金利・手数料比較

高金利!5年定期預金の利率ランキングTOP10

5年定期預金金利ランキング

多くの銀行が力を入れている定期預金が、5年定期です。

特に、ネット銀行においては5年定期が最長の定期預金となるケースも多く、最も高い利率を設定している銀行も多いです。

5年というやや長めの定期預金は、子どもの学費や欲しいもののための貯金など、幅広い貯蓄目的に使いやすいと思います。

そして定期預金を預けるなら、少しでも金利が高い銀行を選ぶことで、利息を多く受け取れます。

ほんの少しの金利の差でも、5年後に受け取れる利息には大きな差が付くので、金利が高い順にランキングしてみました。

5年定期預金の金利が高いネット銀行ランキング

5年定期がもっともお得に使えるのはどのネット銀行か、ランキング形式でご紹介します。

ちなみに、三菱UFJ銀行や三井住友銀行など、メガバンクの5年定期の金利は0.01%でした。

※預金金利は定期的に変動します。最新の金利は公式サイトでご確認ください。

SBJ銀行

SBJ銀行 ロゴ

5年定期の破壊力

最新の金利はこちら

ネット専業銀行ではありませんが、5年定期預金に力を入れているのが「SBJ銀行」です。

No.1の定期預金を提供するオリックス銀行を、さらに上回る金利を提供しているのが特徴です。

名前を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、SBI銀行は韓国の大手銀行です。

韓国には多数の店舗があり、英語名では「Shinhan Bank」の愛称で知られています。

日本法人として銀行業の資格をきちんと取得しているので、外資系銀行に抵抗がある人も安心して利用できます。

SBJ銀行 口座開設はこちら

オリックス銀行

オリックス銀行

高金利の定期預金といえばオリックス銀行

最新の金利はこちら

オリックス銀行は、業界でも有名な定期預金金利に強いネット銀行です。

普通預金の金利は平均的ですが、定期預金は突出して高く大口預金をする人も多いです。

5年定期においても、他のネット銀行と大きく差をつけた好金利です。

ただし、オリックス銀行は通帳やキャッシュカードを発行していないので、入出金をこまめにするのには不向きです。

ATMを使えないので、他の銀行口座を経由して入出金をすることになります。

よってオリックス銀行は、普段使いの銀行とは別に、普段は入出金を行わない「貯金用口座」を持ちたいという人におすすめです。

オリックス銀行の口座開設(無料)

イオン銀行

イオン銀行

イオン銀行Myステージがお得

最新の金利はこちら

イオングループのネット銀行、イオン銀行も5年定期の金利はまずまずです。

しかし、イオン銀行Myステージという優遇サービスで、普通預金金利が定期預金並みにアップするので、そちらを利用している人のほうが多いかもしれません。

イオン銀行Myステージとは、イオン銀行での取引内容に応じて普通預金金利・ATM手数料・振込手数料の優遇を受けられるランク制サービスです。

普通預金の金利は最大0.120%まで引き上がるので、定期預金にわざわざ入れなくても多くの利息を得られます。

イオン銀行Myステージのステージを簡単に上げるためには、クレジット一体型のキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持つのがおすすめです。

イオンカードセレクトを持っているだけで、イオン銀行の優遇サービス「イオン銀行Myステージ」のランクアップのためのスコアが加算されるからです。

お客様感謝デーに買い物が5%OFFになったり、ポイント還元が多く受けられたりといったメリットもあるので、イオン銀行ユーザーの半数近くがイオンカードセレクトを利用しています。

イオン銀行 口座開設はこちら(無料)

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行

大和証券グループで安心

最新の金利はこちら

国内の大手証券会社「大和証券」グループのネット銀行です。

ネット銀行の中では遅めの立ちあげとなりましたが、大和証券グループという強みと、特別金利の適用などによって1兆円以上の預金残高を獲得しています。

ネット銀行の中では、5年定期の金利は中程度ですが、それでもメガバンクや都市銀行と比べると、何倍も高金利です。

しかし今は、大和ネクスト銀行で口座開設をするには、大和証券の証券口座が必要です。

証券口座は無料で開設できるので、大和ネクスト銀行を貯蓄用口座として使い、証券口座は使わない…というのもOKです。

しかし、その手間をかけるなら、大和ネクスト銀行より定期預金金利が高いランキング上位の銀行を使っても良いかもしれません。

楽天銀行

楽天銀行

マネーブリッジで普通預金を優遇金利にした方が高金利の時も

最新の金利はこちら

国内No.1の口座数を誇る楽天銀行は、5年定期の金利はネット銀行の中ではやや低めです(それでもメガバンクよりは何倍も高金利ですが)。

定期預金の金利アップキャンペーンも時折ありますが、6ヶ月や1年などの短期間の定期預金に多い印象です。

楽天銀行はどちらかというと、「マネーブリッジ」という普通預金の優遇金利の方が好評です。

マネーブリッジを利用することで、普通預金金利が5年定期を上回ることもあるくらい、普通預金が高金利になります。

マネーブリッジとは、楽天証券と楽天銀行の口座を連携設定するサービスです。

どちらも口座開設や口座維持手数料は0円なので、投資や証券取引を行わない人は楽天銀行のみ利用しても問題ありません。

特に、楽天銀行は楽天スーパーポイントが貯まりやすいというメリットがあるので、楽天ユーザーは口座開設しておいて損はないと思います。

楽天銀行 口座開設はこちら(無料)

