ネット銀行のキャッシュカード総まとめ!デザイン重視のネットバンク選び

ソニー銀行のキャッシュカード

ネット銀行はキャッシュカードのデザインで選ぶ。こういう人は結構多いです。通常は金利や手数料で比較すると思うのですが、個人的にはカードのデザインで選ぶのも良い方法だと思います。

今回は、ネット銀行各社のキャッシュカードのデザインを比較してみました。一部のネットバンクではデザインカードを提供しているため、こだわりの一枚が見つかると思います。

ネット銀行のキャッシュカードを比較

キャッシュカードの発行はいずれも無料です。ただし、再発行をする場合は、一部の銀行で手数料が必要な場合があります。

ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行のキャッシュカードは、ストライプ柄の目立つデザインです。ソニー銀行利用者の口コミでは、このデザインがカッコいいという人と、ダサいという人に分かれます。

私はこのデザインが気に入っていて、普段からお財布に入れて持ち歩いているカードです。もう何年も使っているので、ボロボロになってますね。。。

また、ソニー銀行では、イメージキャラクターPostPet「モモちゃん」デザインのカードも選べます。ファミリーカードの場合は青色です。

PostPetデザインカード

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

これが、ジャパンネット銀行のキャッシュカードです。以前は違うデザインでしたが、現在はすべてのキャッシュカードにVISAデビット機能が付いているため、それにともなってリニューアルされました。

私は会社用として「ビジネスカード」を使っていますが、個人用でも同じデザインです。デビットカードとしての利用を想定しているのか、カード番号も含めてフラットな印字になっているのが特徴。

セブン銀行

セブン銀行

セブン銀行はお馴染みのロゴマークが大きく入っているキャッシュカードを採用しています。これが通常のデザインとなります。

一方で、「ガールズプロジェクト」による女性向けのデザインも選べます。

セブン銀行のキャッシュカード

また、セブン&アイグループが応援している「森の戦士ボノロン」デザインのキャッシュカードも選択できます。

森の戦士ボノロン

セブン銀行は3種類のキャッシュカードが選べることも、メリットの一つですね。

より詳しい情報は、クートンブログの「【可愛すぎる】財布の中を着飾る!セブン銀行の女子向けのキャッシュカード」をご覧ください。

イオン銀行

イオン銀行のキャッシュカード

右側のイオンバンクカードが通常のデザインとなります。しかし、イオン銀行の場合、年会費無料のイオンカードと一体型になった「イオンカードセレクト」の特典がかなり優れています。

よって、私としては左側のイオンカードセレクトを選択することをおすすめしたいと思います。例えば、イオンカードセレクト会員限定で、振込手数料が毎月1回、実質無料となったり、普通預金金利が大幅に優遇されるといったメリットがあります。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、6種類のカラーデザインが選べます。私が選んだのはシャンパンゴールド

これとは別に、会社用のキャッシュカードとしてホワイトを持っていますが、こちらもかなりスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

女性に人気がありそうな「パステルピンク」も選ぶことが可能です。ピンク色のキャッシュカードが選べるネット銀行は、意外と少ないんですよね。

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行はシンプルなデザインを採用。私も楽天銀行の口座を持っているのですが、キャッシュカードは発行していません。

というのも、楽天銀行はキャッシュカードの発行が任意となっています。口座開設と同時に発行することもできますが、カードが必要ない場合(ネット利用専用で使いたい場合など)は、口座だけ作るといったこともできます。

もちろん、後日キャッシュカードが必要になれば、発行申請をすることで、無料でキャッシュカードを発行してくれるので問題ありません。

楽天銀行の口座を持っている人は本当に多いので、ヤフオクでの取引などを考えて、一つ持っておくと、何かと便利です。

じぶん銀行

じぶん銀行

スマートフォンのアプリから簡単に口座開設申込ができます。

じぶん銀行のキャッシュカードは、何度かデザイン変更があったようですが、いずれもシンプルな形のカードとなっています。ロゴマークが親近感のあるフォントを使っていて、かわいらしいなと思います。

新生銀行

新生銀行

新生銀行の場合は、ロゴマークが入ったシンプルなデザインですが、32種類のカラーが選べるのが特徴です。

これだけカラーバリエーションが豊富だと、同じ新生銀行の口座を使っている人と被ることもなく、個性が演出できます。

また、再発行手数料として1,000円がかかってしまいますが、キャッシュカードのカラー変更もできます。

新生銀行のキャッシュカードは海外でも使えるので、それが理由で口座開設する人も多いようです。個人的にはATM利用ごとにTポイントが貯まるプログラムが、新生銀行を選ぶメリットかなと感じます。

というわけで

その他、ネット銀行には「オリックス銀行」と「大和ネクスト銀行」があります。しかし、いずれの銀行もキャッシュカードそのものを発行していません。これら2行は、ネット銀行の中でもやや特殊な存在です。

キャッシュカードで銀行選びがしたい方は、ネット銀行100の活用術が以前に書いた、デザイン重視で選ぶ!オシャレで超かわいいキャッシュカードまとめの記事もご覧ください。

また、ネット銀行に通帳はないの?という方は、【素朴な疑問】ネット銀行の入金・出金・振込はどこで行う?通帳の発行は?も参考にしてください。

イオンカードセレクト