活用しなきゃ損?ファミマATMで新生銀行を使うとTポイントが貯まる

新生銀行ファミマATMプログラム

新生銀行は、ATM手数料を完全に無料にしている銀行として有名です。
新生銀行口座からの入金・出金をする場合は、どのATMを使っても手数料は一切かかりません。

「いつ」、「何回」、「どのATMから」お金を下ろしても、手数料が取られないのです。
そんな「ATM最強銀行」である新生銀行がファミリーマートATMでTポイントが貯まるキャンペーンを実施していることをご存知でしょうか?

一言で言うと「ATM手数料0円 → ATM手数料マイナス(使うほどお得)」という驚異的なキャンペーンです。

ファミマATM利用で毎月20ポイントが貯まる

ファミリーマート

新生銀行が実施している「Tポイントプログラム」では、全国のE-net(イーネット)を使うと、毎月最大20ポイントのTポイントが貯まるキャンペーンです。

このキャンペーンは期間限定ではなく、今のところ終了期間を設けておらず、継続的に実施していく予定と新生銀行から回答を得ています。

E-netってなに?

E-net(イーネット)は全国に設置されているATMネットワークの名前です。
ファミリーマートに設置されている他、一部のサークルKサンクスやスーパーマーケットにも設置されています。

国内ではセブン銀行ATMに次ぐ設置台数を誇っており、全国に12,000台以上も設置されているので、ファミマATMをはじめ、E-netを使ったことがある方も多いと思います。

主にコンビニに設置されているATMなので、基本的に24時間365日利用できるのがメリットです。

特典の内容

このプログラムに参加するためには、新生銀行のこちらのページから毎月エントリーをする必要があります

エントリーが完了し、新生銀行の口座とTポイントを紐付けることができたら、あとはファミマ等に設置されているE-net ATMを利用するだけです。

E-netから入金または出金を1回行うごとにTポイントが15ポイント貯まります。
毎月2回までがポイント還元の対象となるので、1ヶ月あたり最大20ポイントのTポイントをGETできます。

ATM手数料は元々0円なので、いつ何回使っても無料です。
つまり、ATMを使うほど、毎月20ポイント分(20円相当)がお得になるわけです。

ATM手数料0円 → ATM手数料マイナス(使うほどお得)」の意味がご理解いただけたでしょうか?このような特典は業界でも前代未聞です。(ATMの手数料収入って銀行にとって結構大きいですから)

使えるATMも拡大中

新生銀行は、以前からデメリットとして「使えるATMの数が少ない」と言われていました。
ATM手数料が0円でも、キャッシュカードが使える場所が少なければ意味ありませんよね。。

しかし、最近になってその問題は急激に改善されています。
現在、入金・出金ができる新生銀行の提携ATMとなっているのは7つ。

また、出金と残高照会だけであれば「すべての都市銀行・信託銀行、あおぞら銀行、かながわ信用金庫、商工中金、VIEW ALLTE (ビューアルッテ)」でも新生銀行のキャッシュカードが使えます。

今回ご紹介したキャンペーンを考えると、ポイントが貯まる分、E-netを利用したほうが最もお得です。しかし、いずれの場所で使ってもATM手数料は一切かかりません。

ATM手数料においては、新生銀行は当面優位な立ち位置が続きそうですね。

イオンカードセレクト