ローン

楽器の分割払いで審査通過率を上げる方法 学生でも憧れの楽器を購入できるか

エレキギターを弾く男性

質の高い楽器は価格も高く、貯金だけでは購入できないと悩む人は多いです。

楽器屋によっては分割払いに対応していることもあるので、支払い方法を相談すると詳しく教えてもらえます。

学生でも18歳以上であればローンが利用でき、大手楽器店なら「24ヶ月は無金利」のような手数料無料キャンペーンを行っていることも多いです。

ただし、店舗で申込む分割払いはショッピングローンのひとつなので、契約前には審査を受けることになります。

今回は、楽器の分割払いをする時の審査について、詳しく調べました。

また、楽器店の分割払いは利用できないケースもあるので、そんな時に使える分割払いの方法についても解説しています。

楽器店での分割払い=ローン

楽器屋イメージ

楽器店で申込む分割払いとは、ほとんどが楽器店が提携している信販会社のショッピングクレジット(ショッピングローン)に申込むことを指します。

信販会社とはクレジット業務を行う企業のことで、楽器店や家電量販店での分割払いの立替を行います。

購入者の代わりに楽器の購入費を一時的に支払ってくれるので、購入者は楽器屋さんではなく信販会社に対して月々の支払いをしていきます。

代表的な信販会社では、オリコ、ジャックス、アプラスなどが有名です。

これらの信販会社が扱うショッピングクレジットには、申込時に審査があります。

ショッピングクレジットの審査基準

書類を確認する男性

信販会社が審査をするのは、申込者に「立て替えた楽器代の支払い能力があるか」を判断するためです。

楽器などのショッピングローンを組む際にチェックされる条件は、大きく分けて下記3点です。

■ショッピングクレジットの審査で主に見られるポイント

  • 安定した収入があるか
  • 過去に支払い遅延や延滞をしていないか
  • 他に借入れをしているか

特に学生やフリーターがネックになってくるのが、安定した収入があるかを見られる点です。

アルバイトなどの非正規雇用のみの収入だと、審査に落ちる可能性もあります。

もしアルバイト収入が多ければ審査に通るケースもありますが、保証人をつけることが条件になるかもしれません。

学生が少しでも審査通過率を上げるためには、公式サイトで「学生OK」と表記している楽器店を探したり、実際に店舗で事前相談することをおすすめします。

たとえば、島村楽器は「18歳以上の学生(高校生は除く)も利用可能」と明記しています(→島村楽器の公式サイトはこちら)。

また、収入があっても過去に支払遅延を繰り返している人は、信販会社の審査に落ちる可能性が高くなります。

支払い遅延の例としては、スマホ代引き落としの残高不足、クレカ代金の支払い遅延、家賃滞納などです。

1回だけ遅延をしたことがあるくらいでは問題ないですが、数年の間に何度も遅延を繰り返している場合は審査に落ちるかもしれません。

これらの遅延履歴は、信用情報機関という組織が一括で管理しているので、信販会社が審査をする時にすべて確認しています。

また、他社ですでに借入れをしているか、どれくらい借りているかも信用情報機関を通してチェックされます。

現時点で収入の一部を返済にあてているということは、「返済能力が低い」とみなされるからです。

すでにまとまった金額をカードローンで借りていたり、借入れをしている業者が多かったりする人は、なるべく完済してからショッピングクレジットに申込むことをおすすめします。

在籍確認の電話が入ることも

電話する女性

ショッピングクレジットに申し込んだ際に、信販会社から職場などに在籍確認の電話が入ることがあります。

在籍確認とは、申込み時に申請していた勤務先に電話をして「本当に働いているのか」を確認することです。

実際に働いているかどうかを確認することで、収入の安定性を確かめます。無職の人が嘘の勤務先で申し込んでも、この時点で審査落ちになります。

たとえば、イシバシ楽器の公式サイトでは、下記のように記載されていました。

携帯電話でのご本人認証は可能でございますが、信販会社の判断によりご自宅または、お勤め先のお電話番号を確認させていただく場合がございます。

-イシバシ楽器 WEBらくらくオンラインクレジット「お申込み前の確認事項」より抜粋

在籍確認の電話は、本人が不在でも「在籍している」ことが確認できれば完了するので、通常であればすぐに完了します。

たとえば、シフトに入っていない日に在籍確認があっても「田中は本日お休みです」と答えれば、それで電話を切って在籍確認は完了します。

職場に電話がかかってきて、ローンに申し込んでいることが知られるのは抵抗がある…と思うかもしれませんが、在籍確認の電話でローン契約をしていると知られることはほとんどありません。

