外貨預金の金利が高いネット銀行ランキングTOP7

外貨預金ランキング

外貨預金は為替変動の影響があったり、手数料に相当する為替コストがかかります。よって、短期間での預金よりも、比較的長期の預金として運用することを、私はおすすめします。

長期の運用を考えた場合、ほんの少し金利が高い銀行を選ぶだけでも、運用結果は大きく変わってきます。預金額にもよりますが、数年の運用で数万円もの差が生まれることも珍しくありません。

今回は、ネット銀行の外貨預金ではどこが最も金利が高いのか?調べてみました。また、大手都市銀行との比較もおこなっています。

外貨預金金利が高いネット銀行ランキング

外貨預金の金利は、通貨によっても異なります。また、それぞれの銀行が積極的なキャンペーン金利を展開しているので、常に最も高金利の銀行を見つけるのは難しいです。

どの通貨で外貨預金するのか?キャンペーン金利の適用は行っていないか?などを見ながら、その時最も高金利を提供している銀行を選びましょう。

ちなみに、大手「三井住友銀行」の米ドル金利と、ジャパンネット銀行を比較すると、金利に6倍もの差がありました

1位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

口座開設はこちら(無料)

外貨預金に本気のネット銀行

「国内初のネット銀行」として誕生したジャパンネット銀行。実は外貨預金の取り扱いをはじめたのは2014年で、ネット銀行の中では最も最後発となります。

しかし、最後発だけあって外貨預金に対して非常に力を入れており、金利・手数料ともに他社と比較して目を引くスペックの高さを誇っています。

ジャパンネット銀行では、10,000ドル以上(約100万円相当)の外貨預金をすると、金利が優遇されるメリットがあります。

キャンペーンも積極的に打っているので、当面は外貨預金はジャパンネット銀行を選んでおけば、どの通貨においても大きな失敗することはない。というくらいの安心感はあると思います。

9ヶ国の通貨を取り扱っており、主要な先進諸国はすべてカバーしています。

2位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

口座開設はこちら(無料)

外貨預金もそこそこ強い

SBIハイブリッド預金やATM手数料など、さまざまな面でNo.1を誇る住信SBIネット銀行。すでにネット銀行の中では預金残高No.1となっており、多くの利用者から支持を得ています。

外貨預金については特に大きなPRはしていませんが、それでも優秀な金利を提供していることで評判です。外貨定期預金については力を入れており、キャンペーンなどを展開しています。

外貨預金の金利はジャパンネット銀行にやや劣る印象ですが、それでも他社と比較して非常に高い金利である印象を受けます。

3位:楽天銀行

楽天銀行

口座開設はこちら(無料)

住信SBIネット銀行に対抗中

楽天銀行は、住信SBIネット銀行のあらゆるサービスに対抗しています。それは、外貨預金も例外ではありません。外貨預金の金利は、住信SBIネット銀行とほとんど変わらず、やや劣る程度となっています。

外貨預金の金利・手数料についてはネット銀行の中で標準的と言えますが、楽天銀行は外貨に関する商品数が豊富なのがメリットです。

例えば、仕組預金を活用した楽天デュアル定期預金や、業界最低水準のコストで実現する海外送金サービスなどが代表的です。

4位:大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行

トルコリラの取り扱いあり

ネット銀行の中では最後発となるのが、大和ネクスト銀行です。現在は、大和証券に口座を持っている人だけが、大和ネクスト銀行を利用できます。

大和ネクスト銀行は当初、預金金利に競争力がありましたが、最近はそうでもありません。。。これは、外貨預金においても同じで、3位の楽天銀行の金利と比較すると、ガクッと落ちます。

一方で、高金利で有名な「トルコリラ」を取り扱う貴重なネット銀行です。トルコの通貨を買える点は、大和ネクスト銀行のメリットと言えます。

5位:ソニー銀行

ソニー銀行

詳細はこちら

500円からの外貨積立預金が魅力

ソニー銀行も、外貨預金に力を入れているネット銀行です。ただし、他社との比較では「預金金利」は決して高いとは言えません。(為替コストは安いのですが・・・)

ソニー銀行では、外貨預金で預けた外貨を、そのまま海外旅行で使うことができます。また、毎月500円からの外貨積立預金ができるのもメリットです。外貨預金は通常、最低1万円からであることが多いので、500円からコツコツはじめたい方にとって、ソニー銀行の外貨預金はおすすめです。

取り扱い通貨数は「12通貨」で、香港ドルや中国元も扱っています。つまり、12ヶ国すべての外貨に積み立て預金をしても毎月6,000円、これはソニー銀行ならではの強みです。

6位:じぶん銀行

じぶん銀行

口座開設はこちら(無料)

韓国ウォンを取り扱う

金利はネット銀行の中ではやや低めです。取扱通貨数も8通貨と決して多くないのですが、業界では珍しい「韓国ウォン」を扱っているのが、じぶん銀行のメリットです。

じぶん銀行は携帯での銀行取引に力を入れています。外貨預金のツールも充実しているので、外出先からスマホでチャートやレートをチェックすることも可能です。

7位:新生銀行

新生銀行

口座開設はこちら(無料)

取り扱い通貨は最多

新生銀行は窓口店舗を持つため、厳密にはネット銀行ではありません。しかし、昔からネットバンキングに力を入れており、ネット銀行並に人気があります。

新生銀行の外貨預金の特徴は、取り扱い通貨数が多いことです。トルコリラからシンガポールドルまで、13ヶ国の通貨を外貨預金として扱っています。

しかし、金利面では決して良いとは言えず、ネット専業銀行と比較するとかなり劣ります。(外貨預金の金利水準は、大手銀行と同等の低さです)

新生銀行では、会員ステージに応じて金利優遇サービスがあります。これは外貨預金においても同じなのですが、現在確認したところでは、どのランクにおいても、金利差は設けられていません。

最後に

現在、イオン銀行、セブン銀行などの一部のネット銀行は、外貨預金を取り扱っていません。よって今回は7社の比較となりました。

最後発で外貨預金をはじめたジャパンネット銀行は、金利・手数料ともに他社と比べて力を入れていることがわかります。

普通預金や定期預金と同じく、大手都市銀行の金利はやはり低いです。外貨預金においても、大手とネット銀行では比較にならないくらい差が付きます。

また、大手銀行は為替コスト(手数料)も高いので、あまりおすすめできません。信頼度の面で大手銀行を選びたいニーズもあると思いますが、ネット銀行の外貨預金と比較した場合、運用結果に大きな差が出るのは明らかです。

ちなみに、ネット銀行の多くは大手銀行がバックについているので安心です。(例えば、ジャパンネット銀行は三井住友、住信SBIは三井住友信託、じぶん銀行は三菱東京UFJがバックに付いています)

イオンカードセレクト