ネット銀行活用法

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスでもとを取り、月額料金を下げる方法

住信SBIネット銀行 プレミアムサービス

住信SBIネット銀行は、月額500円+税で利用できるプレミアムサービスを2018年6月から始めました。

日本で「銀行の取引は無料」という常識がある中、有料の銀行口座サービスを開始したことで注目されています。

毎月500円+税、つまり年会費でいうと6,000円+税かかるサービスですが、実際にどれだけのメリットがあるかを調べてみました。

さらに、プレミアムサービスの費用のもとを取る方法を徹底検証し、月額料金が実質400円に下がる方法や、ATM手数料・振込手数料が月15回無料になる方法も解説します。

プレミアムサービスの4つのメリット

まずは、住信SBIネット銀行プレミアムサービスに入会することで得られる優待内容を解説します。

これらのメリットに対して魅力を感じる人は、利用を検討して良いと思います。

■住信SBIネット銀行 プレミアムサービスの内容

  • ミライノカード(クレジットカード)の還元率0.4%アップ
  • Visaデビットカードの還元率0.4%アップ
  • ロボアドバイザーの手数料を20%還元
  • 日経Deep OceanからAIに基づく金融情報提供

ミライノカードの還元率0.4%アップ

ミライノカード

プレミアムサービスに入ると、住信SBIネット銀行が発行しているクレジットカード「ミライノカード(JCB)」で利用した代金のうち0.4%がポイント還元されます。

※ミライノカードにはマスターカードもありますが、プレミアムサービスで優遇されるのはJCBブランドのみです

本来のJCBミライノカードの還元率は0.5%なので、「実質のポイント還元率は0.9%になる」と思う人が多いですが、じつは実質還元率を1.4%まで上げることができます。

この理由は、還元されるポイントの種類にあります。

ミライノカードの本来のポイント還元は「ミライノポイント」なのに対し、プレミアムサービスから還元される0.4%分は「スマプロポイント」というポイントです。

そして、ミライノポイント1ポイントは、スマプロポイント2ポイントに相当するので、ミライノポイントをスマプロポイントに交換してから現金に換えると1ポイント=2円の価値に上がります。

■ミライノポイントとは

ミライノカードでクレジット決済を利用すると貯まるポイントです。

使いみちは、下記のどちらかです。

  • クレジットカード利用額から差し引く(1ポイント=1円)
  • スマプロポイントに交換(ミライノポイント1ポイント=スマプロポイント2ポイント

■スマプロポイントとは

住信SBIネット銀行のさまざまな取引によって貯まるポイントです。

使い道には、現金への交換(1ポイント=1円)か、JALマイルへの交換(100ポイント=40マイル)のどちらかです。

ミライノポイントのままクレジットカード代金を差し引くこともできますが、その際は1ポイント=1円です。スマプロポイントへ交換する時の半分になってしまうので、あまりお得ではありません。

スマプロポイントへ交換すると、ミライノポイントの実質還元率は0.5%から1.0%に引き上がり、プレミアムサービスの0.4%還元と合わせると1.4%還元のクレジットカードになります。

この還元率は、クレジットカードの中でも比較的高いです。

ミライノカードは年会費が初年度無料、次年度から900円+税かかるものの、年間10万円以上使えば2年目以降も無料になるので、無料条件も比較的クリアしやすいと思います。

Visaデビットカードの還元率0.4%アップ

住信SBIネット銀行Visaデビットカード

住信SBIネット銀行で口座開設をすると、Visaデビット機能付きのキャッシュカードを無料で発行できます。

住信SBIネット銀行のデビットカードは、利用代金の0.6%がスマプロポイントで還元されますが、プレミアムサービスに入るとさらに0.4%プラスで還元を受けられます。

よって、ポイント還元率1.0%のVisaデビットになります。

これは、デビットカードの中でもトップクラスの高還元率です。

また、クレジットカード「ミライノカード」は国際ブランドはJCBかマスターカードなので、Visaブランドのカードも持っておきたいという人にとって便利です。

住信SBIネット銀行のデビットカードは世界シェアNo.1のVisaブランドで、かつ海外でデビット決済をすると外貨預金口座から直接支払えるので、海外によく行く人にとっても便利です。