信販会社が在籍確認の電話をかける時は、基本的に個人名でかけており、ローンの在籍確認ということも絶対に言わないよう教育しています。

■在籍確認の例

職場スタッフ「はい、○○株式会社です」

信販会社「田中と言いますが、山田さんはいらっしゃいますか?」

職場スタッフ「山田は現在、外出しています。どのようなご用件でしょうか」

信販会社「いえ、私用だったのですが、携帯に繋がらなかったので職場にかけさせていただきました。もう一度、携帯に改めてみます」


在籍確認終了

もし、職場に社外の人から電話がかかってくると不思議がられそうなら、「クレジットカードに申し込んだので、自分あてに電話があるかもしれません」などと従業員に前振りしておくと安心です。

クレジットカードの申込でも、ショッピングクレジットと同じように在籍確認は行っています。

参考記事:在籍確認バレを防ぐ3つの方法 在籍確認なしカードローンを探す以外もあり

ショッピングクレジットのメリット

ショッピングクレジットは審査に通過しなければ利用できませんが、利用価値があるローンです。

なぜなら、ショッピングクレジットは下記3点のメリットがあるからです。

■ショッピングローンのメリット

  • 店舗によっては無金利期間がある
  • カードローンなどより手数料が少ない
  • クレジットカードがなくても利用可

特に、多くのショッピングクレジットで無金利期間があるのは大きな強みです。

特に10万円前後の楽器を分割購入したい場合、楽器屋さんで分割払いを扱っているなら利用して良いと思います。

無金利期間がある

財布を持つ女性

ショッピングクレジットはローン=借金なので、手数料が必要になります。

しかし、店舗によっては無金利期間があり、一定期間は手数料無料で支払いができるケースも多いです。

たとえば、大手楽器店の島村楽器とイシバシ楽器を例に見てみます。

■主要楽器店のショッピングクレジット返済条件

条件 島村楽器 イシバシ楽器
無金利期間 36ヶ月 24ヶ月
月々の返済額 3,000円~(無金利キャンペーンだと5,000円~) 3,000円~

他の楽器店でも、無金利期間は24~36ヶ月(2~3年)が多いです。

つまり、2~3年以内に支払いを完了すれば、完全に手数料無料で分割払いができるということです。

カードローンより手数料が少なめ

女性

無金利期間がない、もしくは無金利期間を超える分割払いをしたい場合も、ショッピングクレジットは手数料が安いのでお得です。

特に、お金を借りる方法として一般的なカードローンよりは、利息が安く抑えられるケースが多いです。

ショッピングクレジットの分割手数料の相場は、分割回数によって1.5~30.0%と幅があります。

分割回数が少ないほど手数料が少なく、分割回数が増えていくほど手数料のパーセンテージが増えていく仕組みです。

「手数料30%」と聞くと高く聞こえるかもしれませんが、クレジットカードのリボ払いやカードローンとは手数料の計算方法が違うのがポイントです。

クレジットカードのリボ払いと主要なカードローンは、どちらも日割り計算で利息が加算されていき、返済期間が長くなるほど高くなっていきます。

一方、楽器などのショッピングクレジットの手数料は、最初の購入金額に対して手数料を計算して、それを単純に月割で払っていくシステムです。

実際に、カードローンとショッピングクレジットの手数料を比較してみました。

今回は、三井住友銀行系列のプロミスと、島村楽器のショッピングクレジットを比較しています。

■想定:20万円のギターを36回(3年)に分けて支払っていく場合

比較条件 プロミス 島村楽器
手数料 年率17.8% 分割手数料18.0%
最終支払額 259,557円 236,000円
毎月の支払額 7,210円 初月8,500円、以降6,500円

