お金について学ぶ

お金が貯まらないを解決する積立預金4つのアイデア

ひらめき

貯金ができない性格の方でもお金を貯める方法があります。

すぐにお金を使ってしまう、なぜか手元にお金が残らないなど、預金が苦手な人は少なくありません。

計画的にお金を貯めることができれば、いざというときの備えにもなりますし、経済的にも安定します。

着実に貯金を増やしていく方法として、ネット銀行100の活用術では積立預金をおすすめしています。

また、積立預金と似ているサービスを提供している銀行も多いので、お金が貯まらない人向けのアイデアを4つ紹介します。

無料ですぐ使える4つの預金サービス

女性

積立預金のように、貯金が苦手な人でもお金が貯められるサービスを4つ紹介します。

そしてこれらの預金は、メガバンクより何倍も預金金利が高いネット銀行での運用がおすすめです。

豆知識:ネット銀行の預金金利はなぜ高い?

ネット銀行は、実店舗を持たないことで運営コストをカットし、その分を顧客に還元することでスペックの高い金融商品を販売しています。

よってネット銀行は、メガバンクより預金金利が高かったり、手数料(ATM手数料や振込手数料など)が低いというメリットがあります。

目的別預金

目的別貯金箱

目的別預金は、1つの銀行口座に「仮想的に」自分で複数の口座を作ったり、削除したりできる機能です。

銀行口座のお金を、パソコンのフォルダ分けのように自由に管理できるとイメージすると、わかりやすいかもしれません。

ネット銀行ならではのサービスで、「給与振込用口座にあるお金をあるだけ使ってしまう…」という人にもおすすめです。

たとえば、将来のためのお金として

  • 自動車購入資金
  • 海外旅行資金

と言った感じで、お金を分けて管理できます。

上記の画像は「貯金の目的別」で分けるイメージですが、下記のように「使うお金と貯めるお金」で分ける使い方も良いと思います。

代表口座

これらは「仮想的に」作ったものなので、口座開設の手続きなどは不要です。

目的別預金のサービスを提供している代表的なネット銀行は、ソニー銀行住信SBIネット銀行です。

特に、ソニー銀行の目的別預金「ほしいもの貯金箱」は、かわいいキャラクターがたくさん登場し、預金の状況によってキャラクターのしぐさなどが変わるので、楽しみながら貯金できます。

