金利・手数料比較

【2018年版】1年定期預金の金利ランキングTOP10

1年定期預金金利ランキング

「ちょっとお金に余裕ができたから積み立てておきたい。」そんな時に使い勝手がよいのが「1年定期預金」です。

預けたお金を受け取れるのが1年後のかわりに、普通預金よりも高い金利を受け取ることができます。

都市銀行と比較して、ネット銀行は定期預金の金利も高い傾向にあります。
では、ネット銀行の中でも最も高い銀行はどこなのか、金利はどれくらいなのかランキング形式でご紹介します。

1年定期預金の金利が高いネット銀行は?

優遇レート込みでの「1年定期預金金利ランキング」です。

ちなみに、三菱UFJや三井住友などのメガバンク(大手都市銀行)の1ヶ月定期は0.001%でした。

1位:オリックス銀行

オリックス銀行

圧倒的な好金利を実現最新の金利はこちら

オリックス銀行は、魅力的な定期預金を提供しているネット銀行です。

その突出して高い金利から「定期預金のための銀行」と評判です。

デメリットとしては、定期預金ができるのは100万円からなので、少額の預金はできないという点です。

まだ100万円以上の預金がない場合は、まずは普通預金に預け入れておくことをおすすめします。

オリックス銀行は普通預金も高金利なので、普通預金でもメガバンクの10倍以上の利息を受け取ることができます。

ちなみに定期預金の他にも、カードローンや不動産投資ローンを提供している他、法人口座の開設も受け付けています。

口座開設はこちら(無料)

2位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

振込手数料無料回数も多い最新の金利はこちら

住信SBIネット銀行は、1年以上の長期定期預金の金利が高いです。

ネット専業銀行の中では預金残高No.1なので、安心してまとまったお金が預けられます。

また、振込手数料・ATM手数料が最大月15回無料になるので、貯金だけでなく普段使いにも便利なバランス型のネット銀行と言えます。

ちなみに、住信SBIネット銀行には「SBIハイブリッド預金」という普通預金の優遇サービスもあります。

銀行口座と証券口座と連動設定するだけで普通預金金利が大幅に引き上げられるという内容です。

証券会社を利用したことがないと証券口座を作るのはハードルが高く感じるかもしれませんが、銀行口座と同じように無料で開設できます。

もし証券口座を利用しなくても、金利の優遇は受けられます。

住信SBIネット銀行 口座開設はこちら(無料)