また、カードローンやクレカのリボ払いは、計画的に返済していかないと返済期間が伸びやすいというリスクもあります。

なぜなら、ショッピングクレジットなどの分割払いは最初に「分割回数」を決めるのに対し、リボ払いは「月々の返済額」を決めるだけからです。

たとえばクレジットカードのリボ払いで、毎月の返済額以上の利用を続けているとリボ払い残高がなくならない、むしろ増え続けてしまうので、返済期間は伸び続けてしまいます。

その結果、いつまでも返済が終わらないというリボ地獄に陥る人もいるので、リボ払いの仕組みがよくわからない人は利用しない方が無難です。

詳細は、「リボ地獄から抜け出すコツ リボ払いのやばい仕組みと出戻らない方法」をご参照ください。

クレジットカードがなくても利用可

カードで買物

ショッピングクレジットの支払いは毎月の口座引き落としが基本なので、クレジットカードを持っていなくても利用できます。

特に学生の人は、クレジットカードを持っていない人も多いと思うので、銀行口座さえあれば利用できるショッピングローンは便利です。

ショッピングクレジットの引き落としにはほとんどの金融機関が指定でき、メガバンクや地方銀行、信用金庫やネット銀行も使えることがほとんどです。

アルバイトの給与受取口座と同じ銀行を指定しておけば、返済忘れが起きづらいです。

ショッピングクレジットのデメリット

ショッピングクレジットは、手数料を少なく抑えられることをはじめメリットが多いですが、デメリットもあります。

また、ショッピングクレジットが利用できない条件もあるので、それらを知った上で検討することをおすすめします。

無金利期間を過ぎると高金利

電卓と財布を持つ女性

ショッピングクレジットは無金利期間が長いのが一番のメリットですが、無利息期間を超えた分は高い手数料がかかるので要注意です。

たとえば、島村楽器は60回払い(計5年間の分割払い)をすると、無利息期間の36ヶ月を過ぎた後は分割手数料が30%かかります。

クレジットカードの分割払い手数料は12~15%くらいなので、分割手数料としては割高です。

なるべく無利息期間内で完済できるようにすることをおすすめします。

繰上返済ができないことがある

積み木とカレンダー

ショッピングクレジットは、お金に余裕がある時に支払額を増やす「繰上返済」が原則できません。

基本的には、毎月の銀行口座からの引き落としによる返済のみで、最初に決めた返済額は変更できないことが多いです。

ローン残高をすべて一括で完済することはできますが、「ボーナスが入る来月だけ多めに返済する」などはできないので、返済方法の自由度は低いです。

ショッピングクレジットを契約する時点で、明確な返済計画を立てておく必要があります。

少額だと利用できない

悩む男性

ショッピングクレジットは、「3万円以上から利用可能」など、購入金額の下限が決まっているケースがほとんどです。

店舗や提携している信販会社によっても違いますが、どんなに少額でも3万円以上からしか受け付けていないお店が多い印象です。

中には、15万円以上からしか利用できない場合や、楽器によってショッピングクレジットを利用できる下限金額が違うこともあります。

事前に楽器店に確認しておくことをおすすめします。

購入金額が少額ならカードローンもあり

カードを持つ女性

ショッピングクレジットは3万円以下の少額支払いには利用できないことが多いので、安い楽器をどうしてもすぐ買いたい場合はカードローンも検討すると良いと思います。

クレジットカードで分割払いをするのもありですが、もし早めに完済できる見込みがあるなら下記のやり方なら手数料無料にすることもできます。

■少額の分割払いにおすすめの支払い方法

  1. クレジットカードの2回払い
  2. 無利息期間があるカードローン

クレジットカードは、2回までの分割払いだと手数料がかからないケースが多いです。

もし楽器店でクレジットカードの分割払いができるなら、2回払いにおさめるのが一番お得です。

クレジットカードを持っていない場合は、無利息期間があるカードローンがおすすめです。

カードローンの無利息期間は30日前後が多く、ショッピングクレジットよりは短いですが、来月の給料で一括返済できる場合などには使えます。

もしくは、「20万のギターを買うために15万円貯めたけど、あと5万円は借りたい」など、楽器購入費の一部だけを補てんするのにも、柔軟性の高いカードローンは便利です。

その他、ローン関係コラム

ページの先頭へ戻る