お金について学ぶ

家計簿アプリのマネーフォワードでお金の管理を激的に変える6つの使い方

マネーフォワード

「お金の管理が苦手で、ついお金を使いすぎてしまう」と悩む人は、少なくありません。

このタイプの人には、クレジットカードを使いすぎて翌月の支払いに困ったことがある、もしくは今も困っている…という人も多いです。

しかし今は、これらの家計を一括管理できるアプリが多数登場しています。

代表的なのは、無料の家計簿アプリ「マネーフォワード」です。

マネーフォワードを活用すれば、毎月の口座引き落とし・クレジットカード・電子マネー・電子決済…といった家計の出入りを、簡単に管理ができます。

支払い方法が多様化してきた近年は、ノートと電卓で家計簿を付けるよりアプリで管理する方がおすすめです。

マネーフォワードできること

家計簿アプリのマネーフォワードは、お金の管理をわかりやすく、そして楽しくできるように設計されています。

アプリの利用は無料なので、ダウンロードして誰でもすぐに使えます。

銀行やクレジットカードの明細は自動的に反映

マネーフォワードができること

普段使うクレジットカードや銀行口座を登録しておけば、それらの取引はマネーフォワードと同期されます。

そして、決済をするたびに自動的にマネーフォワードの家計簿に反映されます。

こまかく家計簿を付けなくても、項目や数字を一切間違えることなくお金の流れが自動で記録されていくので便利です。

さらに、自動的に取り込んだ項目は、品目ごとに「水道光熱費」「食費」「趣味・娯楽」といった具合に、カテゴリ分類されます。

カテゴリごとにグラフ表示ができるので、たとえば一目で「今月は食費を使いすぎている」と把握できます。

手間がかかるのは、マネーフォワードに情報を登録する最初の作業だけです。

特に、キャッシュレスな生活をしている人ほど、便利さを実感できると思います。

■マネーフォワードを活用できる人

・銀行振込は、ATMではなくネットバンキングを使う

クレジットカードデビットカード電子マネーで支払うことが多い

口座引き落としを利用しているサービスが多い(光熱費や携帯利用料金など)

現金で払ったらレシートをカメラで撮影

マネーフォワード レシート撮影

現金での支払いは自動反映できませんが、レシート撮影機能でかんたんに取り込むことができます。

レシートをスマホのカメラで撮影すると、そのレシートに書かれた文字を自動的に読み取り、品目と値段を家計簿に反映するという仕組みです。

スーパーでもらったレシートを見てみると、購入品目が多く10品や30品となることも多いです。

品数が多い買い物をしても、一つ一つ入力する手間なく登録できるので便利です。

レシートが上手く読み取れないこともありますが、この機能は将来的にどんどん精度が高まることが予想されるので、積極的に活用したいところです。

もちろん、手動での入力をすることも可能です。

パソコンやMacでも閲覧できる

マネーフォワード クラウドイメージ

マネーフォワードの家計簿データはすべてクラウド上に保管されるので、複数の端末で管理できます。

たとえば、スマホとタブレット、パソコンで同じ家計データを管理することも可能です。

アプリはiPhone・Android両方に対応しています。

家計データはクラウド保存なので、携帯電話やPCを買い換えてもデータの引き継ぎが不要という点もメリットです。

マネーフォワードのIDとパスワードでログインすれば、どんな端末でもすぐにリアルタイムのデータを見ることができるのです。

また、端末の保存容量を圧迫することもないので、どれだけ膨大なデータを詰め込んでも、スマホの容量は一切重くなりません

資産管理のアプリとしても使える

マネーフォワード資産管理イメージ

家計簿アプリとして使えるマネーフォワードですが、家計の支出だけだけでなく資産管理も同時に行えます。

銀行口座の残高はもちろん、証券口座株式との連携もできるので、保有している資産をすべてグラフ化して把握できます。

もちろん、最新のデータは自動で取り込まれるので、最初に証券口座や銀行口座との連携さえしておけば、その他の手間はかかりません。

また、個人的に魅力的だと思うのは、マイルやポイントサービスの情報も一括管理できることです。

ポイントが貯まっていることに気づかずに有効期限が切れる…ということを避けるのにも便利です。

■マネーフォワードが連携しているポイントサービス(一部)

