家計簿アプリのマネーフォワードでお金の管理を激的に変える6つの使い方

マネーフォワード

お金の管理が苦手、、、ついお金を使いすぎてしまう、、、

こういうことってありますよね。
現金でお金の管理をするのは確かに難しいことなのですが、最近はクレジットカードや電子マネー、そしてネット振込など、支払い方法が多様化したことで、よりお金の管理が難しくなってきているように思います。

一方で、iPhone・Androidといったスマートフォンの登場により、便利なアプリが多数登場しており、以前に比べて家計の管理は行いやすくなっているのも事実です。

昔はノートで家計簿を付けていた人も多かったのですが、最近はもっぱらマネーフォワードのようなスマホ家計簿アプリでお金の出入りを管理している人が多いです。

家計簿アプリ マネーフォワードできること

家計簿アプリのマネーフォワードは、お金の管理をわかりやすく、そして楽しくできるように設計されています。

アプリの利用は無料なので、ダウンロードして誰でもすぐに使えます。

銀行やクレジットカードの明細は自動的に家計簿に反映

同期

最近は、銀行はネットバンキングを使った振込、支払いもクレジットカードや電子マネーで行うので、現金を使うことがほとんどないという方も多いと思います。

ネットバンキングやクレジットカード支払いは利便性が向上する一方で、実際の入出金の管理は行いにくいですよね。

マネーフォワードは、銀行のネットバンキングやクレジットカードの明細を連携させることで、それらの明細を自動的に家計簿に取り込んでくれるという画期的な機能があります。

つまり、あなたが家計簿を付けなくても、項目や数字を一切間違えることなく自動的に家計簿に使ったお金が反映されるのです。

また、自動的に取り込んだ項目は、品目ごとに「水道光熱費」「食費」「趣味・娯楽」といった具合に、カテゴリ分類されます。

カテゴリごとにグラフ表示ができるので、「今月は食費を使いすぎている」といったことがすぐに把握できます。もちろん、家計簿は自動取り込みで作成してくれるので、あなた自身が行う作業はほとんどありません。

現金で払ったらレシートをカメラで撮影

レシート

では、現金で支払いをした時の家計簿はどうするか。

もちろん、手動入力で家計簿を付けることもできるのですが、マネーフォワードには「レシート撮影機能」というこれまた画期的な機能があります。

レシートをスマホのカメラで撮影すると、そのレシートに書かれた文字を自動的に読み取り、品目と値段を家計簿に反映するという仕組みです。

スーパーでもらったレシートを見てみると、購入品目が多く10品や30品となることも多いです。長いレシートをもらって、そこに書かれている内容を家計簿に記録していくなんて面倒ですよね。。。

しかし、マネーフォワードの撮影機能なら、一発で家計簿の作成が完了します。

レシートが上手く読み取れないこともありますが、この機能は将来的にどんどん精度が高まることが予想されるので、積極的に活用したいところ。

パソコンやMacでも閲覧できる

スマホとパソコン

マネーフォワードはiPhone・Androidで使うスマホアプリですが、家計簿データはすべてクラウド上に保管されるのが特徴です。

つまり、どれだけ膨大なデータを詰め込んでも、スマホの容量は一切重くなりません

データをクラウドに保管するもう一つのメリットとして、スマホだけでなくパソコンやMac、タブレットでも同じデータをいつでも閲覧することができます。

携帯電話を買い換えてもデータの引き継ぎなどは不要で、マネーフォワードのIDとパスワードだけしっかりと覚えておけば、どんな端末でもすぐにリアルタイムのデータを見ることができるのです。

資産管理のアプリとしても使える

家計

日々の家計簿アプリとして使えるマネーフォワードですが、銀行口座の入出金を把握するだけでなく、現在口座残高がいくらあるのか?といった資産管理も同時に行えます。

証券口座との連携もできるので、現預金がどれくらいあって、保有株式がどれくらいあって…と保有資産をすべてグラフ化して把握することが可能です。

もちろん、最新のデータは自動で取り込まれるので、最初に証券口座や銀行口座との連携さえしておけば、その他の手間はかかりません。

他の人のデータを参考にできる

参考

マネーフォワードがなぜ無料で使えるのか?危険じゃないの?

と思う方も多いと思います。
マネーフォワードが無料で使える理由は、「一部ユーザーからのプレミアム課金」と「あなたの家計データを取得」しているからです。

もちろん、あなたの個人情報を取得しているというよりは、匿名の状態で「東京都に住んでいる25歳の一人暮らしの男性は1ヶ月にどれくらいの食費を払っているのか?」といったデータを取得しているわけです。

こういった情報は、他の企業やユーザーに対してのサービス提供に役立ちます。

その一例として、マネーフォワードでは自分と近しい人の家計データがわかるようになっており、節約に役立てることができます。

例えば、あなたが「東京都に住んでいる25歳の一人暮らしの男性」だった場合、あなたと同じ条件の人が1ヶ月の食費を平均何円ぐらい使っているか?がわかるようになっています。

これによって、あなたは「他の人に比べて食費を使いすぎているから節約しよう」と思うようになり、家計改善に役立てることができるわけです。

プレミアム会員になるとさらに節約できる

プレミアム会員

マネーフォワードを利用使うことで月額平均11,642円の節約を実感できているというデータがあります。これだけでも十分家計の改善に役立つアプリと言えますが、マネーフォワードには有料サービスとして「プレミアム会員制度」があります。

プレミアム会員になると以下の機能が使えます。

などなど。
昨年の光熱費と今年の光熱費を比較するなど、マネーフォワードに保存している家計簿データをより詳細な形で閲覧できるので、お金の管理能力が向上します。

プレミアム会員は月額500円ですが、平均月20,223円の節約を実感できているというデータもあり、コストパーフォーマンスは悪くないと思います。

ということで

私は会社でマネーフォワードのビジネス版「MFクラウド会計」を使っていますが、非常に使いやすいので満足しています。

クラウド家計簿アプリのスタンダーになる可能性を秘めているマネーフォワード、個人向けは基本無料で使えるので、一度試しに使ってみてはいかがでしょうか?

節約に役立つその他の記事

イオンカードセレクト