ユーザーの評判は?SBIハイブリッド預金の口コミまとめ

SBIハイブリッド預金

ネット銀行の中でも最も支持率が高い住信SBIネット銀行が提供しているSBIハイブリッド預金は、「預金金利が倍増するサービス」として利用者の預金残高はすでに1兆円を突破するに至りました。

銀行口座と証券口座を連携させることで、業界最高水準の優遇金利が得られます。
もっとも、証券口座は無料の口座開設を済ませるだけでOKなので、株や投資信託などを購入する必要はありません。

私自身もSBIハイブリッド預金はフル活用しているので、個人的にもおすすめはしたいのですが、やはりここはネットでの意見を伺いたいところ。

ネットではSBIハイブリッド預金をどのように評価しているのか、口コミをまとめました。

掲示板の口コミ

■良い口コミ

◯ハイブリッドにしない理由が分からない。 株やってるならメリットしかないだろう?

◯住信SBIネット銀行が提供するノーリスクの割に高金利の円預金

◯便利すぎるよな、手数料無料も有難いしセカンド口座としては最強

■悪い口コミ

◯銀行経由でも下ろすときはハイブリッドから普通の口座に振り替えないといけないから面倒といえば面倒。

◯■デメリット 口座振替できない

◯自動でクレカ引き落としもしてくれたらいいのになぁ

◯証券口座だから銀行口座とは別物になるんよね?
クレジットカードの自動引き落としなどには対応してないのかな。

◯ハイブリッドとマネーブリッジの違いがわからない

楽天は銀行口座のままで0.1%金利もらえる

◯普通預金に振り替えるのにいちいちネット操作が必要な点が
こういう時に困るな…

SBIハイブリッド預金は高金利で運用することができ、ほとんどリスクもありません。

注意点として、SBIハイブリッド預金は「証券口座扱いに近い」ということです。
住信SBIネット銀行から出金する場合に、一度ネット操作でSBIハイブリッド預金を普通預金に振替する必要があります。

振替をしなくても、SBI証券ATMカードを使うことで、ハイブリッド預金から直接出金することが可能ですが、SBI証券ATMカードの場合は、1日の出金が50万円までなど、一部制限があります。

また、「証券口座に近い」存在なので、クレジットカードの引落や口座振替には対応していません。

詳細については「デメリットやリスクはあるか?SBIハイブリッド預金の完全マニュアル」をご覧ください。

また、SBIハイブリッド預金と似たようなサービスに、楽天銀行が展開している「マネーブリッジ」があります。

金利水準や特徴については、どちらもほとんど同じサービスです。
しかし、楽天銀行のマネーブリッジは、「銀行口座扱い」なので、SBIハイブリッド預金にはできない以下のメリットがあります。

一方で、マネーブリッジが劣る点は「利払日が年2回の半年複利」だということです。
SBIハイブリッド預金は普通預金と同じように、毎月利払が受けられるので、同じ金利水準でも、複利を考えた場合に、微々たるものですが住信SBIネット銀行の方が有利になります。

こちらに住信SBIネット銀行の口コミもまとめていますので、合わせてご覧ください。

住信SBIネット銀行についてもっと詳しく

住信SBIネット銀行