じぶん銀行

じぶん銀行

金利はやや低め

最新の金利はこちら

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とauの運営会社KDDIが共同設立したネット銀行です。

スマホ完結の取引に力を入れており、セブン銀行ATMならキャッシュカードなしでアプリから入出金ができるなどの特徴があります。

5年定期の金利はネット銀行の中ではやや低めで、どちらかというと3ヶ月定期などの中期定期預金に強いイメージです。

3ヶ月定期は金利アップのキャンペーンも多いです。

auユーザーは特にポイント還元が多いので、auのスマホなどを利用している人にとってメリットが多い銀行です。

口座開設はこちら(無料)

セブン銀行

セブン銀行

定期預金には弱い

最新の金利はこちら

セブン銀行の預金金利は低めで、貯蓄用口座としてはやや不向きです。

セブンイレブンのメリットは、どちらかというと使いやすさの面にあります。

たとえば、セブン銀行ATMはコンビニATM設置台数No.1なので、全国で入出金などの取引ができる利便性は大きな強みです。

また、セブンイレブンをよく使う人にとっては、電子マネーnanaco・デビット機能付きキャッシュカードを持てるのも利点になると思います。

デビット支払いをするほどnanacoポイントが最大1.5%還元されるので、実質1.5%引きで買い物ができるようになります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

10年定期には期待できるが…

最新の金利はこちら

ジャパンネット銀行は国内初のネット銀行で、三井住友銀行とヤフーが共同で設立したネット銀行です。

突出して金利が高いわけではありませんが、財務健全性が非常に高いネット銀行です。

ジャパンネット銀行は自己資本率が突出して高いので、まとまったお金や長期的な預金も安心して預けられます。

たとえば、5年定期より長い10年定期を扱っていたり、100万円以上預けている人向けの金利優遇などもあります。

ジャパンネット銀行 口座開設はこちら(無料)

ソニー銀行

ソニー銀行

10年定期がある、外貨預金の方が強い

最新の金利はこちら

ソニー銀行は、定期預金だけでなく総合力の高さが評判のネット銀行です。

数少ない10年定期を取り扱っているネット銀行でもありますが、金利面では1年定期などの短期の方が強みがありおすすめです。

5年定期の金利は、メガバンクよりは何杯も高いですが、ランキング上位のネット銀行に比べると低めです。

ソニー銀行は、どちらかというと円預金より外貨預金の方が強みがある印象が強いです。

外貨預金の金利が高いだけでなく、「Club S」という優遇プログラムでランクを上げれば、為替手数料がどんどん低くなるというメリットがあります。

特に、外貨定期預金の金利は非常に高いので、外貨にも興味がある人におすすめです。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

近年は低金利になりつつある

最新の金利はこちら

住信SBIネット銀行は、ネット銀行の中でも突出した預金残高を持つ大手ネット銀行です。

預金残高はも2兆円を突破しており、一部の地方銀行よりも預金残高が多いです。

しかし、定期預金の金利はそこまで高くありません。

今までは、SBI証券と口座連携をする「SBIハイブリッド預金」による普通預金の優遇が評判でしたが、そちらもやや低下気味です。

どちらかというと、振込手数料やATM手数料の無料回数が多いことなどの方がお得感があります。

しかしSBIハイブリッド預金は、ネット証券最大手のSBI証券の口座を便利に使えるという点では、メリットが大きいです。

貯蓄用口座というよりは、証券口座との連携や手数料の節約のために使うことをおすすめします。

住信SBIネット銀行 口座開設(無料)

金利の違いで受取利息にどれだけの差がつくか

ビジネス

メガバンクの5年定期を0.03%とし、オリックス銀行の5年定期の金利0.3%と利息差を比較してみました。

※金利は記事執筆時点のものを採用、税引前の金利で計算しています

■100万円をメガバンクの5年定期預金(金利0.03%)で預けた場合
5年間の複利運用で、受け取れる利息…1,500円

■100万円をネット銀行の5年定期預金(金利0.30%)で預けた場合
5年間の複利運用で、受け取れる利息…15,090円

結果は上記の通り、13,590円の差になりました。

利息に10倍の差があるので、受け取れる利息にも10倍の差が付きます。

さらに複利が効くと、実質的には10倍+αの利息を受取ることが可能です。

5年という長期の定期預金だからこそ、少しでも金利が高い銀行を選択することが、非常に重要になってきます。

ページの先頭へ戻る