ネット銀行の外貨預金を手数料(為替コスト)で比較してわかったこと

手数料比較

外貨預金には「手数料」がかかります。しかし、振込手数料のように具体的な単価が決まっているわけではなく、為替レートに手数料がどれくらい乗せられているのかを測る「為替コスト」で比較します。

為替コストは「スプレッド」と呼ばれることも多いです。FX(外国為替証拠金取引)では、スプレッドと呼ぶことが主流です。

今回は、為替コストを比較してわかった、ネット銀行各社の特徴についてまとめます。

外貨預金の手数料比較はこちらを参照ください。
外貨預金もできるだけ安く、ネット銀行10社の為替手数料を比較

ネット銀行の外貨預金サービスまとめ

ネット銀行が提供する外貨預金について、わかったことをまとめます。

手数料が一番安いネット銀行

ジャパンネット銀行

主要5通貨(米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル)の外貨預金手数料を比較した結果、トータルでジャパンネット銀行が圧倒的にお得だとわかりました。

ジャパンネット銀行は国内初のネット銀行ですが、外貨預金は最後発です。2014年にスタートしたばかりの外貨預金は競争力が高く、為替手数料を業界最低水準に抑えたことで話題となりました。

ジャパンネット銀行に次いで為替手数料が安めなのは、住信SBIネット銀行です。ATM手数料や振込手数料など、すべてにおいて強みを持つ、人気No.1のネット銀行です。

また、外貨預金に力を入れているソニー銀行も、手数料は低いです。ソニー銀行は外貨預金残高に応じて3つの優遇ステージを提供しています。

通貨ごとの手数料比較ページはこちらです。
外貨預金もできるだけ安く、ネット銀行10社の為替手数料を比較

為替手数料の引き下げも

手数料優遇

前述しましたが、ソニー銀行のように、一部の銀行では「優遇ステージ」を設けています。ステージが上がるほど、為替手数料が安くなり、金利が高くなるメリットがあります。

優遇ステージを提供しているのは、ソニー銀行と新生銀行の2社です。下記の比較表は、為替手数料が最も安いジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行に対して、ソニー銀行と新生銀行の優遇ステージ最高ランクで手数料を比較した結果です。

銀行名 米ドル ユーロ ポンド 豪ドル NZドル
ジャパネット銀行 5銭 14銭 30銭 30銭 30銭
住信SBIネット銀行 15銭 15銭 40銭 30銭 30銭
ソニー銀行 8銭 8銭 35銭 35銭 35銭
新生銀行 7銭 20銭 30銭 20銭 20銭

ソニー銀行の場合、優遇ステージへの昇格条件は「外貨預金残高」となります。

プラチナステージ
月末の外貨預金残高500万円以上

ゴールドステージ
月末の外貨預金残高500万円以上

シルバーステージ
月末の総残高300万円以上
または、外貨預金の積立購入月間5万円以上

500円からはじめられる

外貨預金積立

優遇ステージを活用すると為替手数料が最も安くなるのがソニー銀行です。しかし、ソニー銀行は外貨預金においてもう一つの強みを持っています。

それが、「500円からはじめられる外貨積立」です。本来、外貨預金は最低1万円程度が必要となります。しかし、ソニー銀行では毎月500円から、外貨預金の積立ができます。

お子様のお小遣い感覚で「外貨預金」がどういったものかを学べるので、資産運用だけでなく、外国為替や世界経済の興味をもつきっかけづくりにも役立つと思います。

ソニー銀行では、12種類の通貨を取り扱っています。12ヶ国すべての通貨に外貨預金しても、毎月たったの6,000円しかかからないということには、私も驚くばかりです。

取扱通貨が多いのは?

銀行名 通貨数
ソニー銀行 12種類
じぶん銀行 8種類
楽天銀行 8種類
新生銀行 13種類
ジャパンネット銀行 9種類
大和ネクスト銀行 11種類

外貨預金の通貨数が最も多いのは、新生銀行です。ネット専業銀行ではないので、シンガポールドルやノルウェークローネといった、マイナー通貨の取扱もあります。

また、特殊な通貨の取り扱いでは、じぶん銀行が「韓国ウォン」の外貨預金を扱っています。

最後に

都市銀行(メガバンク)などと比較すると、ネット銀行の外貨預金はFXに引けを取らないくらい、為替コストが低く抑えられていることがわかります。

大手銀行よりも、外貨預金の手数料が安く、金利が高いので、長期の運用では大きな差が出ます。業界動向を見ていると、ジャパンネット銀行の外貨預金サービス新規参入をはじめ、さまざまなネット銀行が今後外貨ビジネスに力を入れていく方針です。

今後さらに、低コスト化、高金利化が進む可能性も秘めています。

■今日のまとめ

ジャパンネット銀行
トータルで見て最も外貨預金の手数料が安い

住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行に次ぐ手数料の安さを実現。

ソニー銀行
500円からの外貨積立。優遇ステージで手数料が安くなる。

新生銀行
優遇ステージで豪ドル、NZドルの手数料が最も安い。取扱通貨が多い。

イオンカードセレクト