→住信SBIネット銀行Visaデビットの詳細はこちら

ロボアドバイザー手数料を20%還元

ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は2種類のロボアドバイザーを取り扱っており、プレミアムサービスに加入するとどちらの手数料も20%ポイント還元されます。

ロボアドバイザーとは、理論上最も理想の資産運用を「全自動」で行うサービスです。

投資の知識が少なかったり、細かい運用をする時間がなかったりしても、手間を掛けずに効率的な資産運用ができると評判です。

今まで人間が行っていた作業を自動化しているので、コストを少なく抑えられているのもメリットと言えます。

ロボアドバイザー

住信SBIネット銀行が扱うロボアドバイザーは、WealthNavi(ウェルネスナビ)THEO(テオ)の2種類です。

ロボアドバイザーの中でも、住信SBIネット銀行は「実際に資産が増えた」という口コミが多く評判です。

どちらもわかりやすい料金体系で、投資額は1万円から手軽に始められるので、初めて投資をしてみたいという人にも向いています。

■ウェルネスナビ・THEOの手数料

  • 3,000万円まで:年率1.0%
  • 3,000万円超:年率0.5%

上記の一律手数料の中に、売買手数料や為替手数料などのコストがすべて含まれているので、必要な費用は年0.5%、または年1.0%のみです。

この費用はロボアドバイザーの中では平均的ですが、プレミアムサービスに加入しているとさらに20%分が還元されて割安になります。

たとえば、500万円をウェルネスナビで運用する場合、本来は5万円の手数料がかかります。しかし、プレミアムサービスに加入すれば、そのうち1万円分がポイントバックされます。

参考記事:WealthNavi for 住信SBIネット銀行の評判は?ウェルスナビの口コミ

日経Deep Oceanからの金融情報提供

日経Deep Ocean

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスに登録すると、日経Deep Oceanという日経新聞が運営するAIサービスから情報を提供してもらえます。