  • JAL・ANAマイル
  • Tポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • エディオンポイント
  • 阪急阪神ポイント
  • 大丸松坂屋ポイント
  • J-WESTポイント
  • ETCマイレージ

マネーフォワードが無料の理由

マネーフォワードが無料の理由

これだけ便利なマネーフォワードが、なぜ無料で使えるのか不思議に思う人もいるかもしれません。私も最初は疑問でした。

マネーフォワードが無料で使える理由は、2点あります。

■マネーフォワードが無料で使える理由

  1. 一部ユーザーからのプレミアム課金がある
  2. 個人の家計データを取得して役立てている

個人情報の家計データを取得、というのは、匿名の状態で「東京都に住んでいる25歳の一人暮らしの男性は1ヶ月にどれくらいの食費を払っているのか?」といったデータを取得しているということです。

マネーフォワードは登録時に個人情報の入力が不要なので、個人情報を集めることはありません。

個人の家計に関する情報は、他の企業やユーザーに対してのサービス提供に役立っています。

自分達も他ユーザーの家計をチェックできる

マネーフォワード 他の人のデータを参考に

マネーフォワードは、ユーザー自身も自分と近しい人の家計データをチェックすることができます。

例えば、東京都に住んでいる25歳の一人暮らしの男性が、近い条件の人(東京住みの一人暮らし20代男性など)が「1ヶ月の食費を平均何円ぐらい使っているか」などを参考にできます。

これをきっかけに「他の人に比べて食費を使いすぎているから節約しよう」と気づれば、家計改善に役立てることができます。

自分のお金の使い方が周りの人に比べてどうか、を知る機会はなかなかないので、活用する価値があると思います。

プレミアム会員はさらに節約できる

プレミアム会員

マネーフォワードを利用使うことで、「月額平均11,642円の節約を実感できている」というデータがあります。

これだけでも十分家計の改善に役立つアプリと言えますが、マネーフォワードには有料サービス「プレミアム会員制度」があります。

プレミアム会員のサービスのうち、特に便利だと感じる機能は下記の通りです。

■マネーフォワード プレミアム会員の追加機能

過去データをすべて閲覧可能
無料会員が閲覧できるデータは過去1年分ですが、プレミアム会員になれば制限なく過去データを参照できます。
マンスリーレポートの自動作成
家計資産レポートと家計診断を毎月、自動で作成できます。
金融機関との連携数が無制限に
無料会員が連携できる金融機関は10件までですが、プレミアム会員はいくつでも登録できます。
ポイント有効期限を通知
有効期限があるポイントを登録している場合、有効期限を事前に知らせてくれます。
資産の推移グラフがチェック可能に
資産・負債の推移をグラフ化できるので、特に資産運用をしている人に便利です。

プレミアム会員は月額480円ですが、平均月20,223円の節約を実感できているというデータもあり、コストパーフォーマンスは悪くないと思います。

しかし、もしこれらの機能拡張が不要だと感じたなら、無料会員のままでも十分マネーフォワードをフル活用できると思います。

自然とお金が貯まる新アプリも

自動貯金アプリ しらたま

マネーフォワードは家計簿アプリだけでなく、さまざまなお金に関するアプリを開発しています。

中でもダウンロード数が伸び続けているのが、自動貯金アプリ「しらたま」です。

つみたて貯金やおつり貯金(カード決済で生じた端数を「お釣り」として自動的に貯金)ができるアプリで、「知らないうちにお金がたまる」に由来して「しらたま」と名付けられています。

家計簿アプリのマネーフォワードと同じく、最初に貯金目標やルールを設定すれば放置しておくだけでお金が貯まるのが最大のメリットです。

マネーフォワードと並んで、お金をつい使ってしまう人におすすめです。

このアプリも無料で使える上に、iPhone・Android双方に対応しています。

しらたまについては、次の記事で詳しく解説します。合わせてご覧ください。

節約に役立つその他の記事

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る