お金について学ぶ

セブンイレブンアプリのポイント・バッジシステムをわかりやすく解説 知らないと損する使い方も

セブンイレブン

セブンイレブンがリリースしたセブンイレブンアプリが、iOS版・Android版ともに着々とダウンロード数を伸ばしています。

コンビニアプリの中では後発ですが、バッジシステムという独自のランク制度などを取り入れてサービスを広げています。

セブンイレブンに行くと、レジで店員さんから「セブンイレブンアプリはお持ちですか?」と聞かれることも増えました。

スマホの機種変更しても、新たにアプリをダウンロードしてメールアドレスとパスワードでログインすれば、データもかんたんに引き継げるので、気軽に使えるアプリだと思います。

しかし、セブンイレブンがお得に使えるようになるメリットがある一方で、よく調べるとデメリットも見えてきました。

今回は、セブンイレブンアプリの使い方とあわせて、メリットとデメリットもわかりやすく解説しようと思います。

また、最後にはnanacoカードを無料で発行し、ポイント還元率も1.5倍に引き上げる方法についても触れています。

セブンイレブンアプリの基本機能

スマホを操作する女性

セブンイレブンアプリの基本的な使い方は、セブンイレブンでお会計をする前にアプリからバーコードを見せることです。

ポイントカードのような感覚で出して、nanacoポイントだけでなくバッジも貯めてることで、よりお得に使えるようになります。

■セブンイレブンアプリ 基本の使い方

  • バッジ集めてランクアップ
  • クーポンを受け取って利用
  • キャンペーン応募
  • nanacoの残高確認
  • セブンマイルを貯める

アプリでは、クーポンやキャンペーンのお知らせ通知を受け取れるほか、電子マネーnanacoポイントを使っている人は残高確認もできます。

中でも独自のサービスは、バッジシステムセブンマイルプログラムです。

それぞれ、具体的な使い方を解説します。

バッジ機能とは

バッジとは

セブンイレブンアプリでは、特定商品を買うとバッジが貯まるというサービスがあります。

バッジはプラチナ・金・銀・銅の4種類に分かれており、「おにぎり・寿司を10個買うと銅バッジ獲得」のように、商品ごとにバッジ獲得条件が異なります。

そして、バッジのランクが上がると、ランクに応じたキャンペーンに応募ができるようになる、という、セブンイレブンをたくさん使った人ほど優遇が大きくなるサービスと言えます。

「あとおにぎりを1個買ったら銀バッジだから、今日のランチはおにぎりにしようかな」など、買い物に迷った時の決め手にするのも良いかもしれません。

バッジが貯まる条件は、買い物以外にもあり、期間限定のバッジなどもあります。

セブンイレブンアプリ バッジランクが上がるバッジ例

■お買い物バッジ(一例)

  • おにぎり・寿司
  • パン
  • お弁当
  • セブンカフェ
  • スイーツ
  • お惣菜・サラダ・おつまみ他
  • 本・CD・DVD・ゲーム

■その他バッジ(一例)

  • アプリ起動
  • ラッキーデー(7がつく日)に買い物
  • お店巡り
  • レジでのnanacoチャージ

たとえば、ソーシャルゲームのログインボーナスのように、1日1回アプリを起動するだけでもバッジポイントが貯まります。

実際に参加できるキャンペーンは、値引きクーポンやプレゼント抽選などが多いです。

中にはおせち応募抽選など、豪華なプレゼントのキャンペーンもありました。

ちなみにバッジは、セブンイレブンアプリにnanacoカードを登録すると、登録済みnanacoカードで支払いをすればアプリ提示なしでポイントが貯まるようになります。

ただし、次に開設する「セブンマイルプログラム」ではアプリ提示が必要になるので、セブンマイルも貯めるならどのみちスマホ画面を見せることになります。

少しややこしいセブンマイルプログラム

セブンマイルプログラム

次に、バッジシステムより少しややこしいセブンマイルプログラムについて、わかりやすく解説します。

セブンマイルプログラムとは、セブンイレブンだけでなくイトーヨーカドーなどでも共通して貯まるランク制サービスです。

セブンイレブンアプリをダウンロードしてメールアドレス等に登録すると「7iD」という会員登録も完了し、セブンマイルプログラムが利用できるようになります。

その中で貯まるセブンマイルとは、セブンマイルプログラムの「ランク」を上げるためのポイントで、nanacoポイントのように電子マネーとして使えるようなポイントではありません。

