お金が貯まらないを解決する積立預金4つのアイデア

ひらめき

貯金ができない性格の方でもお金を貯める方法があります。

すぐにお金を使ってしまう、なぜか手元にお金が残らないなど、預金が苦手な人は少なくありません。計画的にお金を貯めることができれば、いざというときの備えにもなりますし、経済的にも安定します。

着実に貯金を増やしていく方法として、ネット銀行100の活用術では積立預金をおすすめしています。

また、積立預金と似たようなサービスを提供している銀行も多いので、お金が貯まらない人向けのアイデアを4つ紹介します。

無料ですぐ使える4つの預金サービス

積立預金は特に、ネット銀行にとって強みがあると思っています。その理由として、ITのサービスと継続して資金を管理したり、積み立てるサービスは相性が良いからです。

目的別預金

積立預金とは少し違うのですが、楽しみながら貯金できます。

目的別預金は、ネット銀行ならではのアイデアがあるサービスです。類似のサービスをソニー銀行と住信SBIネット銀行が提供しています。

目的別預金は、1つの銀行口座に「仮想的に」自分で複数の口座を作ったり、削除したりできる機能です。わかりやすく説明すると、銀行口座のお金を、パソコンのフォルダ分けのように自由に管理できるといったものです。

イメージ図。
親貯金箱

イメージ図2。
代表口座

つまり、将来のためのお金として

と言った感じで、お金を分けて管理できます。もちろんこれらは「仮想的に」作ったものなので、口座開設の手続きなどは不要です。

特に、ソニー銀行の目的別預金「ほしいもの貯金箱」は、かわいいキャラクターがたくさん登場し、預金の状況によってキャラクターのしぐさなどが変わるので、楽しみながら貯金できます。

住信SBIネット銀行も同様に、作成した口座ごとに「ランク評価」が示されるので、預金のモチベーションも高まります。

目的別預金の詳しい情報は下記の記事をご覧ください。
このままでは貯金の達人になってしまう!ソニー銀行の「ほしいもの貯金箱」があまりに良すぎた

銀行は1つで十分かも?住信SBIネット銀行の目的別口座が使える件

積立定期預金

先ほどの目的別預金とは違い、積立定期預金も、お金が貯まらないを解決する良い方法です。もちろん、積立定期預金は各銀行が提供しているので、ネット銀行でなくてもOKです。

例えば、毎月5,000円の積立定期預金を設定しておくと、銀行口座から毎月自動的に5,000円が定期預金に入ります。

定期預金は簡単には解約できない(解約すると損をする)ので、半ば強制的に預金を作ってしまおうという方法です。

毎月5,000円を積立定期預金に入れておけば、1年間で「6万円+定期預金の利息分」が貯まるので、確実にお金を増やすことができます。

昔、私がアルバイトをしていた先の先輩は、毎月1万円を「積立投信」に入れていました。投資信託はリスクがありますが、この方法で年間「12万円+運用益」が貯まっていくので、将来の資産設計にも活用できます。

リスクを取りたくない人は元本保証の積立定期、リスクを取れる人は積立投信という感じで、選択すると良いのではないかと思います。

ネット銀行で積立定期預金を組むメリットは、小さな金額から設定できることに付きます。(あと、金利も大手銀行よりは高いです)

例えば、

それぞれ積立定期を組むことが可能です。特にイオン銀行は定期預金残高が100万円を超えると、毎月25~100WAONがもらえるのでお得です。

参照:
積立定期預金とは?1,000円からできるコツコツ貯金で利息がよりお得に

資金移動サービス

資金お取寄せサービス

おまかせ入金サービス

積立定期預金とは違い、金融機関の資金を自動的に移動してくれるのが「資金移動サービス」です。

このサービスは、ソニー銀行と大和ネクスト銀行が提供しています。例えば、給与振込口座が会社で決められている場合や、メイン口座(使う用)からサブ口座(貯める用)に毎月資金を移動させたい場合に便利です。

例えば、あなたが普段の給料を三井住友銀行で受け取っているとします。そのうち、毎月1万円が自動的に、三井住友銀行からソニー銀行の口座に移動するというわけです。

資金移動サービスを使って、ソニー銀行で毎月お金を貯めていくという使い方です。

ちなみに、資金移動サービスはそれぞれ、

と呼ばれています。
資金の移動に必要な手数料は無料なので、振込手数料などは気にする必要がありません。個人的には、早く他社も類似のサービスを開始して欲しいと思います。

ソニー銀行は、管理人である私もよく利用するネット銀行ですが、やはりこういったかゆいところに手が届くサービスが多いです。

積立や住宅ローン返済に、ソニー銀行のおまかせ入金サービスが超便利

外貨積立預金

積立預金の外貨預金バージョンです。

リスクは円積立定期預金よりも高くなりますが、投資信託よりも低いです。

外貨預金のメリットは円預金よりも高い金利で運用できることです。一方で、円安・円高によって為替差益・差損となる可能性があるため、解約のタイミングは市場の状況に左右されてしまいます。

最近は円安傾向にあるため、外貨預金のリスクが低下しつつあり、人気も高まっています。

私が外貨積立預金の中で「これはすごい」と思ったのが、ソニー銀行の外貨積立預金です。実はワンコインから始められるんです。

外貨預金積立

ソニー銀行の外貨積立預金は、ネット銀行の中でも圧倒的No.1となる500円からスタートできます。そして12カ国の通貨を取り扱っているので、毎月たった6,000円で、12カ国すべてに外貨積立をすることが可能です。

飲み会2回分のお金で、12もの国の通貨に預金できるのってすごく面白いと思いませんか。

参照:【評価したい】500円から外貨預金が始められるソニー銀行の凄さ

ソニー銀行がさらにすごいのは、デビットカード(Sony Bank WALLET)を使って、外貨預金の口座から直接、外貨を引き出すことができる点です。

例えば、毎月米ドル外貨積立預金をしておいて、そのまま資産運用するもよし、海外旅行に行った時に、預金している米ドルを使って、デビットカードで支払いをするもよし。

海外でも柔軟に使える点は、メリットが大きいです。

ソニー銀行の詳細記事はこちらです

いかがでしたか?

お金が貯められない人でも、工夫次第で貯金はできるようになります。また、お金を貯める上では使い方も大切なので、以下の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

関連:
家賃は月収の3割というのは嘘?それを目安すると家計がかなり圧迫します

また何かあったら、使える貯金のアイデアを共有したいと思います。

お金を貯めるのに役立つ記事

イオンカードセレクト