
  • 金利が高い金融機関もある

一般的なカードローンにくわえて、より低金利なフリーローンも、婚約指輪を購入する支払い方法のひとつです。

ショッピングローンと比べて「お金を借りる」という抵抗感がある人も多いですが、審査の手順などは同じなので実際は同じように検討して良いです。

銀行などの金融機関で自分で申込む手間はかかるものの、一括払いしか利用できないブランドなどでも分割払いができるという点は大きなメリットです。

金利相場は、カードローンが年3.0~18.0%なのに対して、フリーローンが年2.0~13.0%程度と、フリーローンの方が低金利です。

カードローンとフリーローンの金利以外の主な違いは借入れ方法ですが、婚約指輪のためにローンを組むならフリーローンでも全く問題ありません。

フリーローンとカードローンの違い

カードローンは、最初に最大借入限度額をまとめてもらって、その枠内でいつでも借り入れができます。

ショッピング枠でいつでも買い物ができるクレジットカードと似ています。

一方フリーローンは、一度にまとまった金額を借りてあとは返済のみをしていくローンなので、ショッピングローンに似ています。

よって、婚約指輪のためにローンを組むなら、単純に低金利なフリーローンの方がお得です。

ボーナス払いは無利息期間ありカードローンがお得

ボーナス

もし「来月の給料とボーナスが入ったら返済できる」など、早めに返済できる見込みがあるなら、無利息期間があるカードローンがおすすめです。

ショッピングローンやクレジットカードのボーナス払いは、年5%前後の手数料がかかりますが、カードローンの無利息期間を利用すれば手数料0円でボーナス払いができます。

たとえば、日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」のカードローンでは、初めて利用する人向けに30日間の無利息サービスがあります。

他社の無利息サービスがある金融機関も、無利息になる期間はおよそ1ヶ月が多いです。

翌月のボーナスを前倒ししたい場合は、フリーローンより無利息期間があるカードローンの方がおすすめです。

ローンを組む時に読みたいコラム

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る