セブン銀行の普通預金金利は隠れた高利回り商品である

セブン銀行の普通預金

セブンイレブンATMを使って入出金を行うセブン銀行は、その満足度の高さからも分かる通り、最近改めて注目されています。

セブン銀行の強みといえば、24時間365日入出金できる利便性や、気軽に使えるカードローンが有名です。

しかし、あまり知られていないメリットとして「セブン銀行は普通預金金利がめちゃくちゃ高い」というものがあります。少し地味なのですが、セブン銀行の預金金利はネットバンクの中でも随一なのです。

安定した高金利を維持

普通預金金利ランキングにもあるように、セブン銀行の金利は目立って高いとは言えません。

この記事を書いている時点では、セブン銀行の普通預金金利は「0.05%」です。
大手メガバンクの金利が0.02%であることを考えると、実に2.5倍の利息が付きます。

しかし、イオン銀行のように「0.1%台」の金利を提供しているネット銀行と比べると、圧倒的に見劣りします。

ネット銀行は優遇金利を提供している所が多い

しかし、ネット銀行の中で普通預金金利が高いところは、いずれも一定の条件を満たすことで「優遇金利」として高金利を提供しています。

例えば、代表的な3社は以下の様な条件で高金利を実現しています。

住信SBIネット銀行
SBI証券口座の開設による「SBIハイブリッド預金」で業界最高水準の金利に
イオン銀行
年会費無料のクレジット機能付きキャッシュカード「イオンカードセレクト」発行で金利を上乗せ
楽天銀行
楽天証券口座の開設による「マネーブリッジ」で業界最高水準の金利に

また、普通預金金利の高さに定評のある大和ネクスト銀行は、「大和証券の口座開設者しか利用できない」ため、こちらも特殊なネット銀行といえるでしょう。

セブン銀行は条件なしで高金利である

セブン銀行

このように、ちょっとした条件付きで高金利を提供しているのが、今のネット銀行の実情です。優遇金利を受けるためのハードルは決して高くないので、SBIハイブリッド預金やマネーブリッジを利用している人も多いと思います。

しかし中には

このように考えている人もいると思います。
たとえ無料でも、使いもしないのに証券口座やクレジットカードを作りたくないという気持ちはありますよね。そのような人にとって選ぶ価値があるのが「セブン銀行」なのです。

セブン銀行は優遇金利ではない「完全な無条件」で、ネット銀行では高い普通預金金利を提供しており、これは昔からずっと続いている、セブン銀行の隠れた強みです。

換金性の高い日常の生活資金の運用で、少しでも利息を多くもらいたい。
このように考える人にとっては、セブン銀行は選択肢の一つとして検討できる存在だと思います。

1ヶ月から利用できる定期預金も

また、セブン銀行では1ヶ月から利用できる定期預金も取り扱っています。

普通預金金利が高いため、1ヶ月定期は「少し色が付いた程度」ですが、1ヶ月以上引き出す予定がないお金であれば、ネットから簡単に申し込める定期預金を利用するのも良いと思います。

コンビニで気軽に入出金したり、ネットから気軽に申し込める定期預金、こういった機動的なサービスの提供も、セブン銀行が評価される理由の一つなのでしょう。

イオンカードセレクト