楽しみながら貯金をすることで、貯金を続けやすくする工夫だと思います。

住信SBIネット銀行も同様に、作成した口座ごとに「ランク評価」が示されるので、預金のモチベーションも高まります。

目的別預金の詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

積立定期預金

積立定期貯金

積立定期預金も、お金が貯まらないを解決する良い方法です。

例えば、毎月5,000円の積立定期預金を設定しておくと、毎月5,000円が自動的に普通預金から定期預金に移されます。

毎月5,000円を積立定期預金に入れておけば、1年間で「6万円+定期預金の利息分」が貯まるので、確実にお金を増やすことができます。

定期預金は簡単には解約できない(解約すると損をする)ので、半ば強制的に預金を作ってしまうという方法です。

しかし、知らない間にお金が貯められるので、細かい貯金管理だと長続きしない人でも無理なく貯金ができるサービスです。

ちなみに昔、私のアルバイトの先輩は、毎月1万円を「積立投信」に入れていました。

投資信託はリスクがありますが、この方法で年間「12万円+運用益」が貯まっていくので、将来の資産設計にも活用できます。

リスクを取りたくない人は元本保証の積立定期、リスクを取れる人は積立投信と、自分にあう貯蓄方法を選択すると良いと思います。

ちなみに、積立定期預金はメガバンクなどの各銀行でも、ネット銀行でも取り扱っています。

既に口座を持っている銀行で始めてもいいと思いますが、ネット銀行で組めば小さな金額から設定できる上に、より高い利息が得られるというメリットがあります。

例えば、メガバンクの積立定期預金は、毎月の設定額が1万円からが多いです。

しかしネット銀行は、1,000円からスタートできることもあります。

■少額から積立定期預金ができるネット銀行 一例

  • イオン銀行:毎月5,000円から
  • 楽天銀行:毎月1,000円から
  • ソニー銀行:毎月1,000円から

まずは無理のない積立額から始めてみたい、という人には、ネット銀行の積立定期預金がおすすめです。

特にイオン銀行は、定期預金残高が100万円を超えると、毎月25~100WAONがもらえるというポイントバックまであり、よりお得です。

資金移動サービス

自動入金サービス

積立定期預金とは違い、「他の金融機関」の資金を自動的に移動してくれる、資金移動サービスという方法もあります。

※銀行によって若干名称が異なり、「おまかせ入金サービス」「定額自動入金サービス」などと呼ぶこともあります。

本来、他社の銀行からお金を振り込むと振込手数料がかかりますが、資金移動サービスなら手数料無料で口座にお金が移せます。

毎月同じ日に、同じ金額を送金するという条件がつきますが、「毎月3万円ずつ貯金する」といった定額の貯蓄におすすめです。

例えば、会社指定の給与振込口座がメイン口座(使う用)だとすると、そこから貯金用のサブ口座に毎月資金を移動させれば、貯金分のお金を使い込まないようにできます。

ちなみに私は、メイン口座の三井住友銀行からじぶん銀行に、資金移動サービスを使って貯金しています。

じぶん銀行は3ヶ月定期に強いネット銀行なので、資金移動サービスでお金が貯まったら定期預金に回しています(→じぶん銀行とは)。

外貨積立預金

外貨預金

外貨積立預金とは、上で説明した「積立預金」の外貨預金バージョンです。

外貨預金のメリットは円預金よりも高い金利で運用できることです。

しかしデメリットとして、外貨の価値が変動すると預け入れたお金から減ってしまうリスクがある(元本割れ)ので、市場の状況を見て損をしないタイミングに解約する必要があります。

最近は円安傾向なので、外貨預金のリスクが低下しつつあり、外貨積立預金の人気も高まっています。

円の積立定期預金に比べるとリスクが高くなりますが、投資信託よりは低リスクで運用できるのでおすすめです。

私が外貨積立預金の中で「これはすごい」と思ったのが、ソニー銀行の外貨積立預金です。

ソニー銀行の外貨積立預金は、扱う通貨が12種類と多いことと、ワンコインから始められるという手軽さが評判です。

外貨預金積立

たとえば、12カ国の通貨すべてに500円ずつ外貨積立預金をして、毎月たった6,000円を積み立てる…ということもできます。

飲み会2回分くらいのお金で、12もの国の通貨に預金できるのは面白いと思います。

ソニー銀行の外貨預金は海外旅行でも役立つ

ソニー銀行で外貨預金をしておくと、海外で外貨預金口座から直接お金を使うことができます。

外貨預金を外貨として使える銀行は、実は少ないです。

使い方も簡単で、ソニー銀行キャッシュカードに付帯しているデビット機能を使って、デビットカード決済で買い物をするだけです。

日本でデビット決済をすれば普通預金口座(円)から代金が引き落とされ、海外で決済をすれば外貨預金から引き落とされるという仕組みです。

外貨積立預金をそのまま資産運用するもよし、海外旅行に行った時にデビットカードで米ドル支払いをするもよし、です。

貯金をするのにはもちろん、海外に行く機会が多いのであれば、ソニー銀行がおすすめです。

→ソニー銀行の詳細記事はこちらです

貯金が苦手な人は「知らない間に貯まる」方法を

財布を持つ男性

お金が貯められない人でも、工夫次第で貯金はできるようになります。

上記で紹介した方法はどれも手間が少なく、一度サービスの設定をすれば知らない間に貯金ができる仕組みなので、貯金が苦手な人にこそ試してほしいです。

最初はなるべく、余裕のある金額から始めると長続きしやすいです。

たとえば「毎月3万円なら貯金に回せるな」と思ったのであれば2万円から始めて、数ヶ月~1年くらい様子を見てから貯金額を引き上げるか検討、というやり方もおすすめです。

また、最近はもっと小さなお金をコツコツ貯められる自動貯金アプリというサービスもあります。

貯金アプリも「知らない間にお金が貯まる」のが魅力です。

お金を貯めるのに役立つ記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る