日経Deep Oceanとは、ユーザーが関心を持っている金融・経済分野の情報をAIが分析し、日経グループの膨大なデータから提供してくれるサービスです。

「東京オリンピックで株価が上がりそうな銘柄は?」など、こちらからの質問に対しても応答してくれるので、資産運用をしている人にとって役立つツールです。

日経新聞に個人で申し込んでも利用できないサービスなので、プレミアムサービスならではのメリットと言えます。

ちなみに、日経Deep Ocean公式サイトでは、日経ディープオーシャンは「ビジネスマンの優秀な参謀、秘書」のイメージだと紹介しています。

日経Deep Oceanチャート例
引用元:日経Deep Ocean公式サイト

日経グループが持っているニュース記事や数値データは非常に多く、信用性も高いので、お金に関する世界の動きをしっかり追っていきたい人に便利なサービスです。

月額500円のもとが取れる人とは

では実際に、月額500円(年額6,000円)のプレミアムサービスのもとを取るためには、どれくらいの利用をすれば良いか計算してみました。

※金額はすべて税別で計算しています

結論から言うと、カード決済だけでもとを取るなら月12万5,000円以上、ロボアドバイザーだけでもとを取るなら25万円以上の投資が必要でした。

その他、カード決済とロボアドバイザーを両方利用した場合はどうなるかもふくめて、計算してみました。

カード決済額が月12.5万円以上

カードを持つ女性

まず、ミライノカードとVisaデビットで、プレミアムサービスの月額500円のもとを取る計算を見てみます。

クレジットカードでもデビットカードでも、プレミアムサービスでは利用額の0.4%がポイント還元されます。

プレミアムサービスの月額料金にあたる、500円のポイント還元を受けるためには、毎月125,000円以上をカード決済すればOKです。

つまり、年間150万円をカード決済すればもとを取れます。

カード決済メインで生活する人にとってはクリアできる金額ですが、他の銀行のカードと併用したり、現金払いをよくする人にとってはハードルが高めかもしれません。

■ミライノカード・Visaデビットの0.4%還元で月額500円の元を取る金額計算

月500円以上のポイント還元を受けるためには、500円÷0.4%=125,000円の利用が必要

月12万5,000円以上利用すれば、月額500円以上のポイント還元が生まれる

家賃や光熱費、スマホ利用代金など、定額払いの支払いをミライノカードやVisaデビットで利用すれば、月13万円くらい利用できる人もいると思います。

例:家賃5万円、光熱費2万円、スマホ利用1万円、食費3万円、ショッピング2万円

しかし、そのようなまとまった支払いを別の銀行で行っている場合は、毎月13万円ほどのカード支払いをするのは少し大変かもしれません。

また、毎月13万円くらいのカード決済しかしない場合は、プレミアムサービスに入らない方が純粋に還元されるポイントは多くなります。

たとえば、プレミアムサービスに入らずに毎月5万円のカード決済をすると、300円分のポイント還元が受けられます。

プレミアムサービスに加入した上でポイント還元を300円分黒字にしようとすると、20万円以上の支払いをしなければなりません。

このように、カード決済でプレミアムサービスのメリットをしっかり受けるためには、13万円を余裕で上回るカード決済をする必要があるので、カードメインで生活をしている向けです。

ミライノカードGOLDを持つのもあり

JCBブランドのミライノカードには、ゴールドカードやプラチナカードもあります。

中でも、プレミアムサービスを利用するなら、ゴールドカードを持つのがおすすめです。

ミライノカード

ミライノカードGOLDは月額料金が3,000円+税かかるものの、年間100万円以上利用すると年会費が無料になります。

プレミアムサービスで元を取れる、年間150万円以上のクレジット決済をすればクリアできる条件です。

国内・海外の旅行保険も手厚くなるので、プレミアムサービスを活用するなら持っておいて損はないと思います。

ロボアドバイザーで年間300万円以上運用

株価

次に、ロボアドバイザー手数料のポイント還元20%のもとを取れる金額も計算しました。

前述の通り、ロボアドバイザーの手数料は3,000万円以下の運用だと年1.0%かかり、プレミアムサービスに加入するとそのうち20%がポイント還元されます。

それらの還元が500円以上になるためには、月25万円の投資が必要です。

年間だと300万円以上の運用をする計算になるので、最初に300万円を預けておいてそのまま運用すれば、プレミアムサービス費用のもとを取れます。

まとまった投資が必要なので、ややハードルが高めかもしれません。

■ロボアドバイザー手数料(年1.0%)の20%分の元を取る金額計算

プレミアムサービス1年分の費用6,000円(月500円×12ヶ月)以上の還元を受けるためには、6,000円÷1.0%÷20%=3,000,000円の投資が必要

→最初に300万円以上を預けておいて、運用し続けてもOK

ちなみに、ロボアドバイザーの投資額が3,000万円を超えると、3,000万円を超えた分の手数料は年0.5%に半減します。

カード決済とロボアドバイザーをどちらもする場合

シニア男性

ここまでプレミアムサービスのもとの取り方を見ると、「カード決済だけで年間150万円も使わないと思う…」「ロボアドバイザーを試してみたいけど、いきなり大金を預けるのはちょっと…」と感じる人もいると思います。

そこで、カード決済とロボアドバイザーの運用を両方した場合の、プレミアムサービスの月額500円のもとの取り方も検証しました。

たとえば、ミライノカードで6万円、Visaデビットで4万円使って、ロボアドバイザーに5万円の投資を行うことでも、プレミアムサービスの月額500円のもとを取ることができます。