JALマイルやANAマイルとは全く別物の、セブン&アイホールディングス専用のポイントです。

セブンマイルが貯まると、nanacoポイントがもらえたり限定特典への応募ができるようになります。

セブンマイルプログラムの特徴は、下記6点です。

■セブンマイルプログラム 6つの特徴

  1. 店舗でアプリのバーコードを見せると貯まる
  2. 利用代金1円につき1マイルが貯まる
  3. マイルに応じてランクアップ
  4. ランク判定は3ヶ月に1度
  5. ランク到達ごとにnanacoポイントがもらえる
  6. 3つ星ランク以上になると特典あり

セブンイレブンアプリ、もしくはイトーヨーカドーかオムニ7アプリでバーコードを見せてから会計をすると、nanacoポイントと一緒にセブンマイルも貯まります。

そして、3ヶ月ごとを1ターム(3~5月、6~9月、9~11月、12~2月)として、タームの終わりのマイル数に応じたランクが決まる仕組みです。

セブンイレブンアプリからマイルのページに飛ぶと、現在のタームがいつまでかは一目でチェックできます。

スマホでは、下記の通り画面右上に表示されていました(ターム終わりのお知らせ画像もトップにありました)。

セブンマイルプログラム画面

ターム最終日のランクに応じて、ランクアップボーナスとしてnanacoポイントがもらえます。

ランクに到達するために必要なマイルと、もらえるnanacoポイントは下記のとおりです。

■セブンマイルプログラム ランク判定とnanacoボーナスポイント

ランク 必要マイル もらえるnanacoポイント
5つ星 200,000マイル 300ポイント
4つ星 100,000マイル 150ポイント
3つ星 50,000マイル 100ポイント
2つ星 30,000マイル 50ポイント
1つ星 15,000マイル 30ポイント

1円=1マイルなので、必要マイル数は「必要利用金額」と思えばOKです。

3つ星なら1ヶ月で1万円使えば到達できるので、仕事がある日のランチを毎日セブンイレブンで買っている人なども到達できると思います。

一方、最高ランクの5つ星になるためには、3ヶ月で20万円使う必要がある、つまり月に7万円近く使う計算になるのでハードルは高めです。

通販サイト「オムニ7」でまとめ買いをしたり、高額なネットショッピングをしたりしないと難しいかもしれません。

そして、ランク条件をひとつクリアするごとに、ボーナスポイントのnanacoポイントがもらえます。

たとえば3つ星に到達すると、1~3つ星のランクアップボーナスのnanacoポイントがすべてもらえるので、ターム終了から3営業日後くらいに計160マイルを受け取れます。

そして3つ星以上になると、ボーナスのnanacoポイントが受け取れるのにくわえて、セブンマイルプログラム専用の特典にも応募できるようになります。

特典内容は時期によって変わりますが、たとえば下記のような特典があります。

セブンマイルプログラム 3つ星以上の特典例

■有料アプリの無料体験

  • Hulu
  • ことりっぷWeb
  • ラジコ
  • マネーフォワードプレミアム
  • FiNCプレミアム

■イベント・ギフト系

  • 国内外旅行ツアー割引
  • ヨガレッスン体験
  • ジムのトレーニングチケット
  • 工場見学
  • ミュージカル
  • 名産品のお届け便
  • フラワーアレンジメント
  • nanacoぬいぐるみ

セブンマイルプログラムの特典内容はタイミングによって変わるので、バッジのように「あえて貯める」というよりは、「マイルが溜まったタームは、ちょっぴりお得になる」くらいで使っても良いかもしれません。

