日本の主要な銀行一覧

ネット銀行とメガバンク、大手都市銀行を中心としたリンク集です。

ネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行
国内初のネット専業銀行として誕生したジャパンネット銀行は、Yahoo! JAPANと三井住友銀行の共同出資によって設立されているので、Yahoo! オークションとの相性も良いです。
ジャパンネット銀行の詳細はこちら

楽天銀行

楽天銀行
イーバンク銀行を楽天が買収したことによって誕生した楽天銀行。
豊富な品ぞろえと、楽天市場との相性によって国内No.1の口座開設数を誇っています。
楽天銀行の詳細はこちら

セブン銀行

セブン銀行
全国のコンビニエンスストア「セブンイレブン」に設置されたATMを使って入出金や取引をおこなうセブン銀行。ATMの設置台数は2万台を超えており、高い利便性を誇ります。
セブン銀行の詳細はこちら

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行
総合金融グループ大手の「SBIホールディングス」と三井住友信託銀行の共同出資によって誕生したのが住信SBIネット銀行です。高金利と安い手数料によって、顧客満足度No.1のネット銀行と言われています。
住信SBIネット銀行の詳細はこちら

ソニー銀行

ソニー銀行
ソニーの金融部門「ソニーフィナンシャルホールディングス」が手がけるネット銀行事業がソニー銀行です。
定期預金金利の高さと利便性、ソニーブランドによって高い支持を得ています。
ソニー銀行の詳細はこちら

イオン銀行

イオン銀行
主にイオングループのショッピングモールに設置されたATMを使って取引するイオン銀行。
取引に応じて電子マネーWAONのポイントが貯まるなど、イオングループとの相性が高いネット銀行です。
イオン銀行の詳細はこちら

じぶん銀行

じぶん銀行
「スマホ銀行」と呼ばれるじぶん銀行は、主に携帯電話を使っての取引を想定して作られたネット銀行です。
三菱東京UFJ銀行とau(KDDI)の共同出資によりできた銀行なので、au携帯との相性が良いです。
じぶん銀行の詳細はこちら

新生銀行

新生銀行
リアル銀行とネット銀行の中間という印象がある新生銀行。全国どこのATMを利用しても、24時間いつでもATM手数料が無料という驚きのサービスを展開していることで支持されています。
新生銀行の詳細はこちら

オリックス銀行

オリックス銀行
定期預金の金利がネット銀行中最も高い、オリックス銀行。定期預金メインの特殊な銀行なので、日常的な利用には向いていません。しかし、知る人ぞ知るeダイレクト預金はネットでも評判で、多くの人がオリックス銀行を活用して高金利での運用を行っています。
オリックス銀行の詳細はこちら

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行
大和証券が、証券口座との連携を目的として設立したネット銀行です。設立当初は、大和ネクスト銀行単独での口座開設ができたり、金利も高いのが特徴でした。しかし現在は、金利は都市銀行と同水準となっており、また大和証券の口座を持っている人だけが新規口座開設できる特殊な銀行となっています。
大和ネクスト銀行の詳細はこちら

メガバンク

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
国内最大の金融グループ「三菱東京UFJフィナンシャルグループ」の中核を担う銀行部門です。
インターネットバンキングもありますが、ネット銀行では「じぶん銀行」をauと一緒に設立しており、相互振込手数料を無料にするなどのサービスを展開しています。

三井住友銀行

三井住友銀行
SMBC日興証券や消費者金融のプロミスなどを傘下に持つ、国内第2位の大手銀行です。
ネット銀行においては、Yahoo! JAPANと共同で、国内で最初に「ジャパンネット銀行」を設立していることでも有名です。

みずほ銀行

みずほ銀行
富士銀行、第一勧業銀行、日本興行銀行の3行が統合することで誕生したメガバンクの一角。
みずほ銀行はネット銀行の設立には携わっていませんが、他のメガバンクと同じく、自社でインターネットバンキングを展開しています。

じぶん銀行住宅ローン