お金について学ぶ

貯金アプリの「しらたま」がお金を貯められない人の解決策になる理由

自動貯金アプリ しらたま

貯金ができない人や、お金が貯められない人でも、「しらたま」という貯金アプリを使えばその悩みを解決できます。

貯金アプリの「しらたま」は、家計簿アプリで有名なマネーフォワードがリリースした新しいサービスです。

昨今、自動貯金アプリやお釣りで投資アプリが増えています。

日常生活を過ごすだけで、アプリが自動的にお金を管理し銀行に預金してくれる仕組みで、私たちは「貯金」について気にしなくても勝手にお金を貯めることができます。

しらたまは無料で使えるサービスです。お金を貯めるのが苦手な方にとって、試す価値の高いアプリだと思います。

ちなみに、サービスの名前は「知らずに貯まる」ことから「SiraTama(しらたま)」なのだとか。

貯金アプリ「しらたま」のしくみ

しらたまの仕組みをわかりやすく説明します。

まず、しらたまのアプリをダウンロードすると、連携する銀行内に目的別口座が開設されます。(アプリのダウンロードは無料

マネーフォワードによると、今後連携できる金融機関は増えていくとしていますが、現時点では住信SBIネット銀行のみがしらたまの連携金融機関として使えます。

つまり、しらたまを利用するには住信SBIネット銀行の口座開設が必要です。(こちらも無料で口座を作れます)

住信SBIネット銀行の中には、代表口座とは別に「目的別口座」というサービスがあります。

目的別口座とは?

入出金に使う「代表口座」とは別に、自分で自由に仮想の口座を作ることができます。

例えば、「旅行費用のための口座」、「マイホーム購入のための口座」といった具合です。

これらの目的別口座と代表口座の資金移動は無料で行えます。

つまり、1つの銀行口座の中で複数の資金を小分けにして管理できるのが目的別口座の機能です。

しらたまアプリと住信SBIネット銀行の口座を連携すると、住信SBIネット銀行の口座内に自動的に「しらたまで貯めたお金専用の目的別口座」が作られます。

詳細記事:銀行は1つで十分かも?住信SBIネット銀行の目的別口座が使える件

金融機関との連携が完了すると、あとはしらたまが条件に応じて自動的に貯金を行ってくれます。

2種類の貯金方法がある

スマホで貯金

しらたまには2種類の貯金方法があります。

  • つみたて
  • お釣りを自動貯金

1つめは、毎日決まったお金を自動的に積立てる方法です。

もう一つが最近話題にもなっている「お釣り貯金」です。

お釣り貯金は「100円、500円、1,000円」のいずれかを設定し、カード支払額に応じて自動的にお釣りを算出します。

お釣り貯金のしくみ

お釣り貯金は最初に「100円、500円、1,000円」のいずれかを設定します。

そして、クレジットカードやデビットカードで支払いを行うと、その情報を家計簿アプリの「マネーフォワード」が自動的に読み取り、端数を「お釣り」として計算します。

しらたまの設定金額は「すべて100円玉で支払いをする or すべて500円玉で支払いをする or すべて1,000円札で支払いをする」と考えるとわかりやすいです。

例えば、カードで320円の買い物をした場合。

設定額が100円だと、100円玉を4枚渡して80円のお釣りを受け取ります。この80円が「お釣り」とみなされ、しらたまを通じて住信SBIネット銀行の目的別口座に自動貯金されます。

設定金額が500円の場合、500円玉を1枚渡して180円のお釣りを受け取りますので、貯金額は180円です。

設定金額が1,000円なら、貯金額は680円となります。

このように、普段の生活でカード支払いをするだけでコツコツと自動的に銀行口座にお金が貯まっていくのが「しらたま」の特徴です。

類似サービスの「マメタス」を提供しているウェルスナビの社長によると、お釣りアプリは「お釣り金額を100円に設定した場合で毎月7,000円~8,000円が貯まるイメージ」とのことです。(マメタスについては後述)

もちろん、1ヶ月にどれくらいお釣りが貯まるかは、設定金額やお買い物の頻度によっても大きく変わってくるのであくまでも参考です。

とは言え、毎月自動的に8,000円のお金が貯金できるようになれば年間で10万円近く貯金できるわけですから、効果は絶大ですよね。

しらたまの利用には住信SBIネット銀行の口座が必要です。

住信SBIネット銀行は、キャッシュカード一体型のVISAデビットカードを発行しており、クレジットカードと同じように使えます。

デビットカードは年会費無料で15歳以上の方なら誰でも持つことが可能です。

住信SBIネット銀行のVISAデビットカードは、利用金額の0.6%をキャッシュバックしてくれるのでおすすめです。

しらたまのお釣り分と、0.6%のキャッシュバックを合わせると、さらに効率よくお金を貯められます。

しらたまを開発したマネーフォワードによると、貯金ができない人でも楽しくお金が貯められるような設計にしたとのことです。

「貯蓄したいと思っているが貯蓄できていない」というユーザーをターゲットに展開。

より手軽に貯金できるよう、銀行口座にアクセスしているという感覚をなくし、残高を金額に加えてお金のアニメーションで表現するなど、直感的なユーザーインターフェースを心がけた

