ネット銀行10社のTwitterアカウント、Facebookページまとめ

いいね

最近は、大手企業から中小企業まで、ソーシャルメディアを通じた情報発信が活発になっています。その流れはネット銀行にも波及しており、各社SNSで役立ち情報を提供していいます。

ということで、今回はネット銀行10社のTwitter、Facebookの取り組みについてご紹介します。

ネット銀行10社のTwitter・Facebookアカウント

調べてみてわかったのですが、SNSの活用に積極的なところとそうでないところがはっきりと分かれる結果となりました。

公式のSNSアカウントを開設しているのは、10社中、約半数程度となっています。

ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行は、自社でブログを展開しています。SNSアカウントというよりは、ブログに力を入れており、その更新情報をSNSに流しているという感じです。

タイトルは、「ソニー銀行リアルタイムストーリー ぼくたちは、銀行を作っている。」です。普通にカッコイイタイトルですね。

ソニーっていうと大企業でなんとなく、「お固い」イメージがあると思います。しかし、ソニー銀行はビックリするほどオープンです。

ブログでも、実際にソニー銀行で働いている人の顔が見えたり、サービス開発者のインタビューが掲載されるなど、「ここでしか見れない内部の情報」がたくさん掲載されています。

ネット銀行の中でも、ここまでオープンなブログを運営しているのは、ソニー銀行ぐらいのものだと思います。

サービスも先進的で競争力が高いものを出してくることが多い印象です。

じぶん銀行

じぶん銀行

じぶん銀行のソーシャルメディアアカウントでは、キャンペーン情報や、掲載実績などを取り上げている他、毎日「お金に関する名言」を配信しています。

例えば、「金持ちになる方法はひとつある。明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること(ユダヤの格言)」といった内容のものです。

私は個人的に、こういう名言は好きです。
見ているだけで、なんとなくお金について詳しくなった気になれるかも?

じぶん銀行は、スマートフォンでの操作に特化したネット銀行で、すべての銀行取引がモバイル端末で行えます。実際、パソコンを持っていない人でも、携帯電話一つで、口座開設から銀行取引までおこなっている方が多いです。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

スペックの高いネット銀行として知られている住信SBIネット銀行。住宅ローンやカードローンも含めて、いずれもネット銀行業界最高水準のスペックで人気です。

個人的には、最近SBIハイブリッド預金の金利が下がってしまったのが残念なところ。。

ブログ、Twitter、Facebookをやっていますが、内容は主にキャンペーン情報の案内が中心です。

楽天銀行

楽天銀行

多くの人が使っているネット銀行といえば、楽天銀行です。楽天銀行のTwitterアカウントは、「楽天銀行なぅ」と名前が付けられています。(最初、非公式アカウントかと思ってしまいましたが、公式アカウントでした)

ジャパンネット銀行と共に、国内では最初期に誕生したネット銀行で、口座数は現在も日本一を誇っています。

無料の楽天証券口座を開設するだけで、マネーブリッジという金利優遇サービスが使えるようになります。

このサービスを使うと、普通預金金利がネット銀行業界トップクラスの高さになるので、非常におすすめ。

新生銀行

新生銀行

新生銀行は、リアル店舗も多数構えている普通銀行ですが、以前からネットバンキングに力を入れていることで知られています。

新生銀行はTwitterとFacebookを運用していますが、2つとも配信している情報が違うのが特徴です。

Twitterでは主に経済指標の統計について最新情報を投稿しています。投資などで経済の指標に関する情報がいち早く知りたい方におすすめです。

一方で、Facebookはブログのような感覚で投稿しているのが特徴です。キャンペーン情報があったと思えば、ただの日記が投稿されていることも。。。

Facebookページをブログ化しているので、FBページ単体で見ると、最も力を入れている銀行になると思います。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行はTwitterアカウントを開設しておらず、Facebookページのみの運用です。主にキャンペーン情報を配信しているのですが、機械的ではなくわりときっちり投稿している印象。

もちろん、キャンペーン情報だけでなく、ジャパンネット銀行の取り組みなども配信しているので、口座開設者の方も、そうでない方も楽しめる内容になっています。

その他のネット銀行

セブン銀行、大和ネクスト銀行、オリックス銀行、そしてイオン銀行は、SNSアカウントの開設や、公式ブログの展開をしていませんでした。

イオン銀行なんかは、マネースクウェアというポータルサイトを展開しているので、そちらでイオンのショッピング情報も合わせて、総合的に情報を配信しています。

ネット銀行100の活用術もやってます

ネット銀行100の活用術

ちなみに、当サイト「ネット銀行100の活用術」もSNSアカウントで情報を発信しています。

Twitter・Facebookアカウントでは、当サイトの最新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローして下さいね(^o^)

イオンカードセレクト