お金について学ぶ

夏と冬のボーナスの使いみちに迷った時の教え 貯金する人が最多

ボーナス

ボーナスの使い道に迷った場合は、貯金に回す人が多いです。

もしボーナスを貯蓄に回したい場合は、まとまった額を定期預金に回すと効率的に貯金できます。

今回は、ボーナスを効率的に貯蓄する方法についてまとめました。

ボーナスの使い道は貯金が最多

貯金箱

株式会社クラウドポートのプレスリリースによると、2017年のボーナスの使い道は「貯金(貯蓄)」が一番でした。

夏・冬ともに7割前後の人が貯金に使っており、その次に生活費買い物ローン返済旅行などが続きます。

出費に回す人は、家具や車などの大きな買い物や、旅行といったまとまった金額で使うケースが多いです。

また、家のローンの繰り上げ返済に回す人も多いです。

特徴的なのは、冬は夏に比べて多く貯金に回す傾向が強いことです。

冬の方がボーナス額をたくさんもらう人が多いので、この機会にまとまった貯金をしたいと考えるのかと思います。

定期預金のボーナスキャンペーンがおすすめ

定期預金を考える夫婦

ボーナスを貯金をしたいと考えるのであれば、定期預金がおすすめです。

定期預金では、多くの銀行でボーナス時期に高金利キャンペーンを行うので、お得に貯金ができます。

特にネット銀行の定期預金は、メガバンクなどの一般的な銀行より金利が高いです。

特に、定期預金の金利が高いネット銀行が3社あります。

定期預金が高金利なネット銀行3社

定期預金において高い金利が期待できるネット銀行を3社まとめました。

■定期預金におすすめのネット銀行

  • オリックス銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

メリット・デメリットだけでなく、今月の金利も比較できるようにしています。

※最新の金利情報については、各銀行の詳細ページをご参照ください。

オリックス銀行

オリックス銀行

高金利の定期預金と言えば、オリックス銀行

■メリット

  • 突出した高金利の定期預金
  • 全国どこでも口座を開設できる

■デメリット

  • 通帳・キャッシュカードは発行していない
  • ATMから直接、入出金ができない

オリックス銀行は、定期預金の金利がずば抜けて高いことで評判のネット銀行です。

実店舗を置かないことで高金利という形で還元しており、全国どこからでも申し込むことができます。

特に、5年定期などの長期の定期預金は、メガバンク以上の金利で利用できます。

▶オリックス銀行 今月の金利(更新日:2018/11/15

期間 スーパー定期 スーパー定期300
(300万円以上)
大口定期
(1,000万円以上)
6ヶ月 0.08% 0.08% 0.08%
1年 0.10% 0.10% 0.10%
2年 0.10% 0.10% 0.10%
3年 0.15% 0.15% 0.15%
5年 0.15% 0.15% 0.15%

