お金について学ぶ

定額小為替を郵便局で買う方法、手数料は?よりお得な購入方法

定額小為替(読み方は「ていがくこがわせ」)とは、現金のかわりに郵送で送金できる券です。

たとえば、遠方から住民票戸籍謄本を請求する時など、銀行口座を持っていない人に送金をするのに便利です。

一方、普通小為替という異なる種類のものもあり、用途は同じものの手数料などがそれぞれ異なります。

どちらで送る方がお得か、どうすれば購入できるかなどをまとめました。

「小為替」とは-使い方と種類

封筒を持つ女性

小為替とは、日本全国にお金を郵送できるサービスです。

通常、現金を郵送する際は現金書留を使用する必要があります。

しかし現金書留は、専用封筒を購入する必要があったり、送料が通常料金にプラス430円かかり、ポスト投函ができません(郵便窓口で依頼する必要があります)。

一方、小為替は現金書留と比べても下記のようなメリットがあります。

■小為替のメリット

  • 封筒・配送方法を選ばず送ることができる
  • 手数料が100円~と安い

小為替は、どんな封筒・配送方法でも送ることができます。普通郵便でも宅配便でもOKです。

もちろん、普通郵便などポスト投函できる配送方法でも送ることができるので、手軽に発送できます。

また、手数料も100円から送ることができるので、現金書留より安いです。

たとえば、送料82円の定形郵便(長4封筒などで送れます)で送れば、82円+100円=182円で発送できます。

※現金を郵便で送ることは郵便法という法律で禁止しているので、現金書留以外では必ず小為替によって送る必要があります。

そして小為替には、定額小為替普通小為替の2種類があります。

定額小為替と普通小為替の違い

比較

定額小為替と普通小為替は、送金に使えて郵便局で換金できる点は同じです。

しかし、手数料や販売している金額が異なるので、送金額によって使い分けるとお得になります。

種類 定額小為替 普通小為替
金額 定額のものが12種類 自由に決められる(500万円以内)
手数料 1枚100円(一律) 5万円未満430円
5万円以上650円
有効期限 発行から6ヶ月 発行から6ヶ月

まず普通小為替は、500万円以内なら好きな金額で購入できます。

一方、定額小為替は販売している1枚あたりの金額が決まっています(だから「定額」の小為替、という意味です)。

定額小為替は下記12種を購入できます。

■定額小為替の種類(12種)

  • 50円
  • 100円
  • 150円
  • 200円
  • 250円
  • 300円
  • 350円
  • 400円
  • 450円
  • 500円
  • 750円
  • 1,000円

たとえば、定額小為替で1,800円分の送金をしたい場合は、1,000円+400円+400円、もしくは1,000円+750円+50円の組み合わせで購入します。

もしくは、1,800円分の普通小為替を購入してもOKです。

ここでどちらかを選ぶか決める際の判断基準になるのが、手数料です。

少額の送金は定額小為替がお得

財布

少額の送金をする場合は、1枚あたりの手数料が一律100円の定額小為替の方がお得です。

たとえば1,500円を送金する時は、1,000円+500円の定額小為替を買えば、手数料は2枚分の200円で済みます。

普通小為替で送金すると、5万円以下の送金は1枚あたり一律430円なので、2倍以上の手数料がかかってしまいます。

しかし、定額小為替を購入する枚数が多くなると、普通小為替の方がお得になります。

4,050円以上は普通小為替の方が手数料が安い

計算してみたところ、定額小為替より普通小為替の方が手数料が安くなるのは4,050円を超えてからです。

定額小為替・普通小為替の手数料比較

■4,000円の場合

  • 普通小為替 手数料430円
  • 定額小為替 1,000円×4枚=手数料400円

■4,050円の場合

  • 普通小為替 手数料430円
  • 定額小為替 1,000円×4枚+50円×1枚=手数料500円

つまり、定額小為替を買う枚数が5枚以上になってしまう場合は、普通小為替の方が安くなるということです。

小為替の購入方法

ゆうちょ銀行

定額小為替も普通小為替も、ゆうちょ銀行の窓口(郵便局)で購入します。

ゆうちょ銀行の営業時間は平日9~16時、もしくは平日9~18時なので、その間に買う必要があります。

窓口で希望金額の定額小為替、もしくは普通小為替がほしいと伝えれば、その場で発行してくれます。

ゆうゆう窓口では小為替は購入できない

営業時間外でも開いているゆうゆう窓口では、定期小為替・普通小為替ともに購入できません。

ゆうゆう窓口は日本郵便の管轄、つまり郵便物の配送業務の窓口なので、ゆうちょ銀行で扱っている金融商品は販売できないからです。

郵政民営化によって、ゆうちょ銀行と日本郵便が別会社になっているので、取り扱うサービスはすみ分けています。

最近では、はがきや切手などをコンビニでも買えるようになっていますが、定額小為替と普通小為替はコンビニでは販売していません。

ネット販売などもしていないので、平日が多忙で郵便局に行けない人は、少し買いづらいかもしれません。

小為替の送金・換金の仕方

現金

定期小為替・普通小為替を送る際は、所定欄に受取人の名前を記載して郵送します。

送金する側が受取人の名前を書くことで、他の人に勝手に換金されるトラブルを防ぐことができます。

換金をする際は、ゆうちょ銀行の窓口(郵便局)に持って行くだけでOKです。

金額が大きい場合などは、本人確認ができる公的書類(免許証など)の提示を求める場合もありますが、通常はスムーズに換金してもらうことができます。

有効期限・紛失に注意

安い手数料で送金ができる定額小為替・普通小為替ですが、注意点もあります。

■小為替の注意点

  • 換金の有効期限がある
  • 紛失補償がない

小為替は、定額小為替も普通小為替も、発行から6ヶ月以内という換金期限があります。

たとえば、何度も買いに行くのが面倒だからと小為替を買いだめしておくと、いつの間にか換金期限が切れているということもあるので、注意が必要です。

また、小為替には補償がついていません。

郵便事故(盗難・紛失など)に備えたい場合は、損害補償が付帯している書留で送ることをおすすめします。

個人間の取引は、口座送金が主流に

通帳を持つ男性

かつては、フリマなど個人間の送金にも定額小為替を使用することも多かったです。

しかし今は、銀行口座を持つ人が増えたこともあり、銀行口座間の送金が主流になってきました。

小為替を利用するシーンは、遠方からの住民票取り寄せなど、役所への送金くらいになってきています。

最近は公的手続きの費用も、クレジットカード払いや銀行振込が利用できるようになってきている印象です。

最近は振込手数料が無料になる銀行も増えてきているので、いざ送金をする必要が出てきた時に便利です。

関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る