LINE PayのLINEポイントクラブ攻略法と、乗り換え先候補のスマホ決済を解説

LINE Pay LINEポイントクラブ

2020年5月1日(金)10:00から、LINE Payは専用クレジットカードでしかポイント還元を受けられなくなりました。新たなポイント還元の仕組みと、LINE Payからの乗り換えにおすすめのキャッシュレス決済を解説します。

LINE Payのポイント還元制度「マイカラー」は廃止し、「LINEポイントクラブ」という優遇システムに切り替わりました。

LINEポイントクラブのポイント還元対象は、自社クレジットカード「VISA LINE Payクレジットカード」で利用できるチャージ&ペイのみです。

銀行口座やATM、LINE Payカードからのチャージは、ポイント還元なしです。クレジットカード利用者の優遇に特化するリニューアルです。

クレジットカードを使いたくない人からは「改悪だ」という声が多い新プログラムですが、VISA LINE Payクレジットカードを持つ人にとっては、還元率を引き上げやすいシステムです。

LINE Payのポイント還元制度の変更点

従来のマイカラー制度では、チャージ方法関係なく、前月の利用金額に応じて0.5~2.0%のポイント還元を受けられました。

新たなLINEポイントクラブでは、LINE Payのクレジットカード「VISA LINE Payクレジットカード」を利用する、チャージ&ペイでの支払いのみが、ポイント還元対象となります。

※チャージ&ペイについては後述

▼VISA LINE Payクレジットカード 東京2020オリンピック限定デザイン
VISA LINE Payカード オリンピック限定デザイン

ポイント還元率は、マイランクによって異なります。6ヶ月間のポイント獲得数に応じて4ランクに分かれ、還元率1.0~3.0%が適用されます。

ランクごとに、毎月受け取れる特典クーポンの枚数も変わります。

■LINE Pay「LINEポイントクラブ」マイランク制度の仕組み

レギュラーランク会員
過去6ヶ月間に必要な獲得ポイント
0~99ポイント
チャージ&ペイのポイント還元率
1.0%
1ヶ月にもらえる特典クーポン
1枚
シルバーランク会員
過去6ヶ月間に必要な獲得ポイント
100~499ポイント
チャージ&ペイのポイント還元率
1.5%
1ヶ月にもらえる特典クーポン
3枚
ゴールドランク会員
過去6ヶ月間に必要な獲得ポイント
500~4,999ポイント
チャージ&ペイのポイント還元率
2.0%
1ヶ月にもらえる特典クーポン
6枚
プラチナランク会員
過去6ヶ月間に必要な獲得ポイント
5,000ポイント以上
チャージ&ペイのポイント還元率
3.0%
1ヶ月にもらえる特典クーポン
10枚

マイランクの判定は、毎月行われます。7月のマイランクは1~6月のポイント獲得数、8月のマイランクは2~7月のポイント獲得数で判定となります。

チャージ&ペイの仕組み

LINEポイントクラブでポイント還元対象となるのは、チャージ&ペイでの支払いのみです。

チャージ&ペイとは、VISA LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録して支払う方法です。今までの銀行口座チャージやATMチャージと違い、事前チャージの手間が不要です。

財布からVISA LINE Payクレジットカードを出さずに、スマホ決済アプリLINE Payを使って後払いするようなイメージです。

■今までのLINE Payの支払い方
銀行口座やATMからLINE Pay残高チャージ→チャージした残高範囲内で決済【前払い】

■チャージ&ペイの支払い方
VISA LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録すると、チャージの手間なく支払える【後払い】

「後払いのクレジットカードは、お金を使いすぎそうでいや」と考える人にとっては、チャージ&ペイは抵抗感があるかもしれません。

チャージの手間が面倒だと感じる人や、今までLINE Payのオートチャージを使っていた人にとっては、便利な支払い方法です。

実は還元率が上げやすくなった

LINEポイントクラブの情報解禁時は、「クレジットカードしかポイント還元されないなんて!」という声が多い印象でした。

しかし、VISA LINE Payクレジットカード利用者にとっては、高ランクを維持しやすい仕組みになっています。旧マイカラー制度より、少ない決済額でランクを上げられます。