また、普通預金のように手軽に利用できる2週間定期預金も人気です。

2週間経てば出金でき、金利も普通預金以上にもらえるので、ボーナス以外でもこまめに預金をして少しずつ貯めたい人におすすめです。

▶オリックス銀行 2週間定期と普通預金の比較(更新日:2018/11/15

種類 金利(2018/11/15
2週間定期預金 0.05%
普通預金 0.02%

一方、オリックス銀行のデメリットとしては、通帳とキャッシュカードは持てず、ATMからの入金や出金ができない点です。

オリックス銀行は実店舗だけでなく提携ATMがないので、入出金する際は他社の銀行口座を経由することになります。

しかしこのデメリットは、下記対策によってカバーできます。

オリックス銀行のデメリットの対処法

■他行経由の入金
ソニー銀行住信SBIネット銀行など、他行あての振込手数料が無料の銀行を利用する

■他行経由の出金
他行への振込手数料は月2回無料なので、引き出しは月2回に抑える

オリックス銀行を定期預金メインに利用するのであれば出金の頻度も少なくなるので、引き出し回数は月2回に抑えやすいと思います。

ATMが使えないことをふまえても、金利の高いオリックス銀行で定期預金をするのは十分なメリットがあります。

金融大手のオリックスグループという点も安心です。

オリックス銀行 詳細情報

イオン銀行

イオン銀行

大口・長期の定期預金がお得

■メリット

  • 3年以上の定期預金が高金利
  • 取引でWAONポイントが貯まる

■デメリット

  • セブン銀行のATMが使えない

イオングループが運営するイオン銀行も、定期預金の金利が高いネット銀行です。

大口定期3年以上の長期的な定期預金だと、メガバンクの数倍の金利になります。

ボーナス全額を貯金に回すなど、まとまったお金を長期的に貯金したい人におすすめです。

▶イオン銀行 今月の定期預金金利(更新日:2018/11/15

期間 スーパー定期
(300万円未満)
スーパー定期300
(300万円以上)
大口定期
(3,000万円未満)
大口定期
(3,000万円以上)
1ヶ月 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
3ヶ月 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
6ヶ月 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
1年 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
2年 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
3年 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
4年 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
5年 0.020% 0.020% 0.020% 0.020%
商品名 利率
積立式定期預金 0.100%

デメリットとしては、全国に2万台以上のATMがあるセブン銀行が使えない点です。

セブン&アイホールディングスとイオングループは競合系列なので、セブン銀行のATMをよく使う人にとっては不便かもしれません。

しかし、イオン銀行ATM以外にも都市銀行のATMが利用できるので、生活圏によっては十分にカバーできるかと思います。

イオン銀行 詳細情報

じぶん銀行

じぶん銀行

auユーザーは特にメリット充実

■メリット

  • 1年定期預金に強みあり
  • auユーザーの優待が多い

■デメリット

  • 1ヶ月、2年以上の定期預金の金利は高くない

じぶん銀行は、携帯電話キャリアのauを運営するKDDIと三菱UFJ銀行が共同設立したネット銀行です。

入出金がすべてスマホで完結できる手軽さと、セキュリティの高さが評判です。

実は、じぶん銀行の定期預金はメガバンクよりは高金利ですが、ネット銀行の中では平均的です。

しかし、1年定期預金のキャンペーンが多いというメリットがあります。

新規口座開設をする人だけでなく、既存ユーザー対象のキャンペーンもあるので、中期的な貯金をしたい人に向いています。

▶じぶん銀行 今月の金利(更新日:2018/11/15

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 5年
円定期預金 0.030% 0.040% 0.030% 0.050% 0.030% 0.030% 0.030%

また、auユーザーでau WALLETカードを使っている場合は、さらにポイントが貯まりお得です。

たとえば、じぶん銀行からWALLETカードの電子マネーをチャージしたり、クレジットカードで料金支払をしたりすることでポイントが貯まります。

デメリットとしては、au WALLETカードを持つにはau携帯電話やauひかり(光回線)など、auと契約をする必要があることです。

au WALLETカードを持っていない場合は、メリットがやや少なくなってしまいます。

じぶん銀行 詳細はこちら

定期預金を上回る金利の「普通預金」

積立

上記3社は、一般的な定期預金の金利が高いネット銀行です。

メガバンクなどの店舗型の都市銀行に比べると、何倍も高い金利で定期預金が利用できます。

一方、定期預金と同等、もしくは定期預金を上回る金利で利用できる「普通預金」も存在します。

それが、GMOあおぞらネット銀行の証券コネクト口座、イオン銀行のイオン銀行Myステージ、楽天銀行のマネーブリッジです。

いざ貯金以外の使い道が出てきた時に、普通預金ならペナルティなしで引き出せるので便利です。

GMOあおぞらネット銀行「証券コネクト口座」

GMOあおぞらネット銀行

証券コネクト口座を無料で作るだけで高金利に

■メリット

  • 証券コネクト口座を作ると最高水準の金利に
  • 「つかいわけ口座」でより貯金しやすく

■デメリット

  • 利用できるATMが少ない

GMOあおぞらネット銀行とは、2018年7月からサービスが始まった新しいネット銀行です。

証券コネクト口座という普通預金口座を利用すると、普通預金が定期預金をも上回る高金利で利用できます。

■GMOあおぞらネット銀行 普通預金金利
(更新日:2018/11/15

種類 金利
普通預金 0.001%
証券コネクト口座(標準) 0.001%
証券コネクト口座(常設プログラム) 0.110%
証券コネクト口座(期間限定キャンペーン) 0.150%

