ネット銀行活用法

積立定期預金とは?1,000円からできるコツコツ貯金で利息がよりお得に

預金

定期預金には、原則として「一定期間預金を預ける」ことで、普通預金よりも高い金利で運用できるメリットがあります。

定期預金は「使い道のないまとまったお金」や、「将来のためのお金」を預金するイメージが強いです。

しかし、積立定期預金を活用することで、日常的にコツコツ、定期預金を積み上げていくことが可能です。

また、一部の銀行では通常の定期預金よりも積立定期預金の金利を高く設定しているという事実もあります。

この記事では、積立定期預金が気になっている人向けに、お得な活用方法をわかりやすくまとめます。

積立定期預金のメリット

つみたて

積立定期預金は、無理なくコツコツ始められるのが最大のメリットです。例えば、「毎月の給料をすぐに使い果たしてしまい、貯金するのが苦手」という方も多いと思います。

しかし、毎月3,000円の積立定期預金を組んでおけば、毎月自動的に、銀行口座から定期預金に資金を移動してくれます。

自分で定期預金の申し込み手続きをする必要がなく、一度設定しておけば自動的に口座から積立定期預金へと資金移動をおこなってくれるので、簡単です。

これで、1年後には確実に「36,000+定期預金の利息分」を貯めることができます。毎月たった3,000円でも、これだけの結果が出せるのが、積立定期預金のメリットです。

お子様に預金の感覚を覚えさせるため、子供用の口座で積立定期預金を実践するのも良いと思います。

積立の最低金額は銀行によって違いますが、1,000円~5,000円から始められる銀行がほとんどです。

1,000円から積立定期預金を始められる銀行

ボーナス時の増額・満期日の取扱

給料袋

基本的に毎月一定金額を定期預金に移していくのが積立定期預金の特徴です。

しかし、ボーナス時など、お金に余裕がある月だけは増額して定期預金額を増やすことも可能です。

また、多くの場合、最初に満期日を決めておきます。満期を迎えると積立定期預金はすべて解約となり、積み立てた元金と利息を合わせて、普通預金口座に振り込まれます。

この際、手数料などはかからないので安心です。

ネット銀行の積立定期預金が良い理由

ネット銀行

積立定期預金は、基本的にすべての銀行で取り扱っているサービスです。手数料などはかからないので、最低金額と金利を比較しながら選ぶことをおすすめします。

その中でも、私が注目するのは、やはりネット銀行の積立定期預金です。大手銀行と違い、ネット銀行の場合は、最低積立金額が小さかったり、独自特典が用意されています。

例えば、イオン銀行は5,000円から積立定期預金を活用できます。

特典として、100万円以上の定期を入れれば毎月25~100 WAONがもらえます。

WAONポイントは1ポイント=実質1円相当の価値があるので、定期預金の金利に加えて、WAONも一緒に貯めることができます。

また、前述しましたがソニー銀行楽天銀行なら、最低1,000円から積立定期預金が可能です。

お金を貯められない人におすすめのアプリ

自動貯金アプリ しらたま

積立定期預金とあわせておすすめなのが、「自動貯金アプリ」と呼ばれるものです。

自動貯金アプリの「しらたま」は、マネーフォワード社が提供しています。

デビットカードやクレジットカードでの買い物の「端数」をお釣りと見立てて、お釣りに相当する金額が自動的に貯金される仕組みです。

日常生活でカード支払いや電子マネーによる支払いを続けているうちに、「知らない間にお金がたまる」ことから「しらたま」と名付けられたアプリです。

また、目標を作って楽しみながら貯金ができるアプリ「フィンビー」もおすすめです。

「1日1万歩歩いたら1,000円貯金する」など、目標の達成を目指しながら同時に貯金も増やしていけるのが、自動貯金アプリ「フィンビー」の特徴です。

これらのアプリは無料で使えます。

しかし、定期預金ではないため「いつでも自由に出金できる」のが特徴です。

お金をしっかりと貯めていきたい方にとっては、いつでも出金できることはデメリットにもなりえます。

しかし、貯金が苦手でお金がなかなかなたまらないという方にとって、こうしたアプリは利用してみる価値は十分にあると思います。

次の記事は「お金が貯まらないを解決する積立預金4つのアイデア」です。

お金を増やしたい時に読む記事

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る