3位:ソニー銀行

ソニー銀行

セット定期預金がおもしろい最新の金利はこちら

ネット銀行の中でも、高い定期預金を提供しているソニー銀行。

普通預金金利が低いとういデメリットはありますが、定期預金は秀逸です。

たとえばソニー銀行では、通常の定期預金だけでなく、「セット定期プログラム」というサービスも扱っています。

セット定期プログラムとは、円定期預金と外貨定期預金を一緒に申し込むことで金利が上がるプランです。

預け入れる通貨や、円預金と外貨預金の比率が選べるので、自由度も高いです。

他にも、コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料になるなど、利便性が高いです。

日常的にメインの銀行として使いながらも、定期預金もしてみたい方にソニー銀行はおすすめです。

ソニー銀行 詳細はこちら

4位:大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行

特別優遇金利適用中最新の金利はこちら

後発のネット銀行でありながら、大和証券との連携によって高い預金残高を誇る、大和ネクスト銀行。

サービス開始当初から高金利を提供しており、定期預金、普通預金ともにネット銀行らしい高い利息が付きます。

1年定期預金ランキングでは2位となっていますが、三菱UFJ銀行など、都市銀行と比較すると約9倍の利息が付く計算になります。

ちなみに、大和ネクスト銀行の口座を開設する際は、同時に大和証券の口座も開設する必要があります。

大和証券の口座開設・口座維持費用も無料なので、銀行口座のみ利用しても特にデメリットはありません。

5位:イオン銀行

イオン銀行

隠れたNo.1銀行最新の金利はこちら

イオングループのネット銀行「イオン銀行」は、ショッピングモールのイオンを利用する機会が多い方におすすめです。

お客様感謝デーでの割引を受けられたり、WAONポイントが貯まりやすくなったりと、イオングループの会員ならではの特典が多いです。

「金利」を見ると、普通預金も定期預金もさほど高くありません。

しかし、優遇サービス「イオン銀行Myステージ」でステージを上げると、普通預金の金利が0.050%0.120%まで引き上げられ、最も高金利なネット銀行になります。

ちなみに普通預金金利の優遇は、0.100%までは簡単にステージアップすることが可能です。

おすすめは、クレジットカード一体型のキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持つことです。

イオンカードセレクトを持っているだけでも、イオン銀行Myステージでステージアップするためのスコアが加算されます。

イオン銀行 口座開設はこちら(無料)

6位:じぶん銀行

じぶん銀行

auと相性が良いネット銀行最新の金利はこちら

じぶん銀行は、あらゆる取引がスマホで完結できることから、通称「スマホ銀行」とも呼ばれています。

三菱UFJ銀行とauのKDDIが共同で設立した銀行なので、三菱UFJ銀行への振込手数料が無料などのメリットもあります。

もちろんauユーザーの特典も多く、auユーザーなら携帯電話で振込ができたり、電子マネーau WALLETが貯まりやすくなったりします。

定期預金の種類は豊富で、外貨預金などその他の金融商品も充実しています。

日常シーンでは、セブン銀行ATMでキャッシュカードなしで入出金ができるスマホATM機能をいち早く導入しています。

じぶん銀行アプリがあれば、キャッシュカードを持ち歩かなくても現金が引き出せるので便利です。

じぶん銀行 口座開設はこちら(無料)

7位:GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行

満期日を自分で決められる柔軟さ最新の金利はこちら

GMOあおぞらネット銀行は、2018年7月にサービスを開始した新しいネット銀行です。

満期日を自分で決められるという独自のシステムを採用しており、預入期間が1年以上2年未満の場合が最も高金利です。

GMOあおぞらネット銀行なら、「旅行の前日まで貯金する」など、この日まで貯金するという目標が立てられます。

普通預金も金利が高いので、目的に応じて1年定期預金と使い分けることをおすすめします。

普通預金は、証券口座と連携した証券コネクト口座という口座を開設すると定期預金を上回る金利になります。

GMOあおぞらネット銀行 詳細はこちら

8位:楽天銀行

楽天銀行

定期預金とマネーブリッジがおすすめ最新の金利はこちら

楽天銀行はネット銀行の口座開設数No.1で、600万口座を突破しています。

楽天スーパーポイントのポイント還元が多いので、楽天ユーザーなら持っておいて損はありません。

従来の定期預金だけでなく、毎月1,000円から始められる「積立定期預金」も扱っているのでコツコツ貯金したい人にもおすすめです。

また、証券口座連動の「マネーブリッジ」というサービスを活用することで、普通預金も高い金利で預金できるメリットも大きいです。

銀行口座にくわえて証券口座を開設することで利用ができますが、大和ネクスト銀行と同じく証券口座の開設・維持は完全無料です。

楽天証券を利用する予定がなくても、貯金のために開設しておく人も多いです。

楽天銀行 口座開設はこちら(無料)

9位:セブン銀行

セブン銀行

セブンイレブンで入出金最新の金利はこちら

セブン銀行ATMは、コンビニATM設置台数No.1なので全国どこでも取引ができるメリットが大きいです。

1年定期預金の金利は上位にランクインしている銀行より低めですが、それでもメガバンクの何倍もの金利で預金ができます。

セブン銀行のキャッシュカードには、デビット機能・電子マネーnanaco(ナナコ)機能がついた一体型タイプがあり、年会費なども一切かからないので人気です。

セブンイレブンをよく利用する人は特にポイントバックが大きいので、一体型キャッシュカードがおすすめです。

ページの先頭へ戻る