証券コネクト口座とは、証券口座と連携した普通預金口座です。

GMOあおぞらネット銀行を共同で立ち上げた「GMOインターネットグループ」のGMOクリック証券で証券口座と、GMOあおぞらネット銀行の普通預金口座を開設するだけで利用できます。

口座開設はどちらも無料です。

証券口座の方も口座維持手数料は一切かからないので、投資をしないという人は証券口座を一切使用しなくてもOKです。

「普通預金を高金利で利用するために、証券コネクト口座を作る」という人も、これからかなり増えていくと思います。

また、貯蓄のためにGMOあおぞらネット銀行を活用するなら、「つかいわけ口座」というサービスも併用することをおすすめします。

1つの口座を「貯蓄用」「日常用」など目的別に分けることができるので、普通預金をうっかり使ってしまうことを防げます。

GMOあおぞらネット銀行の詳細はこちら

イオン銀行「イオン銀行Myステージ」

イオン銀行Myステージ

イオン銀行の取引内容に応じたランク型の優遇サービス

■メリット

  • イオン銀行での取引が増えるほど優遇内容が増える
  • 普通預金金利は業界トップクラスまで上がる

■デメリット

  • イオン銀行で一定の取引をしないと優遇が受けられない

イオン銀行は前述の通り、3年以上の定期預金の金利の高さが強みです。

しかし、短期~中期の定期預金の金利は、ネット銀行の中でも目立って高くはありません。

そこをカバーするのが、「イオン銀行Myステージ」という優遇サービスです。

イオン銀行での取引に応じてイオン銀行Myステージのスコアが毎月貯まり、翌々月の普通預金金利・他行ATM手数料・他行振込手数料が優遇されるという内容です。

特に、普通預金が優遇金利になると短期~中期的な貯蓄にも使える上に、定期預金と違っていつでもペナルティなしで引き出せます。

▶イオン銀行 今月の普通預金金利(更新日:2018/11/15

商品名 利率(年)
普通預金 0.001%
普通預金(イオン銀行Myステージ) 0.050%0.120% ← 業界最上級の高金利!

イオン銀行Myステージのスコアを簡単、かつ継続して貯めるのに便利なのが、イオンカードセレクトを持つことです。

イオンカードセレクトとは、クレジット機能・WAON機能・イオン優待カードの3機能が付帯したイオン銀行キャッシュカードです。

イオンカードセレクトを持っているだけでも、イオン銀行Myステージのスコア加算がされます。

たとえばイオンカードセレクトで毎月1円でもクレジットカード決済をするだけでも、普通預金を定期預金並の金利で利用できるので、おすすめです。

イオン銀行Myステージの効率的なスコアの上げ方は、下記記事をご参照ください。

参考記事:イオンカードセレクトとイオン銀行の組み合わせで得られる5つのメリット

他のメリットとしては、電子マネーとして使えるWAONポイントも貯まりやすくなります。

特に、イオンカードセレクトでWAONをオートチャージして使えば、ポイントが二重取りできるので、実質ポイント還元率が2倍になりお得です。

イオン銀行(イオンカードセレクト) 詳細情報

楽天銀行「マネーブリッジ」

マネーブリッジ

マネーブリッジの特別金利がお得

■メリット

  • 楽天証券の口座を作ると高金利の優待あり
  • 利用できるATMが多い

■デメリット

  • ライトユーザーだと手数料が高くなる

楽天銀行は、定期預金の利率はそこまで高くありません。

メガバンクなどに比べると高金利ですが、定期預金に力を入れているオリックス銀行などと比べると低めです。

しかし楽天銀行にもイオン銀行と同様に、普通預金が高金利で利用できるマネーブリッジという制度があります。

マネーブリッジを利用すると、定期預金を上回る金利で普通預金が利用できます。

▶楽天銀行 今月の普通預金金利
(更新日:2018/11/15

商品名 利率
普通預金 0.02%
マネーブリッジ(特別金利) 0.10% ← 業界最上級の高金利!