■ミライノカード・Visaデビット・ロボアドバイザーを併用して月額500円のもとを取る例

・ミライノカードで6万円支払い
→60,000円×プレミアムサービス0.4%還元=240円お得

・Visaデビットで5万円支払い
→40,000円×プレミアムサービス0.4%還元=160円お得

・ロボアドバイザーで5万円を預け入れ
→50,000円×手数料1.0%×プレミアムサービス20%還元=100円お得

→プレミアムサービス利用によってお得になる金額:計500円

さらに、ロボアドバイザー以外にも自分で銘柄を選んで投資をする人にとっては、日経Deep Oceanの情報提供も非常に役立ちます。

よって、カード決済と投資を両方まんべんなく行う人も、プレミアムサービスのメリットが大きいと思います。

月額料金を実質400円に引き下げる方法

カードで買物

ここまではプレミアムサービスの月額料金を、純粋にカード利用額などでもとを取る方法を見ていました。

しかし、他にも住信SBIネット銀行の取引でポイント還元を受けられるサービスがあり、プレミアムサービスの月額料金を500円から実質400円に下げる方法もあります。

その中でも、プレミアムサービスの費用がお得になる方法が、ミライノカード(JCB)で毎月5万円以上の利用をすることです。

住信SBIネット銀行には、ミライノカードで5万円以上のクレジット決済をした月は、スマプロポイントが100ポイントもらえるという優待があります。

スマプロポイント100ポイント=100円なので、プレミアムサービスの月額500円が実質400円になります。

この優遇も考えると、プレミアムサービスをよりお得に利用したい人は、Visaデビットよりミライノカードでの支払いをメインにすることをおすすめします。

振込手数料・ATM手数料が無料になるメリットも見逃せない

スマホを持った男性

プレミアムサービスの直接的なメリットはポイント還元と日経Deep Oceanが利用できることですが、実は他にもメリットがあります。

それは、月額500円のもとを取れるくらい住信SBIネット銀行を利用すると、「スマートプログラム」というサービスの会員ランクが上がることです。

スマートプログラムとは、ATM手数料と他行あて振込手数料が最大で月15回無料になるというサービスです。

ここまで手数料の無料回数が多い銀行は他にはありません。

スマートプログラムはランクが1~4に分かれており、月々の預金残高や取引内容に応じてランクが上がる仕組みです。

■スマートプログラムのランク別 手数料の無料回数
スマートプログラム

■スマートプログラムのランク条件
スマートプログラム

上記の通り、スマートプログラムのランクが上がる取引条件は多いですが、プレミアムサービスを利用している人におすすめなのは、ミライノカードGOLDで月5万円以上の支払いをすることです。

ミライノカードGOLDを持っているとそれだけでランクが2つ上がるので、ミライノカードGOLDでプレミアムサービスの元が取れるくらいカード決済をしていれば、最高ランクまで到達できます。

他にも、ミライノカードGOLDを所持+ロボアドバイザーで月末残高が10万円以上、などでも最高ランクになれます。

ランク2やランク3でも他の銀行に比べればかなり手数料がお得ですが、ネットオークションやフリマアプリを利用する人や月謝などの定期的な振り込みがある人にとっては、最高ランクの月15回無料というメリットは大きいです。

結論:プレミアムサービスがおすすめの人とは

デビットカード

以上をふまえて、改めて住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがどんな人におすすめかまとめてみました。

■住信SBIネット銀行のプレミアムサービスがおすすめの人

  • カード決済(特にクレジット決済)メインの人
  • ロボアドバイザーなどの投資をしたい人
  • ATM取引や他行あての振込をよくする人

カード決済メインで年間150万円以上を利用する人は、それだけでプレミアムサービスの費用をペイできます。

もしクレジット決済がメインなら、年間利用額が150万円もあればミライノカードGOLDを年会費無料で持てます。

ミライノカードGOLDで月5万円以上のカード決済をすると、それだけでスマートプログラムが最高ランクまで上がり、ATM手数料・振込手数料が月15回無料になるというメリットもあります。

もしくは、ロボアドバイザーを利用したい人も、手数料が20%ポイントバックになります。

日経Deep Oceanで金融情報や最新の経済ニュースをキャッチできるので、自分で株式などを選んで投資したい人にとっても便利です。

関連の記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る