もちろん、貯めたお金は銀行口座からいつでも出金できます。

住信SBIネット銀行なら、

  • ATM手数料:毎月2回まで無料(最大15回無料)
  • 他行あて振込手数料:毎月1回まで無料(最大15回無料

なので、出金時のATM手数料はかかりません。

類似サービスが続々登場

自動貯金アプリのしらたまの他にも、類似サービスが数多く登場しています。

マメタス

マメタス

マメタスは、ロボアドバイザーで有名な「ウェルスナビ」が展開している「お釣りで投資」アプリです。

しらたまは、日常の買い物で発生した「お釣り」を貯金するサービスでしたが、マメタスは「お釣り」を自動的にロボアドバイザー「ウェルスナビ」を使って資産運用に回します。

マメタスも以前は住信SBIネット銀行の利用者しか使うことができませんでしたが、現在はウェルスナビの口座を持っている人でも利用できるようになりました。

利用にあたっての手数料は無料で、実質的な手数料はロボアドバイザー「ウェルスナビ」で生じる年率1%+税の運用報酬のみです。

ウェルスナビは貯金ではなく「投資」なのでリスクがある運用方法ですが、年率3%~5%程度の利回りで運用できると試算されています。

知らないうちにお金が貯まり、貯めたお金を雪だるま式に増やしていけるのがマメタスの最大のメリットです。

マメタスについては、姉妹サイト「1億人の投資術」で記事を書いています。

トラノコ

トラノコ

トラノコは、ウェルスナビと直接競合する「お釣りで投資」アプリの1つです。

前述のウェルスナビは「ロボアドバイザー」を使って資産運用を行いましたが、トラノコは「トラノコファンド」と呼ばれる投資信託を使って運用するのが特徴です。

トラノコファンドには3つの種類があり、「ローリスク・ローリターン、ミドルリスク・ミドルリターン、ハイリスク・ハイリターン」と言った具合に、運用のリスクを自分で選択できます。

もちろん、3種類のトラノコファンドを自由に組み合わせることもできます。

日常生活の支払いで発生したお釣りを自動的にトラノコファンドで運用し、雪だるま式に資産を増やしていく、先ほどのマメタスと同じですね。

ただし、マメタスの利用は無料でしたが、トラノコは利用料として月額300円がかかります。(口座開設後3ヶ月は無料)

また、トラノコファンドの運用報酬として、トータルで年率0.45%程度の手数料がかかる他、出金手数料も1回あたり300円必要です。

これまで、「しらたま・マメタス・そして後述するフィンビー」はすべて住信SBIネット銀行と提携してサービスを展開している企業でした。

しかし、トラノコは「セブン銀行」などと提携している点で違いがあります。

セブン銀行も、デビット付きキャッシュカードを展開しており、利用金額に対して最大1.5%のnanacoポイントが貯まります。

もしかすると将来、セブン銀行デビットカードで発生したnanacoを使って、自動的にトラノコファンドを買い付ける仕組みも導入されるかもしれません。

トラノコについては、姉妹サイト「1億人の投資術」で記事を書いています。

finbee (フィンビー)

フィンビー

finbee(フィンビー)は、前述の投資系アプリではなく、「しらたま」に近い純粋な自動貯金アプリです。

しらたまは、日常生活のお買い物によって自動的にお釣りを貯金に回す仕組みでしたが、フィンビーはルールを満たすことによって自動貯金が行われるという特徴があります。(フィンビーにも、買い物によってお釣りを貯金する仕組みもあります)

例えば、「恋人にクリスマスプレゼントをあげるために3万円を貯金したい」といった貯金の目標を最初に設定します。

そして、その目標を達成するために

  • 毎週金曜日に1,000円を貯金する(その代わりに金曜日の飲み会を我慢する)
  • 1日1万歩歩いたら500円貯金する(積極的な運動で健康面もしっかりする)

といった設定ができます。
つまり、日常生活のいろいろなアクションや頑張りによって、その目標を達成しら一定金額を貯金するという面白い仕組みです。

目標金額の達成率はいつでもフィンビーのアプリで見ることができます。また、カップルや家族でデータを共有することもできるので、カップルで一緒に「1つの目標に向かってお金を貯める」ことも可能です。

フィンビーも同様に住信SBIネット銀行との連携によってサービスを実現しているため、利用には住信SBIネット銀行の口座が必要です。

フィンビーについては、ネット銀行100の活用術で過去に取り上げています。

貯金は新しい時代へ

ネット銀行100の活用術 管理人のつぶやき

貯金するのが苦手な人でも、アプリの力によって自動的にお金を貯められます。

最近は、このようなアプリを「自動貯金アプリ」と呼んでいますが、彼らの最終的な狙いは「自動投資アプリ」として進化させることです。

今回紹介した「しらたま」も将来的には自動的に貯めたお金を投資に回せる仕組みにすることを示唆しています。

これまで日本では「貯蓄から投資へ」と言われながらも、なかなか投資や資産運用が定着しませんでした。

しかし昨今、国や金融庁が力を入れて主導しているのが「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「つみたてNISA」といった「つみたて投資」です。

金融庁が示したデータによると、「長期・分散・積立」投資を行うことで、長期的には年2%~8%程度の利回りで運用できることがわかっています。

こうした「貯蓄から投資へ」の流れの一つとして、住信SBIネット銀行などが積極的な窓口となり、自動貯金アプリを広めているのが現状です。

最近は楽天証券が楽天スーパーポイントを使って100円から投資信託の購入を可能にしました。

最終的に投資をするかどうかは個々の判断によると思いますが、少なくともこうした流れが生まれるのは良いことですし、自動貯金アプリを使うことで手数料0円で、意識せずコツコツとお金が貯められるのは非常にありがたいです。

次の記事は「5パーセント超の利回りが確保できる安全な資産運用先まとめ」です。

関連リンク

この記事と関連するページ