▶楽天銀行 今月の定期預金金利
(更新日:2018/11/15

期間 100万円未満 100万円以上 1,000万円以上
1週間 0.02% 0.02% 0.02%
2週間 0.02% 0.02% 0.02%
1ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
3ヶ月 0.02% 0.02% 0.02%
6ヶ月 0.12% 0.12% 0.12%
1年 0.03% 0.03% 0.03%
2年 0.03% 0.03% 0.03%
3年 0.03% 0.03% 0.03%
5年 0.04% 0.04% 0.04%
7年 0.04% 0.04% 0.04%
10年 0.04% 0.04% 0.04%

楽天銀行は提携ATMが多いので、全国のコンビニや都市銀行など、約9万台のATMで利用できる点も便利です。

マネーブリッジを利用する条件は、楽天証券の口座を開設する(無料)ことです。

楽天証券と楽天銀行の連携によって、特別優遇金利を受けられるという仕組みです。

「証券なんて使わないし…」という人も、口座開設だけでなく維持費も無料なので、口座を作っておくだけで使わなくてもOKです。

マネーブリッジ自体には大きなデメリットやリスクはありません(→マネーブリッジのメリット・デメリットについて)。

一方、楽天銀行のデメリットとしては、手数料がやや高い点です。

たとえば提携ATMから入金する場合、3万円以上だとATM手数料は無料ですが、3万円未満だと手数料が発生します。

ATM手数料を無料にするためには、ハッピープログラムという優遇プログラムにエントリーし、残高を増やす必要があります。

残高の額に応じて手数料の無料回数が変わり(例:貯金が10万円以上でATM手数料が月1回無料)、最大で月7回まで無料になります。

ライトユーザーは手数料がかさんでしまいますが、まとまった額の貯金に使う場合は手数料を無料にしやすいです。

楽天銀行(マネーブリッジ) 詳細情報

金利を簡単シミュレーションしてみる

計算する女性

下記フォーマットで、金利のシミュレーションができます。

どれくらいのお金が貯まるか、計算する際の参考にしていただければと思います。

シミュレーターの使い方

下記のように入力し、「計算する」ボタンを押してください。

元金
貯金する額(例:100万円)
金利
銀行の金利(例:0.1%)
運用期間
貯金する期間(例:5年)
複利計算シミュレーター

元金

金利(年)%

運用期間

グラフ
計算結果一覧を表示する

計算結果一覧

ボーナスを全て貯金しなくてもOK

夫婦

ボーナスの使い道に貯金を選ぶ人の中には、大きなお買い物ローン返済などが目標の人もいるかと思います。

マイホームや車などを買うとなると、確かにボーナスなどの貯蓄でうまくやりくりしたいと思います。

ボーナス全額を貯金しても、生活などに支障がないのであれば問題ありません。

しかし、もともと貯蓄が苦手な人はボーナスの一部は自分のご褒美に使うことをおすすめします。

ボーナスのうち一部だけでも、好きなものを買ったり旅行に行ったりすることで貯金へのモチベーションが上がる場合もあります。

貯蓄は長期戦です。モチベーションを維持することも大切です。

もし日常的にも貯金をしていきたい場合は、自動貯金アプリを使ってみるのも手です。

たとえば、finbee(フィンビー)という無料貯金アプリでは、「毎週金曜に1,000円貯金する」などのルールを自分で設定し、自動的に貯金をしてくれます。

ボーナスでのまとまった貯金と、日常的な貯金を行うことで、より着実にお金を貯めることができます。

定期預金 関連リンク

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る