ネット銀行活用法

【評価したい】500円から外貨預金が始められるソニー銀行、為替手数料は?

外貨預金

ソニー銀行は以前から、外貨預金サービスにかなり力を入れています

そして、今後もソニー銀行は戦略として「外貨預金に注力していく」方向性を打ち出しているので、よりサービスが改善される可能性が高いです。

また、ソニー銀行は外貨預金の為替手数料でも優位性を誇っており、会員ランクが上がるごとに手数料の引き下げや金利の優遇といったメリットを受けられます。

この記事では、なぜソニー銀行の外貨預金が評価を受けるのか、その理由について考えてみたいと思います。

ソニー銀行の外貨ワールドの凄み

外貨ワールド

ソニー銀行は「外貨ワールド」というこれまでにない世界を描いています。

これまで、外貨預金といえば「貯める、増やす」が主な使い方でした。

しかしソニーはさらに一歩前身し、「使う」部分に注力しています。

貯めた外貨が外貨のまま自由に使える世界」というのは、これまでの外貨預金ではあまり見かけなかったサービスです。

ソニー銀行は、キャッシュカード一体型のVISAデビットカード「Sony Bank WALLET」を提供しています。(発行手数料・年会費は無料)

Sony Bank WALLETを使うと、ソニー銀行の外貨預金口座している外貨を使って、

  • 海外でもデビットカードで直接支払い(手数料無料)
  • 海外ATMから現地通貨を直接出金(手数料:200円+税)

といったことが実現できます。

手数料0円で外貨支払いができる通貨

以下の10通貨は、ソニー銀行に外貨預金をしておくことで、手数料無料でデビットカードによる現地通貨での支払いができます。

米ドル、ユーロ、香港ドル、カナダドル、イギリスポンド、オーストラリアドル、NZドル、スイスフラン、南アフリカランド、スウェーデンクローナ

ソニー銀行の場合、米ドルの為替手数料は15銭です。(一般的な銀行や空港で両替をすると、手数料は100銭以上になります)

外貨預金口座からの直接支払いをすることで、為替手数料を大きく節約できる。これがSony Bank WALLETのメリットのひとつです。

国内トップクラスのシェアとなっている

外貨預金シェア

資料によると、ソニー銀行の外貨預金のシェアはメガバンク3社に続いて、国内トップシェアになっています。

最大手が17%のシェアを取っている中で、ネット専業銀行であるソニーが7%も外貨預金のシェアを獲得しているのは、とても評価できる数字ではないかと思います。

さらに掘り下げてみると、ソニー銀行だけで20万人以上の方が外貨預金をしていることがわかりました。

最近は米国が利上げをはじめたことに伴い、外貨預金の金利も上がっています。

特に外貨定期預金の場合、金利が年2%を超えることもあり、国内の円定期預金と比較してお得感が高まっています。

外貨預金の利用率

割合では男性の比率が高く、年代では30代~40代の方が主な利用者層となっています。

500円からの外貨積立が衝撃

外貨預金積立

2013年の10月に、ソニー銀行が「500円からの外貨積立預金」を発表し、ニュースなどで大変話題となりました。

多くの銀行では、外貨預金は最低でも1万円からというケースが多いです。

しかし、ソニー銀行では「外貨積立」に限り、500円からコツコツと貯金することが可能です。

外貨積立預金では、定番の米ドルから、ブラジルレアル、南アフリカランドなど12種類の通貨を選ぶことができます

これら12種類の通貨は、すべて500円から積み立てることができます。(いわゆるドルコスト平均法が行いやすいです)

積み立ての頻度を、「毎日、毎週、毎月」など自分でタイミングを決められたり、「ドル円が103円を超えたら一時休止」といった設定もできます。

私が評価したいのは「12種類すべての通貨への積み立てが毎月6,000円でできる」ことです。

これからはインフレで円安が来るとか、日本が破綻するから世界に分散する必要が、、、みたいな意見もあります。

将来の日本がどうなるかは誰にもわかりませんが、少なくとも12通貨に分散して預金ができれば、安全度はかなり高まるはずです。

500円ならランチ一食分、6,000円でも飲み会2回分です。

このように考えると、将来の資産形成を考えて500円から地道な投資ができるのは、たいへん魅力的だと思います。

もちろん、「貯めるから使う」外貨ワールドでは、ソニー銀行の「外貨宅配」というサービスを使うことで、積み立てた外貨をそのまま海外で使うことも可能です。

手数料が安い

計算

外貨預金では、手数料の代わりに「スプレッド」が為替コストとして発生します。

海外旅行に行ったことがある方ならわかると思いますが、日本円からドルに交換する時のレートと、ドルを円に戻す時のレートに差があります。

FX(外国為替証拠金取引)と比較するともちろん劣ってしまいますが、ソニー銀行は外貨の為替コストもネット銀行業界では非常に低いです。(ちなみにソニー銀行もFXサービスを展開しています)

外貨預金積立

外貨預金残高や毎月の積み立ての引き落とし額に応じて3段階の優遇ステージがあります。


経済評論家として有名な池田信夫さんも、ソニー銀行の外貨預金をおすすめしています。

ソニー銀行外貨預金の口コミ

口コミ

ソニー銀行の外貨預金は非常に優れたサービスです。

では、実際に使っている人の口コミはどうなのか?ユーザー評価をまとめてみました。

口コミの数はそれほど多くありませんでしたが、悪い評価は特にありませんでした。

以前から評価の高かったソニー銀行の外貨預金ですが、Sony Bank WALLEtがスタートしたことで、より一層便利になっています。

また、ソニー銀行が展開する会員ランク「Club S」のランクアップ条件においても、外貨預金残高はとても重要な役割を果たします。

最高ランクになると、米ドル円の為替手数料が半額になるなど、数多くの特典が提供されるので、こちらのランクアップも踏まえて、ソニー銀行での外貨運用を検討するのがおすすめです。

ソニー銀行の外貨預金について、さらに詳しい情報「為替手数料は業界最安水準!ソニー銀行外貨預金のメリット・デメリット」をご確認ください。

また、ソニー銀行は投資信託の販売にも力を入れています。

一般的に、銀行の販売する投資信託は手数料が高い買い物が多く、個人的にもおすすめしにくいのですが、ソニー銀行は低コストなインデックスファンドを中心とした優良な投資信託を多数取り扱っています。

投資信託に関する情報は下記の記事で詳しく解説しています、あわせてご覧ください。

こちらの記事も人気です

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る