旧マイカラー制度では、最高ランクに到達しても還元率が2.0%までしか上がりませんでした。最高ランクになるには、前月のLINE Pay利用額が10万円以上必要で、ランク維持のハードルも高めでした。

■旧マイカラー制度のポイント還元率

ランク ポイント還元率 前月の決済金額
ホワイト 0.5% ~9,999円
レッド 0.8% 10,000~49,999円
ブルー 1.0% 50,000~99,999円
グリーン 2.0% 100,000円以上

一方、LINEポイントクラブのマイランク制度は、月3万円未満の決済でも、最高ランクに到達できる場合があります。

マイランクのランク判定は、過去6ヶ月間の「ポイント獲得数」です。LINE Pay決済でポイントを貯める場合、適用されている還元率が高ければ、少ない利用代金でランクを上げられます。

■LINEポイントクラブ「プラチナランク会員」を目指す例

還元率3.0%のプラチナランク会員になるには、過去6ヶ月間に5,000ポイントの獲得が必要です。

適用中のチャージ&ペイ還元率が3.0%だと、6ヶ月間で約16万7,000円以上のチャージ&ペイ利用で条件クリアです。1ヶ月あたり2万8,000円ほど使えば、クリアできる計算です。

仕事の日のコンビニランチや飲み物代をLINE Payで支払うだけでも、月2万円近くの出費になると思います。スーパーの買い出しや日用品もLINE Payで支払えば、プラチナランクを維持できます。

一方、過去6ヶ月間のチャージ&ペイ還元率が1.0%だと、6ヶ月間で50万円の利用が必要です。1ヶ月あたりに換算すると、約8万4,000円です。

旧マイカラー制度では、月10万円以上支払っても還元率2.0%までしか上がりませんでしたが、LINEポイントクラブでは月8万円少々で還元率3.0%になります。

LINEポイントクラブで獲得ポイント数を稼ぐ方法は、LINE Payで支払うだけではありません。VISA LINE Payクレジットカードでのクレジット決済やLINEサービス利用、店頭キャンペーンでも貯められます。

LINE Pay決済以外でもLINEポイントを貯めれば、6ヶ月間に必要なLINE Pay利用額はさらに減ります。

LINEポイントクラブのランクが上がるLINEポイントの貯め方
LINE Pay決済
コンビニやスーパーでの買い物、ネットショッピングなどでLINE Payを使う
VISA LINE Payクレジットカード決済
VISA加盟店で、VISA LINE Payクレジットカードで支払う
LINEポイントのミッションクリア
ゲームで遊んだり、動画やマンガを閲覧したりすることでポイント獲得
LINEサービスの利用
LINEショッピング、LINEデリマ、LINEトラベルなど、LINEが展開するサービスを利用するとポイント獲得
店頭キャンペーン
実店舗でLINEポイントが貯まるキャンペーンあり。キャンペーン用のポイントコードをゲットし、専用画面で入力すると獲得

VISA LINE Payクレジットカードのスペック

VISA LINE Payクレジットカードは、単独で使っても高還元なカードです。

カード国際ブランドシェアNo.1のVISAカードなので、国内外で使えるお店が多いメリットもあります。

VISA LINE Payクレジットカードの特徴
ポイント還元率
  • 基本還元率1.0%
  • 2021年4月31日までは3.0%還元
年会費
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降、年1回以上のショッピング利用で年会費無料
  • 1年間カード利用がないと、年会費1,375円(税込)
支払日
月末締め、翌月26日払い
その他
  • Visaタッチ決済対応
  • 支払通知はLINEに届く
  • LINE Payアカウントにカード登録しないとポイント還元されない

サービス開始から1年間、2021年4月30日までは誰でも還元率3.0%です。クレジットカード業界のなかでもトップクラスの還元率です。

基本還元率も1.0%と、悪くありません。楽天カードと同じ還元率です。

ポイント還元を受けるには、VISA LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントへ登録する必要があります。手元にカードが届いたら、まずLINE Payに登録することをおすすめします。