バッジシステムに比べるとこの特典を狙いに行く、

セブンイレブンアプリの買い物以外で使える機能

電車でスマホを操作するサラリーマン

その他にも、セブンイレブンアプリは買い物以外でも使える機能があります。

個人的には、これらの機能の便利さが魅力だと思います。

■セブンイレブンアプリ 買い物以外の便利な機能

  • 近くのセブンイレブン店舗検索
  • セブン&アイホールディングス無料Wi-fi接続
  • 自転車シェアリング

セブンイレブンアプリから「店舗」というアイコンをタップすると、現在地から近くのセブンイレブンを地図上に表示してくれます。

「この近くにセブンイレブンってあったっけ」と思った時に、すぐに探せるので使いやすかったです。

さらに、セブン&アイホールディングスが提供しているWi-Fi「セブンスポット」が、アプリからだと回数無制限で接続できます。

無料で回数無制限になる、メリットも意外と大きいです。

さらに、セブンイレブンは都心部中心に自転車シェアリングも展開しており、セブンイレブンアプリからも利用できます。

セブンイレブンアプリでスマホ決済はできない

スマホ決済イメージ

ここまでは、セブンイレブンアプリのメリットを中心に説明しました。

しかし、ローソンやファミリーマートのアプリに比べて、セブンイレブンアプリが見劣りするポイントもあります。

最大のデメリットは、新しいアプリをダウンロードしてもiPhoneユーザーは未だにnanacoのスマホ決済が使えないという点です。

iPhoneのスマホ決済システム「Apple Pay」はnanacoに対応しておらず、セブンイレブンアプリも決済サービスは提供していないからです。

Androidスマホなら、Google Payにnanacoカードが登録できるので、アプリ提示から支払いまで全てスマホ完結で可能です。

iPhoneの場合、Apple Pay会計前にアプリを出して、その後nanacoカードも出して…という手間がかかるので、ポイントカード代わりのアプリくらいの位置づけで使うことになります。

ちなみに、コンビニアプリで決済サービスが使えるのは、ローソンです。

ローソンアプリでは、東京の一部店舗で使える「ローソンスマホペイ」で、スマホで商品スキャンをすればレジに並ばずに会計ができる決済が使えます。

今後、全国のローソンにも広まっていくと期待されている電子決済です。

また、ファミリーマートのアプリ自体にはスマホ決済機能がついていませんが、ファミマTカードがApple Pay・Google Pay両方に対応しているので、iPhoneユーザーもスマホ完結の電子決済が可能です。

クイックペイならnanaco支払いもできるが…

nanacoはApple Payには対応していませんが、QUICPay(クイックペイ)には対応しています。

よって、iPhoneユーザーでもクイックペイを使えば、スマホでナナコ決済ができるようになります。

しかし、クイックペイは「後払い」の電子決済方法なので、プリペイド式のnanacoを使うには、クレジットカードの登録もする必要があります。

セブンイレブン系列のクレジットカード「セブンカード・プラス」で登録すれば、ポイント二重取りもできるのでお得ではあります。

ただし、「クレジットカードを増やしたくないからnanacoを使っていた」「そこまでするのは手間」という人にとっては、やや面倒かもしれません。

ローソンがスマホ決済を導入したことで、セブンイレブンも新たな決済を取り入れる可能性はあります。

しかし記事執筆時点では、そこまで新しいサービスが多いわけではなく、スタンダードなコンビニアプリという印象なのが正直なところです。

アプリからnanacoカードを作るのは損

手でバツを作る男性

ちなみに、セブンイレブンアプリのメイン画面には、nanacoカードを持っていない人向けのカード発行の申込みフォームがあります。

ここでナナコカードのWeb申し込みをすると、セブンイレブンの店舗でナナコカードを受け取れます。

しかし、アプリからnanacoカードを発行すると、発行料300円がかかってしまいます。

実は、nanacoカードを完全無料で発行し、さらにポイント還元率もアップできる方法があります。

それは、セブン銀行でnanaco・デビット機能一体型のキャッシュカードを持つことです。

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行では、nanaco機能とJCBデビット機能が付いた多機能キャッシュカードを無料で発行できます。

レジでキャッシュカードをかざすだけでnanaco決済ができて、通常のnanacoカードと同じく100円につき1ナナコポイントが貯まります。

しかし、このカードの真価が発揮されるのは、デビットカード機能です。

セブン銀行デビットカードをセブンイレブンで利用すると、nanacoポイントの還元率が1.5倍にアップします。

通常のnanacoカードは100円につき1ポイント、つまり還元率1.0%です。

一方、セブン銀行デビットカードは、セブンイレブンでデビット決済をすると還元率1.5%になります。

セブンイレブンアプリのバーコードをレジで渡して、支払いは「JCBカードで」と言えば、バッジも集めてnanacoポイントもお得に貯めることができます。

豆知識:デビットカードとは

デビットカードは、後払いのクレジットカードとは違い、決済をしたらすぐに銀行口座から引き落としとなるカードです。

口座残高以上に使いすぎることがないので、クレジットカードだと使いすぎそうだと心配な人も安心して使えます。

セブン銀行デビットカードは、国際ブランドJCBのカードなので、JCBカードが使えるお店ならほぼ全て利用可能です。

コンビニはもちろんネットショッピングや海外旅行でも使えるので、使い勝手はクレジットカードとほとんど同じです。

nanacoカードでポイントを貯めるより、セブン銀行デビットカードでデビット決済をした方が還元率が高くなるので、セブンイレブンをよく使う人は持っておいて損はないと思います。

セブンイレブン関連記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る