ネット銀行活用法

ゆうちょ銀行デビットカードは使わないで!利用できるお店が少なすぎ

困る

最近はクレジットカードを持たずに、デビットカードを使って支払いをする人も増えてきました。

デビットカードは銀行口座からの即時引き落としなので、18歳未満の方でも利用することができます。安全な仕組みなので、クレジットカードのように後から支払いが大変。。。といった心配もありません。

ネット銀行をはじめ、近年多くの金融機関がデビットカードの取扱をスタートしています。

ゆうちょ銀行で採用しているJ-debit

ゆうちょ銀行

デビットカードは以前から、ゆうちょ銀行のキャッシュカードに内蔵されていたのをご存知でしょうか。申込登録さえしていれば、ゆうちょ銀行のキャッシュカードをデビット支払いで使うことが可能です。

しかし、ゆうちょ銀行で採用しているのは「J-debit」というマイナーなデビットカードで、実はこれが使えるお店がとにかく少ないんです。。。

  • 使えるお店が少ない
  • ポイント還元なども受けられない
  • J-debitを採用している金融機関は少ない

など、デメリットもたくさん。
以前からある仕組みなのですが、この「J-debit」は正直おすすめしません。

もし、ゆうちょ銀行のキャッシュカードにデビット機能があることを知っていて、その上で使いにくいものだと感じている方がいたら、J-debitのことは忘れてください。

最近流行っているデビットカードとは、「VISAデビットやJCBデビット」のことを言います。

デビットカードの主流はVISA

VISA

デビットカードの主流はVISA

現在、多くの金融機関が採用しているのは「VISAデビット」です。ゆうちょ銀行と同じJ-debitを採用している銀行はまず見かけません。

VISAデビットは、クレジットカードでお馴染みの「VISA」が展開しているデビット機能です。仕組みはJ-debitと同じで、銀行口座からの即時引き落としとなる安心の設計。

VISAデビットの強みとして、全国・世界中の「VISA」マークのお店で使うことができるので、とにかく利用可能な店舗が多いことがあげられます。もちろん、ネット通販でも使うことができます。

海外旅行に行った際に、海外ATMで現地通貨を引き出す方もいると思いますが、基本的にVISAデビットカードで直接支払いができます。現地通貨を引き出さなくても、カード払い中心にすることで、両替手数料も抑えることが可能です。

ポイント還元などの特典も

ポイント

また、VISAデビットは多くの金融機関で採用されていることから競争が起こっており、デビットカードの利用金額に対してポイントが貯まる銀行も多いです。

デビットカードの場合、ポイントでの還元ではなく「キャッシュバック」による還元が一般的です。

例えば、住信SBIネット銀行のVISAデビット機能付きキャッシュカードは、利用金額の0.6%をキャッシュバックしてくれます。

セブン銀行はJCBデビットを採用していますが、こちらも通常で0.5%のナナコポイントを還元、さらにセブンイレブンやそごうなどで使うと、最大で1.5%のポイント還元が受けられます。

もちろん、キャッシュカード一体型なので年会費は無料です。

このように、最近はデビットカードのポイント還元率が高まっているため、クレジットカードが苦手な人でもVISA・JCBデビットを選択するメリットが出てきています。

ゆうちょ銀行が採用している前述の、J-debitなどはもはや使う意味をほとんど感じません。。。

不正利用に対する補償が付いて安心

安心

基本的に、デビットカードには「第三者不正利用補償」が付いているので安心です。

カードが紛失・盗難の被害にあってしまい、第三者に不正利用されてしまっても、数百万円規模の補償により、あなたの資産は守られます。

キャッシュカード一体型デビットカードを使う場合、銀行キャッシュカードを財布の中に入れて常に持ち歩くわけですから、やはり不安を感じている方も多いと思います。

そんな心配を払拭してくれるのが「第三者不正利用補償」の存在です。

いかがでしたか?

デビットカードの利用者数は年々増えており、銀行もこぞってデビットカードの発行を始めています。

しかし、ゆうちょ銀行が以前から採用している「J-debit」は長い歴史がありながらもまったく普及せず、使えるお店も少ないため、利用メリットは薄いです。

もしデビットカードを利用するのであれば、使えるお店が多く、多数の銀行が採用しているVISAデビットの活用をおすすめします。

この記事と関連するページ