【これは凄い】新生銀行のATM手数料が0円どころかマイナスだと話題

新生銀行ATM手数料無料

時間外にATMでお金を下ろしたり、コンビニATMを使うことが多い方は、毎月のATM手数料が無視できない金額になっていることもあると思います。

ATM手数料は絶対に、1円すら払いたくない

というユーザーの声を取り入れているのが、「新生銀行」です。
ユーザーの口コミでは「ATMにおいて最強の銀行」とも言われています。

新生銀行ならATM手数料は0円

新生銀行は、「ATM手数料を完全に無料化している銀行」として知られています。
つまり、時間外のATMだろうと、コンビニATMだろうと、どこで使っても、新生銀行のキャッシュカードが使えるATMなら手数料は一切取られません。

一部のATMでは手数料が発生しますが、手数料分の金額を即座に口座にキャッシュバックする形で、手数料無料化を実現しています。

ATM手数料はどこでいつ使っても0円」。
ということは、次に重要になってくるのは「キャッシュカードがどのATMで使えるか?」です。

手数料が無料でも、新生銀行のキャッシュカードが使えるATMの数が少なければ意味がありませんから。。。

使えるATMも多い

新生銀行は、利用できる提携ATMも多いです。
以前は、「ファミリーマート」と「ローソン」のATMでは入出金できませんでしたが、2013年のサービス改善によってこれらのコンビニATMも使えるようになり、利便性は一気に上がりました。

入金・出金・残高照会ができるATM

新生銀行」と「ゆうちょ銀行」のATMにおいて、入出金と残高照会のすべての取引が可能です。

また、コンビニATMでは「セブンイレブン」、「ファミリーマート(E-net)」、「ローソン」といった主要なコンビニに設置されているATMがすべて使えます

その他、デイリーストア、ポプラ、スリーエフ、セーブオンといったコンビニにもE-netが導入されているので、新生銀行のキャッシュカードが使えます。

出金・残高照会ができるATM

入金作業はできないものの、出金・残高照会だけに対応したATMも存在しています。

すべての都市銀行(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそな)のATMも手数料無料で利用できるのが、新生銀行のメリットです。

じゃあ利用できないATMは?

では逆に、新生銀行のキャッシュカードが使えないATMはどこなのか?

このようなATMでは、新生銀行のキャッシュカードは通りません。
イオン銀行ATMは、イオングループ各店やコンビニの「ミニストップ」を中心に展開されており、利用シーンも多いと思うので、使えないのはちょっと残念ですね。

E-netで使うとお得、手数料がマイナス?

Tポイントプログラム

使えるATMが多くて、どこで使っても手数料0円なら、「どこで使っても一緒?」となります。しかし、できればファミリーマートなどに設置されているコンビニATM「E-net(イーネット)」で入出金を行いましょう。

なぜなら新生銀行は、0円を通り超えて「実質手数料マイナス」の領域に入っているのです。そのカラクリが「Tポイントプログラム」です。

この3つを条件とし、E-netを1回使うごとに毎月Tポイントが10ポイント貯まります
毎月のポイント付与上限は20ポイントです。

つまり、E-netを使って新生銀行から毎月2回入出金をするだけで、Tポイントが毎月20ポイント貯まるので、手数料無料どころか、むしろATMを使えば使うほど実質20円の儲けが出る計算になります。

「ATMの手数料はマイナスの領域へ」
これって本当にすさまじい事だと思うのですが、いかがでしょうか?

一時的なキャンペーンではない

E-netで毎月2回入出金するだけでTポイントが20ポイント貯まるという夢のようなサービス。私が真っ先に思い浮かんだ疑問は、「一時的なキャンペーンなのか違うのか」ということです。

こんな美味しい話、「どうせすぐ終わるんだろ…」と。。。

気になったので、新生銀行に電話して聞いてみたのですが、担当者の方の回答によると「一時的なキャンペーンではなく継続的におこなっていくサービスで、終了期限は設けていない」とのことでした。

おまけ:新生銀行の保留音が神サウンド

最後に、新生銀行に問い合わせた際に、新生銀行の意外な一面を見ることができたので、おまけとしてまとめておきます。

■新生銀行のお問い合わせがイケてる理由3つ

新生銀行の保留中のサウンド、かなりいい感じでした

ということで、待ち時間の間保留音を録音して、Youtubeにアップしてみました。
(新生銀行から怒られちゃったら削除しますが)、すごく心地のよい音楽なので、もし良かったら聞いてみてくださいね。

以上です。
ATMを利用することが多い人にとって、新生銀行はかなり良い選択肢になるのではないかと思います。

イオンカードセレクト