気をつけたいのは、年会費です。VISA LINE Payクレジットカードは初年度年会費ですが、2年目以降は年1回以上のカード決済を利用しないと、年会費がかかります。

年に一度でもカードを使えば、利用代金が少額でもOKです。年会費有料クレジットカードとしては、低めのハードルだと思います。

一部のクレジットカードは、「年間◯円以上の利用」のような利用代金総額の条件を満たさないと、年会費が無料になりません。

利用代金の条件がないVISA LINE Payクレジットカードは、少額しか使わないライトユーザーも実質年会費無料で持てます。

個人的には、利用通知がLINEに届く点もメリットだと思います。

他社クレジットカードの多くは、利用通知がメールや郵送で届きます。利用通知メールや利用通知ハガキが溜まると、処理が面倒です。VISA LINE Payクレジットカードは、LINEのトーク画面で利用履歴を確認できます。

LINE Pay カードとの違い

LINE Payには、すでにLINE Payカードというカードもあります。

VISA LINE Payクレジットカードが後払いなのに対し、LINE Pay カードは事前にチャージして使うプリペイドカードです。プラスチックカードとバーチャルカードがあり、スマホ決済LINE Payのチャージにも使えます。

LINEポイントクラブへの移行後は、LINE Pay カードでのチャージしたLINE Payもポイント還元対象外となります。

今までLINE Pay カードとLINE Payアプリを使っていた人は、VISA LINE Payクレジットカードに切り替えるか、ほかのスマホ決済への乗り換えを検討してもよいかもしれません。

■VISA LINE PayクレジットカードとLINE Pay カードの違い

比較 VISA LINE Payクレジットカード LINE Pay カード
種類 クレジットカード プリペイドカード
国際ブランド VISA JCB
LINEポイントクラブ ポイント還元あり ポイント還元なし
年会費 初年度無料、翌年以降は条件つき無料 完全無料
発行条件 満18歳以上(高校生除く) LINEアカウントがあれば何歳でもOK

LINE Payからの乗り換え先候補

新しいクレジットカードを増やしたくない人や、そもそもクレジットカードを作りたくない人は、LINE Payからほかの決済方法への乗り換えを検討してもよいと思います。

LINE Payに負けない還元率や利便性を持つ、個人的おすすめキャッシュレス決済は以下のとおりです。

■LINE Payからの乗り換えにおすすめのキャッシュレス決済

  1. PayPay
  2. Kyash

PayPay

知名度の高いPayPayは、LINE Payが使えるお店でも決済できるケースが多いスマホ決済です。PayPayしか使えない中小店舗も多く、むしろ利用シーンが増えると期待できます。

PayPayアプリ

PayPayは、銀行口座チャージやATMチャージにも対応しています。基本還元率は0.5%と、LINE Payにやや劣りますが、1ヶ月で50回以上決済する人10万円以上支払う人は、最大1.5%まで還元率が上がります。

スマホ決済をフル活用したい人におすすめです。

→PayPayの還元率のくわしい解説はこちら

Kyash

プラスチックカードを持ち歩いてもよい人は、Kyashがおすすめです。

Kyashとは、0.5~1.0%還元のプリペイドカードです。VISAカードが使えるほぼすべての店舗で使えるため、スマホ決済アプリより使えるシーンは格段に多いです。

チャージ方法もLINE Payと同じくらい多く、クレジットカードやデビットカード、セブン銀行ATMやコンビニ端末が利用できます。

Kyashには、プラスチックカード2種と、バーチャルカード1種があります。最高還元率1.0%で利用できるのは、プラスチックカードの「Kyash Card」です。

▼Kyash Card(シルバー)
Kyash Card

Kyashへクレジットカードやデビットカードを登録すると、ポイント二重取りも可能です。還元率1.0%のカードを登録して使えば、実質還元率は合計2.0%になります。

ただし、Kyash Cardを持つには、発行手数料900円がかかります。長く使えば、十分ペイできると思います。

その他キャッシュレス決済

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。(Twitterアカウントはこちら

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年5月7日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る